スポンサーリンク

【MLBプロスペクト】レッズの新星、ルイス・カスティーヨが5回2/3を9奪三振

レッズ

こんにちは。

現地2017年6月28日のゲームになりますが、見逃していましたのでここであらためて書かせていただきます。

ルイス・カスティーヨが先発

レッズVSブルワーズのゲームですが、この日レッズのマウンドにはメジャー2戦目のルイス・カスティーヨ(Luis Castillo #58)が先発。

ブルワーズ打線を相手に5回2/3を被安打5、失点2という好投を見せてくれました。注目すべきは三振の数。このイニング数で9個の三振を奪いました。

それもそのはずです。いいボールを投げています!

ルイス・カスティーヨとは

ドミニカ共和国の投手によく見られる、小さなテークバックで肘を高く上げてコンパクトに腕を振り下ろす投球です。フォームが小さいだけに余計にボールの伸びを感じますね。

バッターはそのギャップに戸惑った感があります。MAXが99.2mph(159.64km)を記録。アベレージで97.5mph(156.91km)という恐ろしい数字を叩き出していますね!

変化球はチェンジアップとスライダーの2種類。このスピードなら十分かもしれませんね。腕の降りからすると、インコースはナチュラルにシュートするかもしれません。

ルイス・カスティーヨは24才です。6月23日にメジャー・デビューしたばかり。このスピードで24才までメジャーデビューできなかったのは、これは予想ですが、コントロールに不安があったのだと思います。

ちなみにもともとサインしたのはアマチュアFAでジャイアンツとでした。2011年、18才の時です。

その後、2014年ジャイアンツがマーリンズからケーシー・マギー(現読売ジャイアンツ)を獲得した際、ケンドリー・ブローレスとともにマーリンズへ移籍。

さらに2016年7月29日に、マーリンズとパドレス間で発生したトレードでパドレスへ移籍。アンドリュー・キャッシュナーが動いたトレードです。

あろうことかその2日後の8月1日にコリン・リーとのトレードで再びマーリンズへ戻りました。

そして2017年1月、マーリンズがレッズのダン・ストレーリーを獲得したトレードでレッズに映ったという次第です。

若くて素材がよいとこのようにトレード要員に出されることがしばしばあります。

それにしても、ルイス・カスティーヨ、いい投手ですね。

ちなみにこのゲームは4−3でレッズが勝利したのですが、ルイス・カスティーヨがマウンドを降りてから決着がついたので勝ち星はつかず。メジャー初勝利はおあずけとなっています。

期待したい投手です。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

NEW

【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
【MLB2021】ドジャースのコディー・ベリンジャーが復帰!筒香選手はサバイブ
タイトルとURLをコピーしました