スポンサーリンク

【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得

マリナーズ&パドレス間でトレード成立

 現地2021年11月27日、12月1日のCBA期限まであと5日と迫っていますが、マリナーズとパドレス間でトレードが成立しています。

 2Bのアダム・フレイジャー(Adam Frazier )がマリナーズへ移籍することとなりました。

トレード詳細

 まずトレードの詳細から。

マリナーズGet

  • アダム・フレイジャー(Adam Frazier/ 30才)2B&OF/ 右投げ左打ち
    • 年齢は現時点では29才ですが、誕生日が12月14日なので、2022シーズン開幕時点の年齢を記載しています。

パドレスGet

  • レイ・カー(Ray Kerr/ 27才)   : LHP、OF&1B/ 左投げ左打ち
  • コーリー・ロージア(Corey Rosier/ 22才): OF/ 右投げ左打ち

背景

 2021シーズン、前半戦はナ・リーグでバッティング・タイトルを争い、シーズン終了後は.打率.305でMLB10位に入ったアダム・フレイジャーをパドレスがトレードに出したことは驚きです。

パドレスはサラリー削減目的

 当然、双方需給が合致したがゆえにトレードの成立となった訳ですが、まずパドレスの背景から行くと、間違いなくサラリーの問題があると思います。

 2021年は調停を避けてパイレーツと1年/$4.3Mでサインしたアダム・フレイジャー。それほど高くはありません。

 ただ、パドレスは2B候補として、ジュリクソン・プロファーとの契約が2023年まで、Ha-Seong Kimが2024年まであり、それぞれ縛りがあります。そして何より大事にしたいジェイク・クロネンワースが2021年はまだサラリーはメジャー最低年俸近辺の$0.5849Mで、MLSが2.0(2022年1月時点)でインパクトは少ないですが、メインの2Bとして考えたいところ。

 プロファーの2022年のサラリーが$6.5M で、KIMは$6M。そして大前提となるフェルナンド・タティス・Jr.とは、現地2021年2月17日に14 年/$340M (2021-34)のラグジュアリー契約を結んでおり、さらにマニー・マチャードとは2019年2月に10年$300M(2019-28)の超大型契約を結んでいます。

 タティス・Jr.とマチャードのサラリーはもう大きすぎてとりあえず横に置いておくとして、やはり$3M-4Mで下げられるサラリーは少しでも避けておきたい、こういう背景があるようです。他にも、パドレスはエリック・ホズマーが$20M(2022)、ブレイク・スネルが$12.5M(2022)などもありますから。

 あとは、上記の通り2B候補もおります。

マリナーズはもともと欲しかった

 マリナーズのジェリー・ディポトGMは、もともとアダム・フレイジャーに関心があり。2021年のトレードデッドラインでもアダム・フレイジャーを狙っていました。

 マリナーズの内野は3Bのカイル・シーガーがFAで流出。SSはJ.P.クロフォードを固定するとして、エイブラハム・トロ、タイ・フランス、ディラン・ムーアなど良い若手が育っています。今回、アダム・フレイジャーを獲得することで、J.P. クロフォードのダブルプレー・パートナーをアダム・フレイジャーに固定することができますし、エイブラハム・トロ、タイ・フランスは3BもしくはOFでも起用可。

 おそれく1Bにはエバン・ホワイトを就けたいでしょうから、あとはルイス・トレンズも含めて競争かと。ディラン・ムーアはスーパー・ユーティリティーとして起用可。 

 よって、ミッチ・ハニガーを中心とした打線優先の考えで守備位置を配置できます。

 アダム・フレイジャーなので、プロスペクトを2人つけましたというところかと。

アダム・フレイジャーの2021年

 上記の通り、2021年はバッティング・タイトルを争うほど好調だったアダム・フレイジャー。2021年は155試合に出場し、176安打をマーク。打率.305、OBP .368、SLG .411、OPS .779、OPS+が114という数字をマークしました。HRが5本ですが、二塁打は36本。RUNは83です。攻撃の起点になる選手ですね。

パドレスに行く2人のプロスペクト

(パドレス)レイ・カー 

 レイ・カーは27才の左腕で登録では2Wayですが、投手です。

 2021年は投手として、ダブルAで24試合、28.2イニングを投げ、2勝1敗、ERA 3.75。登板はリリーフで9試合で締めています。トリプルAでは12試合で1先発。ERAは4.09。

 打者としては2021年はトリプルAで1試合に出場しましたが、記録はなし。

 2021年、トリプルAでのBB9が4.9とノーコンぶりを発揮していますが、SO9は13.9。何より左腕から繰り出す98mphのファストボールが魅力。だれか名コーチが修正して上げれば、とんでもないエンジンを積んでいるので大化けの可能性あり。そう言えば、パドレスはインディアンスのピッチング・グルを招聘したんでしたね。これは楽しみかもしれません。

(パドレス)コーリー・ロージア

 コーリー・ロージアは22才の左打ちのOF。ドラフトは2021年のマリナーズの12巡目指名です。

 2021年はルーキーとクラスAで32試合に出場し、121-46と打率.380、OBP .451、SLG .570、OPS 1.022をマーク。HR 3、二塁打8、三塁打3、盗塁13。

 足が速く、安打を量産するタイプですね。注目したい選手です。

 いいトレードだと思います。ただ、マリナーズはこの2人を出して後悔するパターンかもしれませんね。

 どうなるでしょうか!?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました