スポンサーリンク

【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約

2022シーズン、.326でバッティング・チャンプ

 ニューヨーク・メッツがゲーム・メイクに欠かせないバッティング・チャンプを長期で囲い込みを行うことにしました。

 ジェフ・マクニールと4年の契約延長に合意です。

契約内容

  • 4年/$50M(2023-2026)
    • 5年目はクラブオプションで$13.75M (最大で5年/$63.75M)
    • AAV(Average Annual Value)は$12.5M

 ジェフ・マクニールのMLSは2023年1月時点で4.069。現時点では調停の2度目のステータスです。

 2022年のNLバッティング・チャンプのジェフ・マクニールは、2023年のサラリーを$7.75Mで申請していたのに対し、メッツは$6.25Mを主張。両者は折り合いがつかず、調停裁判になると見込まれていました。

 ところが、今回のディール合意でジェフ・マクニールは今回も含めた2度の調停を避け、さらに2024シーズン終了後にFAとなるスケジュールもまたぎ、FAステータスにプラス2年を追加した契約になりました。もしもオプションが行使されれば、FAステータスになってから3年が経過した年数での契約に。

34才までの契約

 ジェフ・マクニールは1992年4月8日生まれの30才。2023シーズン開始後すぐに31才となります。今回の4年のエクステンションは34才のシーズンまでの契約となり、オプションが行使されなければ、初FAとなるのは35才のシーズンということに。

 これは本人にとっては良い内容だったと言えるのではないでしょうか。

 メッツ側から見れば、このままFAまで様子見してもという手もあったと思います。支払いスケジュールは均等でないと思いますが、AAVで$12.5Mですから、かなりコストアップというところ。それだけメッツは価値を認めているとも言えるのですが。

 AAVアップにより、それによって算出されるメッツのCB TAX(贅沢税)はさらにアップ。

メッツのCB TAX

 今オフにも決まったジャスティン・バーランダーを始め、メッツのラグジュアリー・コントラクトからはじき出された2023年のCB TAX上のサラリーはこちら。

  • マック・シャーザー:$43.333M
  • ジャスティン・バーランダー:$43.333M
  • フランシスコ・リンドーア:$33.8M
  • エドウィン・ディアス:$18.6M
  • スターリン・マルテ:$19.5M
  • ブランドン・ニモ: $20.25M
  • 千賀滉大 : $15M
  • ピート・アロンソ:$14.5M
  • カルロス・カラスコ: $14M
  • ホセ・キンタナ:$13M
  • マーク・カナ:$13.25M
  • デービッド・ロバートソン: $10M
  • エドゥアルド・エスコバー: $10M
  • ジェフ・マクニール: $12.5M
  • (ジェームス・マッキャン: $9.5M)
  • (ロビンソン・カノー: $24M- SEA支払い反映$3.75M =$20.25M)

現地2023年1月27日時点で、メッツのCB TAX上のサラリーの算出は、このジェフ・マクニールの$12.5Mを反映させて$369.9Mでほぼ$370M。2023年の基準値は$233Mですから、$137M超え。TAXだけで$100M近く行くことは間違いないでしょう。

ジェフ・マクニールとは

 ドラフトは2013年のメッツの12巡目。カリフォルニア州出身でCSU(カリフォルニア州立大学)を経てプロ入りしました。21才です。

 5年後の2018年7月末にメジャー・デビュー。この時点で26才になっていましたが、MLBの野手ではこの年齢でのデビューはよくあることです。ジェフ・マクニールはシーズン途中からのデビューにもかかわらず、2Bのレギュラーとして定着。

 9月には1989年にグレッグ・ジェフリーズが樹立したルーキーのクラブ・レコードに並ぶ36安打を放ち、一躍注目されることに。2018年は、打率.329、OBP .391、SLG .471、3 HR、11ダブル、6トリプル、19 RBI。

 2019年の前半も同様に活躍し、ASGにも選出。2019年はMLBでの初のフルシーズンで、打率.318、OBP .384、SLG .531、162安打、23 HR、38ダブル、 1トリプル、 75 RBIをマーク。OPS+は143。前年の活躍がまぐれでないことを見事に証明したシーズンでもありました。

 短縮シーズンとなった2020年も60試合中52試合に出場。またしても打率.311、OBP .383、SLG .454という高い数字を残します。

 2021年はやや落ちて、120試合で打率は、.251。

2022年のフリーマンとの激しい争い

 2022年は輝かしいシーズンとなり、174安打で、打率.326、OBP .382、SLG .454、9HR、39ダブル、1トリプル、62 RBIをマーク。

 打率はドジャースのフレディ・フリーマンと激しく争いました。

 シーズン最終日の10月5日、ジェフ・マクニールは打率を下げてなるものか!と8回の守備交代までゲームに出ず、.326をキープ。前日の10月4日のダブルヘッダーの1試合目までは.328まであったのですが、Game2で5打数1安打となり、.002下げてしまっていたのです。

 一方、フレディー・フリーマンは、158試合目のコロラド戦で2安打を放ち、.329まで上げていました。ところが、159試合から161試合の3試合はいずれも4-0。最終戦の10月5日を前に、.322まで下げていたのです。

 しかし、やはり自信のある男は違うというか、フリーマンは最終戦に大爆発。1打席目のダブルから始まり、2打席目はHR。3打席はCFへの深いフライアウトに倒れるも、4打席目にシングルを放ち、4-3と猛追。ただ、3打席目のCFフライが結局は痛い結果となり、あと1本、.001の差でジェフ・マクニールにバッティング・チャンプを譲ったのでした。

 ALではルイス・アラエスが.316の打率でチャンプに輝いたため、ジェフ・マクニールの打率はMLB NO.1になったのでした。

 2022年は2度めのASGにも出場。

 メッツはシーズン101勝を挙げ、ブレーブスと同じ勝利数でフィニッシュとなりましたが、直接対決で9勝10敗と負け越したため、ディビジョン・タイトルはブレーブスに譲りました。

 ジェフ・マクニールにとっては自身の活躍が直接的にチームの勝利数に反映しただけに、非常に嬉しいシーズンになったと思います。

 シーズンを終え、ジェフ・マクニールはNLの2Bとしてシルバー・スラッガー賞を受賞しました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました