スポンサーリンク

【MLB 2021】A’s、奇跡の補強!ロレアーノのサスペンションを救うスターリン・マルテの存在

ラモン・ロレアーノがPeds使用で80試合のサスペンション

 ちょっと残念なニュースが入ってきました。現地2021年8月6日、アスレチックスのCFで、名手でもあり打線でもその存在感を発揮しているラモン・ロレアーノ(Ramón Laureano)がPEDS(Performance Enhancing Drugs)使用で80試合のサスペンション(出場停止)となりました。 

 サスペンションの効力は即日で、この間、サラリーはストップです。

ナンドロロン (Nandrolone) の使用

 アスレチックスのラモン・ロレアーノがテスト・ポジティブに反応したのは、ナンドロロン (Nandrolone) という物質で、アナボリック・ステロイド(anabolic steroid)の一種。アナボリック・ステロイドはいわゆる筋肉増強剤で、タンパク質を摂取すると、それをより筋肉に変えるよう働きかける物質。

 本来であれば、骨粗鬆症の患者の骨密度を上げる目的などで使用されるものだが、その性質上、長年スポーツ界で使用されてきたドーピング界では有名な物質。

 副作用は肝障害ほかを引き起こすと言われています。ナンドロロンはまだ副作用が少ないとは言われていますが、それゆえにかえってスポーツ界では使用されてきたという経緯が。毎年、HOFの投票で殿堂に入れるべきかどうかで物議をかもすロジャー・クレメンスやバリー・ボンズも陽性反応が出たのはこの物質。

 この物質の使用はMLBのドラッグ使用プログラム違反となります。

2021年のラモン・ロレアーノ

 今季のラモン・ロレアーノは、ここまで88試合に出場し、341-84、打率.246、OBP .317、SLG .443、OPS .760。HRは14、二塁打は21、RBIは39、RUNは43。OPS+は112。

 主にCFで出場。DHは5試合、代打は1試合。出場88試合中、87試合が先発で、アスレチックスのゲームプランにおいては、出場して当たり前、彼の出場を前提にプランを組んでいたような存在。

 そんなラモン・ロレアーノが今季の残り約2ヶ月、試合数にして53試合、加えてポストシーズン(出出場したなら)、さらに来季の序盤にかけてサスペンションとなるのは非常に痛いところ。

 現地2021年8月6日時点でALウェストで首位アストロズに3ゲーム差で食らいついている中、痛すぎる戦力ダウンかと思われましたが、ここでトレード・デッドラインのディールが輝かしく活きてきました。

TDLでスターリン・マルテを補強したという奇跡

 アスレチックスはトレード・デッドラインで、マイアミからスターリン・マルテを獲得していたのでした。

  • スターリン・マルテ/OF
    • 【マーリンズ】ヘスス・ルザルド/LHP

TDLの中でもっとも良かったディール

 なお、筆者はアスレチックス&マーリンズ間のこのディールは今トレードデッドラインの中で最も素晴らしいディールだったと思っています。

 アスレチックスは確かにヘスス・ルザルドという将来性豊かな投手を放出しました。ヘスス・ルザルドは今季、ベロシティーもアップし、アベレージで94mphをガンガン投げ、MAXはhigh-90mph。もう少し微妙なコントロールがつけば、投球の精度が上がるのに!という完成まであとわずかという投手。

 今季はビデオゲームで悔しがり、机を叩いて利き手の左手小指を骨折するというワーストに位置するぐらいのひどい理由の怪我をしましたが、いい投手には違いありません。アスレチックスはよく手放したなというくらいの投手。

数字も伴うマルテ

 アスレチックスのOFはマーク・カナ、スティーブン・ピスコッティ、ラモン・ロレアーノとそれなりの数字を残してはいるものの、今ひとつパンチが欲しいところでもありました。

 そこに、今季打率.306、OBP .407、SLG .453、OPS.859、OPS+135(成績はマイアミ在籍時のトータル)のスターリン・マルテが加わることでインパクトを加えることができる。そんなトレードでした。

 しかし、ここにきてこのようなトラブルがあったのですから、よくスターリン・マルテを獲得していたなというまさに奇跡的な補強とも言えます。

 そんなマルテは、一発こそ今季8本と少ないものの、盗塁はウィット・メリフィールドに次ぐ、MLB2位の27(現地2021年8月6日時点)。

 補強効果がない訳がないですね(=大いにあり)。

 そんなマルテは現地2021年8月6日のレンジャーズ戦で延長11回裏にサヨナラ3ランHRを放ちました。

 アスレチックス、首位アストロズにこのままくらいついていきたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました