【MLBプロスペクト】レッズの新星、ルイス・カスティーヨが5回2/3を9奪三振

こんにちは。

現地2017年6月28日のゲームになりますが、見逃していましたのでここであらためて書かせていただきます。

ルイス・カスティーヨが先発

レッズVSブルワーズのゲームですが、この日レッズのマウンドにはメジャー2戦目のルイス・カスティーヨ(Luis Castillo #58)が先発。

ブルワーズ打線を相手に5回2/3を被安打5、失点2という好投を見せてくれました。注目すべきは三振の数。このイニング数で9個の三振を奪いました。

それもそのはずです。いいボールを投げています!

ルイス・カスティーヨとは

ドミニカ共和国の投手によく見られる、小さなテークバックで肘を高く上げてコンパクトに腕を振り下ろす投球です。フォームが小さいだけに余計にボールの伸びを感じますね。

バッターはそのギャップに戸惑った感があります。MAXが99.2mph(159.64km)を記録。アベレージで97.5mph(156.91km)という恐ろしい数字を叩き出していますね!

変化球はチェンジアップとスライダーの2種類。このスピードなら十分かもしれませんね。腕の降りからすると、インコースはナチュラルにシュートするかもしれません。

ルイス・カスティーヨは24才です。6月23日にメジャー・デビューしたばかり。このスピードで24才までメジャーデビューできなかったのは、これは予想ですが、コントロールに不安があったのだと思います。

ちなみにもともとサインしたのはアマチュアFAでジャイアンツとでした。2011年、18才の時です。

その後、2014年ジャイアンツがマーリンズからケーシー・マギー(現読売ジャイアンツ)を獲得した際、ケンドリー・ブローレスとともにマーリンズへ移籍。

さらに2016年7月29日に、マーリンズとパドレス間で発生したトレードでパドレスへ移籍。アンドリュー・キャッシュナーが動いたトレードです。

あろうことかその2日後の8月1日にコリン・リーとのトレードで再びマーリンズへ戻りました。

そして2017年1月、マーリンズがレッズのダン・ストレーリーを獲得したトレードでレッズに映ったという次第です。

若くて素材がよいとこのようにトレード要員に出されることがしばしばあります。

それにしても、ルイス・カスティーヨ、いい投手ですね。

ちなみにこのゲームは4−3でレッズが勝利したのですが、ルイス・カスティーヨがマウンドを降りてから決着がついたので勝ち星はつかず。メジャー初勝利はおあずけとなっています。

期待したい投手です。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク