スポンサーリンク

【MLB2020】3試合連続HR中のマット・オルソン(アスレチックス)、8月5日以来、安打はHRのみ!

マット・オルソンが放つ威圧感

 現地2020年8月15日時点で、ドジャースと並んでMLB勝利数トップの15勝を上げているアスレチックス。好調です。

 COVID-19 の感染拡大により、今季はそもそもウィルスに感染しないことが戦力維持の観点では重要な要因となってきていますが、アスレチックスは投打ともに非常にバランスが良いです。

好調な打撃陣

 マーカス・セミエン、マット・チャップマン、ラモン・ロレアーノを中心とした攻撃陣に加え、今季はロビー・グロスマンがいい仕事をしており(打率.283)、さらにマーク・カナもチーム3位の13RBIと良い仕事をしています(いずれも現地2020年8月15日時点の数字)。

 その中で異彩を放っている成績を出している選手がいます。それがマット・オルソン。

マット・オルソンがHRしか打たない!!

 2018年、2019年と2年連続で1Bのゴールドグラブ賞を受賞しているマット・オルソン。 

 今季ももちろん1Bでの出場で、打順はクリーンナップのいずれかを任されています。

 そのマット・オルソンは現地2020年8月5日のレンジャーズ戦から15日のジャイアンツ戦までの計10ゲームで、全7安打を放っているのですが、そのいずれもがHRという変わった成績を残しています。

マット・オルソンの安打/HRログ

 現地5日から15日までのそのログです。

  • 8/5 レンジャーズ戦 : 2 Hits/ 2HR
  • 8/6 レンジャーズ戦 : 1 Hit/ 1HR
  • 8/9 アストロズ戦: 1 Hit/ 1HR
  • 8/12 エンゼルス戦: 1 Hit/ 1HR
  • 8/14 ジャイアンツ戦: 1 Hit/ 1HR
  • 8/15 ジャイアンツ戦: 1 Hit/ 1HR

効果的な打撃でチームトップの16RBI

 マット・オルソンはラモン・ロレアーノやマット・チャップマンでランナーを返せなかった場合に、クリーンナップとして良い仕事をしており、ここまで16 RBIはチームトップ(現地2020年8月15日時点)。

 そして、BB数17もチームトップで、OBP .312はリードオフのマーカス・セミエンの.265を上回っており、RUN 13というのもチームトップタイ(いずれも現地2020年8月15日時点)。

 勝利に大きく貢献しています。

打率が急降下

 ただし、前述のように8月5日以来、放っている安打はHRのみで、当然のことながらHRはそう頻度高く出るはずもなく、打率が急降下しています。

 上記の8月5日から15日までの10日間の打率は.175。さすがにこの間のOBPも悪化しており、.283です。

 開幕から15日までのシーズントータルの打率も.158に。

もともとHR&RBIの選手

 もともとマット・オルソンは打率を上げるタイプではなく、ロングヒッター。2018年の成績は打率が.247だったのに対してHRは29で、RBIが84。

 2019年は打率.267でHR数は36、RBIは91。

2019年は離脱期間があって36HR

 なお、2019シーズン、アスレチックスはマリナーズとの開幕戦を日本で行いましたが、マット・オルソンは菊池雄星投手のデビュー戦で有鉤骨を骨折しました。

 2019年は5月7日に復帰しましたから、実に34ゲーム離脱した状況下での36HRですから、この人の長打力は恐るべしです。

やはり進化と見るべき

 マット・オルソンはあアスレチックスにとっては守備面でも欠かせない存在ですから、今後も起用され続けるでしょう。

 そのうち、打率も上がってくるかと思います。

 それに長打があることは相手投手へのプレッシャーの点で、武器以外のなにものでもないですから、これは進化と見るべきかもしれませんね。

 なお打数とHR数の比率を見るAB/HRのRatioは15日までのシーズントータルで、76打数/8HRで9.5。2019年は483打数/36HRで13.4でしたので、下がってはいますが、今季はピッチャーフレンドリーの球場が多い西地区での開催ばかりですから、パークファクターも考慮していいかもしれません。

2019年のジョーイ・ギャロも似たような傾向 

 なお、2019年4月4日、レンジャーズのジョーイ・ギャロも似たような数字を残していました。彼の場合は通算安打数のうちシングル安打の数より通算HR数が上回っていたという数字でした。

 なお、現地2020年8月15日時点でのジョーイ・ギャロはさすがにシングル安打の方が通算HR数より多くなっています。

【ジョーイ・ギャロのシングル安打/HR数】

  • 通算安打数:293安打
    • 二塁打:63本
    • 三塁打:6本
    • HR数:114本
    • シングル安打:224安打

HRタイトルも圏内

 なお、現地2020年8月15日時点での両リーグを合わせたHR数ランキングはこちらです。

  • アーロン・ジャッジ(NYY): 9
  • フェルナンド・タティス・ジュニア(SDP):9
  • マイク・トラウト(LAA):9
  • ムーキー・ベッツ(LAD):8
  • ニコラス・カステヤーノス(CIN):8
  • マット・オルソン(OAK):8
  • JT・リアルミュート(PHI):8

 マット・オルソンはALの中ではアーロン・ジャッジとマイク・トラウトに続いています。

 今後のマット・オルソンの成績にも注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. irolyn より:

    タティスがHRリーダーなのにめちゃめちゃ驚きました
    スケールが凄すぎる

    • hirotee より:

      そうなんです。タティス・ジュニア、凄いことになってるんです。今年はシーズンが短いので、このままのペースで行くかも知れませんね。

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました