スポンサーリンク

【MLB 2021】埋もれていたコール・アービンも再生させ、アスレチックス、12連勝!

これがキャリア2年で2勝だった投手か?!

 現地2021年4月23日(金)、前日が移動日でお休みだったアスレチックス。このゲーム前まで11連勝を達成。1日空き、しかも気温の低い東海岸のボルチモアへの遠征がどう出るか?と思っていましたが、アスレチックスはむしろ貫禄さえ漂う戦いぶりを見せてくれました。アスレチックスは接戦をものにし、3−1で勝利。12連勝を達成しました!

アスレチックスが先制

 アスレチックス@オリオールズの3ゲーム・シリーズのGame1は、アスレチックスがコール・アービン(Cole Irvin)、オリオールズがホルヘ・ロペス(Jorge Lopez)の先発。

 投手を育てるには援護も必要です。2回表、突如制球を乱したオリオールズ先発のホルヘ・ロペス。先頭のミッチ・モアランド、つづくショーン・マーフィーに連続四球を出してしまいます。つづくセス・ブラウンの時にはワイルドピッチでランナーをそれぞれ2、3塁に進めてしまいます。こうなれば、アスレチックスのペースで、セス・ブラウンがシフトを敷いている2Bに強いゴロを放ち、これで3塁ランナーのモアランドが還り、1点を先制。さらに、つづくスティーブン・ピスコッティーがシングルを放ち、2ー0。先発、コール・アービンを援護します。

ロレアーノがソロHR

 さらに5回表にはイニング先頭のラモン・ロレアーノがCFに大きなソロHRを放ち、アスレチックスが5回表を終えて3−0トリードを広げます。

コール・アービン、6回途中1失点の好投

 このゲームの主役となったのはやはりアスレチックス先発のコール・アービン。コール・アービンは5回までランナーを背負う投球が続いたものの、落ち着いて打者を打ち取り続け、前半5回を無失点に抑える好投。味方のリードをしっかりと保ち、流れをキープ。

 6回表、好投のコール・アービンにピンチが訪れます。先頭のトレイ・マンシーニからDJ.スチュアートまで3連続でシングルを浴び、ノーアウト満塁。つづくライアン・マウントキャッスルを三振に仕留めて1アウトを奪いましたが、ペドロ・セベリーノにタイムリーを浴びて1−3に。

 コール・アービンはここで降板。5.1イニングで被安打8、失点1、与四球1、奪三振6という成績。6回はヤスメイロ・ペティットに助けられましたが、十分にゲームメイクしたと思います。

 アスレチックスはその後、J.B.ウェンデルケン、ジェイク・ディークマンも無失点に抑え、3-1で勝利しました。リリーフも安定しています。

コール・アービンとは

 アスレチックス先発のコール・アービンはとてもこれまでMLBキャリア2年で2勝の投手とは思えない投球ぶりでした。被安打は多い投手です。上半身があまり動かない、きれいな投球フォームを見ると、一流の左腕投手に見える美しさがあります。

 このコール・アービンですが、アスレチックスに移籍してきたのは2021年1月30日のこと。フィリーズから金銭トレードで入ってきました。これは事実上、フィリーズはもういらないという見切りをつけたとも言える金銭トレード。

2016年フィリーズ5巡目指名

 もともとは2016年のフィリーズの5巡目指名の投手。実は高卒時の2012年にブルージェイズから29巡目指名を受けたものの、拒否。オレゴン大学に進学します。その後、2015年にはパイレーツから32巡目で指名を受けるもこれも拒否。結局、2016年まで待つことになりました。

2018年にトリプルAで14勝

 昇格は早くドラフト翌年の2017年には早くもダブルAに。ダブルAでは5勝3敗、ERA 4.06。そして2018年はフルイヤーでトリプルAに在籍。26試合中、25試合に先発し、14勝4敗、ERA 2.57と首脳陣も期待を寄せる成績を残します。

 2019年5月12日のロイヤルズ戦でメジャー・デビュー。25才のときです。メジャー昇格後、2連続で2勝を上げ、このまま順調にローテーション入りとなるかと思われましたが、その後はリリーフでの登板のみに。

 翌2020年は3試合に登板するも、いずれもリリーフのみの登板。2020年までのメジャー通算成績は、2勝2敗、ERA6.75。

マイク・ファイヤーズの怪我でチャンス

 2021年、アスレチックスに移籍したコール・アービンは、マイク・ファイヤーズの股関節痛が予想以上に時間がかかることが判明。A.J. パックらとそのスポットを争ったところ、スプリング・トレーニングで5試合、13.0イニングでERA1.00をマークしたコール・アービンがそのスポットを勝ち取ったという流れです。

 アスレチックス、油断が無ければこの3ゲームシリーズを取るかもしれませんね。

 どうなるでしょうか!?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました