スポンサーリンク

【MLB 2021】A’s、奇跡の補強!ロレアーノのサスペンションを救うスターリン・マルテの存在

ラモン・ロレアーノがPeds使用で80試合のサスペンション

 ちょっと残念なニュースが入ってきました。現地2021年8月6日、アスレチックスのCFで、名手でもあり打線でもその存在感を発揮しているラモン・ロレアーノ(Ramón Laureano)がPEDS(Performance Enhancing Drugs)使用で80試合のサスペンション(出場停止)となりました。 

 サスペンションの効力は即日で、この間、サラリーはストップです。

ナンドロロン (Nandrolone) の使用

 アスレチックスのラモン・ロレアーノがテスト・ポジティブに反応したのは、ナンドロロン (Nandrolone) という物質で、アナボリック・ステロイド(anabolic steroid)の一種。アナボリック・ステロイドはいわゆる筋肉増強剤で、タンパク質を摂取すると、それをより筋肉に変えるよう働きかける物質。

 本来であれば、骨粗鬆症の患者の骨密度を上げる目的などで使用されるものだが、その性質上、長年スポーツ界で使用されてきたドーピング界では有名な物質。

 副作用は肝障害ほかを引き起こすと言われています。ナンドロロンはまだ副作用が少ないとは言われていますが、それゆえにかえってスポーツ界では使用されてきたという経緯が。毎年、HOFの投票で殿堂に入れるべきかどうかで物議をかもすロジャー・クレメンスやバリー・ボンズも陽性反応が出たのはこの物質。

 この物質の使用はMLBのドラッグ使用プログラム違反となります。

2021年のラモン・ロレアーノ

 今季のラモン・ロレアーノは、ここまで88試合に出場し、341-84、打率.246、OBP .317、SLG .443、OPS .760。HRは14、二塁打は21、RBIは39、RUNは43。OPS+は112。

 主にCFで出場。DHは5試合、代打は1試合。出場88試合中、87試合が先発で、アスレチックスのゲームプランにおいては、出場して当たり前、彼の出場を前提にプランを組んでいたような存在。

 そんなラモン・ロレアーノが今季の残り約2ヶ月、試合数にして53試合、加えてポストシーズン(出出場したなら)、さらに来季の序盤にかけてサスペンションとなるのは非常に痛いところ。

 現地2021年8月6日時点でALウェストで首位アストロズに3ゲーム差で食らいついている中、痛すぎる戦力ダウンかと思われましたが、ここでトレード・デッドラインのディールが輝かしく活きてきました。

TDLでスターリン・マルテを補強したという奇跡

 アスレチックスはトレード・デッドラインで、マイアミからスターリン・マルテを獲得していたのでした。

  • スターリン・マルテ/OF
    • 【マーリンズ】ヘスス・ルザルド/LHP

TDLの中でもっとも良かったディール

 なお、筆者はアスレチックス&マーリンズ間のこのディールは今トレードデッドラインの中で最も素晴らしいディールだったと思っています。

 アスレチックスは確かにヘスス・ルザルドという将来性豊かな投手を放出しました。ヘスス・ルザルドは今季、ベロシティーもアップし、アベレージで94mphをガンガン投げ、MAXはhigh-90mph。もう少し微妙なコントロールがつけば、投球の精度が上がるのに!という完成まであとわずかという投手。

 今季はビデオゲームで悔しがり、机を叩いて利き手の左手小指を骨折するというワーストに位置するぐらいのひどい理由の怪我をしましたが、いい投手には違いありません。アスレチックスはよく手放したなというくらいの投手。

数字も伴うマルテ

 アスレチックスのOFはマーク・カナ、スティーブン・ピスコッティ、ラモン・ロレアーノとそれなりの数字を残してはいるものの、今ひとつパンチが欲しいところでもありました。

 そこに、今季打率.306、OBP .407、SLG .453、OPS.859、OPS+135(成績はマイアミ在籍時のトータル)のスターリン・マルテが加わることでインパクトを加えることができる。そんなトレードでした。

 しかし、ここにきてこのようなトラブルがあったのですから、よくスターリン・マルテを獲得していたなというまさに奇跡的な補強とも言えます。

 そんなマルテは、一発こそ今季8本と少ないものの、盗塁はウィット・メリフィールドに次ぐ、MLB2位の27(現地2021年8月6日時点)。

 補強効果がない訳がないですね(=大いにあり)。

 そんなマルテは現地2021年8月6日のレンジャーズ戦で延長11回裏にサヨナラ3ランHRを放ちました。

 アスレチックス、首位アストロズにこのままくらいついていきたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました