スポンサーリンク

【MLBプロスペクト】レッズの新星、ルイス・カスティーヨが5回2/3を9奪三振

レッズ

こんにちは。

現地2017年6月28日のゲームになりますが、見逃していましたのでここであらためて書かせていただきます。

ルイス・カスティーヨが先発

レッズVSブルワーズのゲームですが、この日レッズのマウンドにはメジャー2戦目のルイス・カスティーヨ(Luis Castillo #58)が先発。

ブルワーズ打線を相手に5回2/3を被安打5、失点2という好投を見せてくれました。注目すべきは三振の数。このイニング数で9個の三振を奪いました。

それもそのはずです。いいボールを投げています!

ルイス・カスティーヨとは

ドミニカ共和国の投手によく見られる、小さなテークバックで肘を高く上げてコンパクトに腕を振り下ろす投球です。フォームが小さいだけに余計にボールの伸びを感じますね。

バッターはそのギャップに戸惑った感があります。MAXが99.2mph(159.64km)を記録。アベレージで97.5mph(156.91km)という恐ろしい数字を叩き出していますね!

変化球はチェンジアップとスライダーの2種類。このスピードなら十分かもしれませんね。腕の降りからすると、インコースはナチュラルにシュートするかもしれません。

ルイス・カスティーヨは24才です。6月23日にメジャー・デビューしたばかり。このスピードで24才までメジャーデビューできなかったのは、これは予想ですが、コントロールに不安があったのだと思います。

ちなみにもともとサインしたのはアマチュアFAでジャイアンツとでした。2011年、18才の時です。

その後、2014年ジャイアンツがマーリンズからケーシー・マギー(現読売ジャイアンツ)を獲得した際、ケンドリー・ブローレスとともにマーリンズへ移籍。

さらに2016年7月29日に、マーリンズとパドレス間で発生したトレードでパドレスへ移籍。アンドリュー・キャッシュナーが動いたトレードです。

あろうことかその2日後の8月1日にコリン・リーとのトレードで再びマーリンズへ戻りました。

そして2017年1月、マーリンズがレッズのダン・ストレーリーを獲得したトレードでレッズに映ったという次第です。

若くて素材がよいとこのようにトレード要員に出されることがしばしばあります。

それにしても、ルイス・カスティーヨ、いい投手ですね。

ちなみにこのゲームは4−3でレッズが勝利したのですが、ルイス・カスティーヨがマウンドを降りてから決着がついたので勝ち星はつかず。メジャー初勝利はおあずけとなっています。

期待したい投手です。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

NEW

【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
タイトルとURLをコピーしました