スポンサーリンク

【MLB2020】3試合連続HR中のマット・オルソン(アスレチックス)、8月5日以来、安打はHRのみ!

アスレチックス

マット・オルソンが放つ威圧感

 現地2020年8月15日時点で、ドジャースと並んでMLB勝利数トップの15勝を上げているアスレチックス。好調です。

 COVID-19 の感染拡大により、今季はそもそもウィルスに感染しないことが戦力維持の観点では重要な要因となってきていますが、アスレチックスは投打ともに非常にバランスが良いです。

好調な打撃陣

 マーカス・セミエン、マット・チャップマン、ラモン・ロレアーノを中心とした攻撃陣に加え、今季はロビー・グロスマンがいい仕事をしており(打率.283)、さらにマーク・カナもチーム3位の13RBIと良い仕事をしています(いずれも現地2020年8月15日時点の数字)。

 その中で異彩を放っている成績を出している選手がいます。それがマット・オルソン。

マット・オルソンがHRしか打たない!!

 2018年、2019年と2年連続で1Bのゴールドグラブ賞を受賞しているマット・オルソン。 

 今季ももちろん1Bでの出場で、打順はクリーンナップのいずれかを任されています。

 そのマット・オルソンは現地2020年8月5日のレンジャーズ戦から15日のジャイアンツ戦までの計10ゲームで、全7安打を放っているのですが、そのいずれもがHRという変わった成績を残しています。

マット・オルソンの安打/HRログ

 現地5日から15日までのそのログです。

  • 8/5 レンジャーズ戦 : 2 Hits/ 2HR
  • 8/6 レンジャーズ戦 : 1 Hit/ 1HR
  • 8/9 アストロズ戦: 1 Hit/ 1HR
  • 8/12 エンゼルス戦: 1 Hit/ 1HR
  • 8/14 ジャイアンツ戦: 1 Hit/ 1HR
  • 8/15 ジャイアンツ戦: 1 Hit/ 1HR

効果的な打撃でチームトップの16RBI

 マット・オルソンはラモン・ロレアーノやマット・チャップマンでランナーを返せなかった場合に、クリーンナップとして良い仕事をしており、ここまで16 RBIはチームトップ(現地2020年8月15日時点)。

 そして、BB数17もチームトップで、OBP .312はリードオフのマーカス・セミエンの.265を上回っており、RUN 13というのもチームトップタイ(いずれも現地2020年8月15日時点)。

 勝利に大きく貢献しています。

打率が急降下

 ただし、前述のように8月5日以来、放っている安打はHRのみで、当然のことながらHRはそう頻度高く出るはずもなく、打率が急降下しています。

 上記の8月5日から15日までの10日間の打率は.175。さすがにこの間のOBPも悪化しており、.283です。

 開幕から15日までのシーズントータルの打率も.158に。

もともとHR&RBIの選手

 もともとマット・オルソンは打率を上げるタイプではなく、ロングヒッター。2018年の成績は打率が.247だったのに対してHRは29で、RBIが84。

 2019年は打率.267でHR数は36、RBIは91。

2019年は離脱期間があって36HR

 なお、2019シーズン、アスレチックスはマリナーズとの開幕戦を日本で行いましたが、マット・オルソンは菊池雄星投手のデビュー戦で有鉤骨を骨折しました。

 2019年は5月7日に復帰しましたから、実に34ゲーム離脱した状況下での36HRですから、この人の長打力は恐るべしです。

やはり進化と見るべき

 マット・オルソンはあアスレチックスにとっては守備面でも欠かせない存在ですから、今後も起用され続けるでしょう。

 そのうち、打率も上がってくるかと思います。

 それに長打があることは相手投手へのプレッシャーの点で、武器以外のなにものでもないですから、これは進化と見るべきかもしれませんね。

 なお打数とHR数の比率を見るAB/HRのRatioは15日までのシーズントータルで、76打数/8HRで9.5。2019年は483打数/36HRで13.4でしたので、下がってはいますが、今季はピッチャーフレンドリーの球場が多い西地区での開催ばかりですから、パークファクターも考慮していいかもしれません。

2019年のジョーイ・ギャロも似たような傾向 

 なお、2019年4月4日、レンジャーズのジョーイ・ギャロも似たような数字を残していました。彼の場合は通算安打数のうちシングル安打の数より通算HR数が上回っていたという数字でした。

 なお、現地2020年8月15日時点でのジョーイ・ギャロはさすがにシングル安打の方が通算HR数より多くなっています。

【ジョーイ・ギャロのシングル安打/HR数】

  • 通算安打数:293安打
    • 二塁打:63本
    • 三塁打:6本
    • HR数:114本
    • シングル安打:224安打

HRタイトルも圏内

 なお、現地2020年8月15日時点での両リーグを合わせたHR数ランキングはこちらです。

  • アーロン・ジャッジ(NYY): 9
  • フェルナンド・タティス・ジュニア(SDP):9
  • マイク・トラウト(LAA):9
  • ムーキー・ベッツ(LAD):8
  • ニコラス・カステヤーノス(CIN):8
  • マット・オルソン(OAK):8
  • JT・リアルミュート(PHI):8

 マット・オルソンはALの中ではアーロン・ジャッジとマイク・トラウトに続いています。

 今後のマット・オルソンの成績にも注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. irolyn より:

    タティスがHRリーダーなのにめちゃめちゃ驚きました
    スケールが凄すぎる

    • hirotee より:

      そうなんです。タティス・ジュニア、凄いことになってるんです。今年はシーズンが短いので、このままのペースで行くかも知れませんね。

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました