スポンサーリンク

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!

NL イーストの首位が入れ替わる

 2022年のレギュラー・シーズンも佳境に入ってきました。

 大注目となったナ・リーグ東地区のメッツ@ブレーブスの3ゲームシリーズ。メッツはGame1でジェイコブ・デグロム、Game2でマックス・シャーザーを立て、盤石の体制で臨みましたが、結果は連敗に。オーナーはじめ、フロントオフィスのトップは頭を抱えているところでしょう。

 Game2を終えて、メッツ、ブレーブス双方の勝敗はメッツが98勝60敗、ブレーブスが99勝59敗とついに首位が入れ替わることになりました。

 この2戦を見てみます。

Game 1、デグロムが3被弾

 メッツは直前のマイアミとの2連戦で1勝1敗。Game2で勝利し、同じ日にブレーブスがナショナルズに敗れたので、1ゲーム差をつけてこの3連戦に入りました。

 ブレーブスの先発は左腕のマックス・フリード。今季はメッツ戦ではERA2点台と苦にしていない成績です。

 ゲームが動いたのは2回表。メッツはジェフ・マクニールとエドゥアルド・エスコバーの2連続シングルでチャンスメイク。しかし、ルーキーで大抜擢されたフランシスコ・アルバレスはダブルプレーで2アウト3塁となってしまいます。

 しかし、この後、ルイス・ギルモアがLFへタイムリーを放ち、メッツが1点を先制。ダブルプレーで火が消えかかった直後に得点したのは良かったですね。

ライリー、オルソンが連続HR

 直後の2回裏、ジェイコブ・デグロムが先頭のオースティン・ライリーと次打者のマット・オルソンにBack to BackでHRを浴び、すぐにひっくり返されるというまずい展開に。

 デグロムは4回、5回と立ち直りかけていたのですが、6回裏、1アウトからダンスビー・スワンソンに左中間にHRを打たれ、1-3とリードを拡げられてしまいます。

 デグロムは6回で降板。86球で奪三振11ながら、被安打5、失点3、BB0という内容。良い回転が災いしたかのような投球に。

 メッツは7回裏にもタイラー・メギルがエディー・ロザリオに犠牲フライを許し、さらにオーランド・アルシアにタイムリー・ダブルを打たれ2失点。1-5と大きく差を拡げられます。

 8回表にトーマス・ニドのソロHRで1点を返し、2-5とリードを縮め、さらに、9回にはケンリー・ジャンセンの四死球の隙をついて満塁のチャンスを迎えるも、フランシスコ・アルバレスが三振、つづくタイラー・ネイキンも三振に倒れ、ゲームセット。あと1本に苦しむ結果となりました。スコアは5-2でブレーブス。

デグロムはブリスター・イシュー

 6回で降板したジェイコブ・デグロムですが、どうやらマメの問題があった模様。99mphも出ていたものの、圧巻の投球には程遠かったのはそのせいもあったようです。

Game2:シャーザーもHRに沈む

 現地2022年10月1日、メッツは予定通り、マックス・シャーザーを起用。ここ一番にも強いです。ブレーブスはすでに20勝をマークしているカイル・ライトが登板。

メッツが先制 

 1回表、メッツは先頭のブランドン・ニモがシングルで出塁。つづくピート・アロンゾが四球で歩き、カイル・ライトの立ち上がりを攻めます。

 このチャンスにメッツはフランシスコ・リンドーアが三振。しかし、ジェフ・マクニールがシングルを放ち、1アウト満塁のチャンス。ここでエドゥアルド・エスコバーが1Bゴロを放った間にニモがホームイン。1点を先制します。

マット・オルソンが同点タイムリー

 4回裏、ブレーブスは先頭のオースティン・ライリーが2塁打でチャンスメイク。このチャンスにマット・オルソンがすかさず、タイムリーを放ち、1-1の同点に。

メッツ、追加点もすぐに勝ち越される!

 直後の5回表、メッツは2アウトから3本のシングルを重ね、2-1とすぐに勝ち越しに成功。これは良いリズムでした。

 ところがその裏、ブレーブスも2アウトからロナルド・アクーニャ・Jr.がシングルで出塁。簡単には終わりません。つづく、バッターはダンスビー・スワンソン。

 スワンソンはフルカウントから92.6mphの4シームを叩き、これが左中間のスタンドに入る2ランHRとなり、3-2と逆転に成功します。

 さらに、ブレーブスは6回裏、先頭のマット・オルソンがRFへソロHRを放ち、スコアは4-2に。

 シャーザーはこのイニングで2アウトを取ったところで降板。

 5.2イニングで被安打9、失点4、BB0、SO4、被本塁打2という結果に。7回以降は互いにブルペンが踏ん張り、ゲームは動かず。4-2のスコアでブレーブスが勝利し、2連勝。

 5イニングで被安打7、失点2ながらも、カイル・ライトがなんとかゲームメイクし、今季21勝目を上げました。

シャーザー、ベロシティーが出ず

 マックス・シャーザーは少し前に左腹斜筋を傷め、盤石ではないものの、この日のローテーションを守った感じで、調子は本当に悪かったです。気の毒なくらい。ファストボールは調子が良ければ97mphくらいはまだ出ますが、この日は93-94mphぐらいでやっと。苦戦の中、なんとか4失点でこらえたというところです。

DHにルーキーは効果なし

 Game1でDHとして出場したフランシスコ・アルバレス(20才)。非常に期待されているルーキーですが、この大一番にメジャーで打ったことのないルーキーをDHで起用したのはどうか?と思いました。

 Game2ではボーゲルバックが先発。1安打を放ち、アルバレスに途中交代しましたが、やはり無安打。

 また現場を混乱させるフロントオフィスの意向でもあったのか?ちょっと気になる起用でもありました。上がってすぐにマックス・フリードとカイル・ライトを攻略出来る20才がいるなら、天才です。

地区優勝か?WCか?

 メッツはここで粘れるかどうか?Game3はクリス・バシットとチャーリー・モートンです。

 NLイーストはチャンピオンになれば、勝率はリーグ2位なので、NLDSにそのまま進出。現時点ではフィリーズとカージナルスとのワイルドカード・シリーズの勝者と対戦します。一方、ワイルドカードに進めば、パドレスとのワイルドカード・シリーズを戦い、勝ち上がれば、NLDSでドジャースが待っています。どちらが良いか?ここはメッツとしては踏ん張りたいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました