スポンサーリンク

【MLB2018】アスレチックス、オルソンのサヨナラHRで再び首位HOUに1ゲーム差

現地2018年8月17日(金)からアストロズ@アスレチックスの首位攻防3連戦が始まっております。

 

やはりこのカード、非常に面白いです!! Game1はアストロズ優位で進んだ展開でしたが・・・・最後にドラマが待っていました!

 

先発は、アストロズがチャーリー・モートン、オークランド・アスレチックスがエドウィン・ジャクソン。技術のある右腕同士の投げ合いで始まりました。

 

序盤3回まで、両先発はパーフェクトの投球。互いにランナーを許さないまま中盤に突入します。先制したのはアストロズ。4回表、アレックス・ブレグマンのソロHRでまずは1点を上げます。ベンチでドヤ顔も見せてくれました↓。

アストロズはさらに5回にも今トレードデッドラインでエンゼルスから移籍してきた大谷投手の元相棒、マーティン・マルドナードのソロHRで追加点。2−0とオークランドを引き離します。

 

一方のオークランドも5回裏に反撃。それまで抑え込まれていたチャーリー・モートンから先頭のスティーブン・ピスコッティーが2塁打を放ち、次打者のマーカス・セミエンもシングルで続き、チャンスメイク。

 

マーク・カナがSSゴロで凡退・・・と思ったのですが、これをカルロス・コレアがエラーし、ノーアウト満塁のチャンス!

 

ここでバッターはジョナサン・ルクロイ。できれば犠牲フライがほしいところでしたが、ジョナサン・ルクロイはSSゴロ・ダブルプレー。この間に3塁ランナーが生還し、とりあえずは1点を反撃。

 

アストロズとしてはここで流れを切りたかったところですが、迎えるはマット・チャップマン。当たっています。なんとか1点で凌ぎたかったチャーリー・モートンでしたが、ここはマット・チャップマンに軍配。ライトへ痛烈なシングルを放ち、2−2の同点に追いつきました。

 

 

同点に追いつかれたアストロズは、直後の6回表、オークランド2番手のルー・トルビーノが2つの四球を出した乱れを見逃しませんでした。次打者のジョシュ・レディックが左中間へシングルを放ち、3−2と勝ち越し。傾きかけた流れを引き戻すことに成功します。

 

両先発ですが、チャーリー・モートンは5回を被安打4、失点2、エドウィン・ジャクソンは5回を被安打5、失点2。ともに互角の内容でした。

 

その後、両チームのブルペンが好投。終盤までゲームが膠着します。癇癪でナッツをクビになったショーン・ケリーも登板して好投しています。

【MLB2018】ショーン・ケリーがタントゥラム(癇癪)でDFAに!トレード選手のデビュー戦も
現地2018年8月1日、トレードデッドラインで移籍が決まった選手たちが早速新しいジャージ姿を見せてくれております。 ...

 

3−2でアストロズがリードして進んだゲームは最終回へ。9回表、アストロズの攻撃はエバン・ガティスとジョシュ・レディックに回るターンゆえ、駄目を押したいところでしたが、これを5番手でマウンドに上がったフェルナンド・ロドニーが完璧に抑え無得点に。裏の攻撃へいい流れを構築します。

 

9回裏のオークランドは1アウト後、チャド・ピンダーが四球を選び、出塁。ここでベンチはピンチランナーにラモン・ロレアーノを起用。あの大遠投をした選手です。この代走の起用がピタリと当たりました!

 

【動画】R・ロレアーノが外野手歴代ベストに加えられるほどのスローを披露
現地2018年8月11日のオークランド@エンゼルス戦で素晴らしいプレーが出ました。外野手のスローなのですが、アスレチックスのCFラ...

 

次打者のニック・マルティーニがライトへライナーを強い当たりを放ち、これでロレアーノが一塁から長駆ホームイン。タイミングはアウトでしたが、VTR判定でセーフに。オークランドは土壇場で3−3に追いつきます。

 

10回表、オークランドはマウンドにブレイク・トライネンを送り、勝ちに行く意思表示を球場全体に示し、ブレイク・トライネンもこれに応え、無失点に。

 

10回裏、オークランドは先頭のマット・オルソンが右中間に値千金HRを放ち、4−3でサヨナラ勝ち。

 

 

まずは大事な3連戦の初戦をオークランドが取ったというゲームでした。Game2はダラス・カイケルとトレバー・ケイヒルの投げ合いです。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました