スポンサーリンク

【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)

ブルペン強化のクラブは狙い目

 現地2022年11月30日のストーブ・リーグは特に大きな動きはなく、アーロン・ジャッジへのオファーや、ザンダー・ボガーツの行き先に関する報道が散見されました。

 おそらく各クラブは現地2022年12月4日(日)から7日(水)までサンディエゴで開催されるアニュアル・ウィンター・ミーティングに向けた準備で大わらわになっていることでしょう。物理的な準備というよりは、ディール成立への布石を色々と打っているものと想像します。この静けさからすると、バタバタっと大きなディールが決まりそうですね。

 そんな中、ちょっと注目しておきたいリリーフピッチャーがおります。それが表題のロッキーズからFAとなっているリリーバー右腕のカルロス・エステベス(Carlos Estévez )です。

今オフにFA

 カルロス・エステベスは2023年1月でMLSが6.022。つまり、今オフはFAとなったのです。

 誕生日は1992年12月28日ですので、この年末で30才となります。そのカルロス・エステベスが注目となっているポイントをいくつかまとめてみます。

【人気のポイント1】 平均97.5mphの剛速球

 なんと言っても魅力はそのベロシティー。球質はスピン量も多いとは思いますが、とにかく威力がすさまじいこと。2021シーズンはアベレージで97.1mphだった4シームは、2022年は97.5mphと上がっています。ちなみにキャリアの中でのアベレージの最高は2016シーズンの97.9mph。

 デビュー時の2016年にはトリプル・ディジッツ(100mph超え)もバンバン叩き出していましたが、最近は100mphを超えることはほぼないものの、4シームは数字通りにいつでも97mphを超えてくるという威力です。球質は違いますが、数字だけのイメージで言うと、今ポストシーズンのワイルドカード・シリーズからNLCSまで登板ごとに97mph平均を出していたザック・ウィーラーのようなイメージ。

 強いボールが魅力です。

【人気のポイント2】サラリーが安い

 そしてなんと言ってもカルロス・エステベスはサラリーが高くなかったのが、人気の出そうなポイントです。

 調停資格となった2020年から調停ファイル・イヤーとなった2022シーズンの3年間、カルロス・エステベスは、いずれも調停を避けてサインをしていますが、$1.08(2020)→$1.45M(2021)→$3.025M(2022)という推移。

 2022年のサラリーがベースとなりますから、このオフの契約は複数年となっても単年で$10Mを超えることはなさそうです。人気が集中してせり上がるかもしれませんが、その線はまず超えないでしょう。なおトレード・ルーモアさんの予想着地点は3年/$21M。単年で$7Mですね。

スカウト陣は高評価

 マイナス面ももちろんあります。

 変化球はスライダーとチェンジアップのみです。2019年まではシンカー、カッターもありましたが、ここのところは、この2種類のみ。いずれも87-88mphという速度レンジで4シームとは8mphから9mphの速度差。打者からすればどちらかをマークすれば良く、ある程度は対策が容易です。

 また、BB%はやや高めの9.8%(2022)。2021年以前は7.8%前後でした。リーグ平均は8.5%なので、2022年はベロシティーに頼ったのか、やや高い数字でした。

 セットアッパーなので、試合の流れの一番きつい場面を任されていることもあり、ERAで3.50を下回ったのは2022シーズンのみ。2021年は4.38でした。ちなみに2020年は7.50でしたが、特殊なシーズンだったため、ここは考慮にいれない方が実像が出てくるはずです。

 ヒッターズ・パークのコロラドをフランチャイズにして、この数字はかなり評価されてしかるべきかと思います。

キャリア

 カルロス・エステベスは、2011年5月31日にコロラド・ロッキーズとアマチュアFAとしてサイン。ドミニカ共和国の出身です。

 サイン後の2011年から2013年はルーキー・リーグに当たるドミニカ・サマー・リーグ、あるいはクラスAマイナスに所属。2013年には両レベルで6勝1敗、ERA 3.66をマークし、プロとして軌道に乗ってきました。

 2014年にクラスAに昇格し、33試合で、53.1イニングを投げ、1勝3敗、ERA 4.73。2015年にはAAに昇格。さらに秋にはAFL(アリゾナ・フォール・リーグ)に参加。5試合、5.2イニングでERA 3.18と結果を出します。

 2016年にAAAで開幕を迎え、4月23日にメジャー・デビュー。この年にいきなり63試合に登板。8月にはクローザー・ロールを担うことに。このシーズンは11セーブをマークし、55.0イニングでSOは59。

【YOUTUBE】COL@ARI: Estevez strikes out Tomas to end trouble

 2017年は怪我などもあり、35試合、32.1イニングにとどまり、5勝0敗でERAは5.57。

 2018年は終年でAAAに在籍。大きな怪我ではなかったものの、小さな故障がかさなり、この年は、AAAでも28試合で、28.1イニングの登板に終わり、ERAは6.35。

 2019年は71試合、72.0イニングを投げ、ERA3.75をマーク。SO9は10.1、BB9は2.9でした。

 短縮シーズンの2020年はERA 7.50とどうも調整がうまく行かなかったようです。

 2021年には64試合で、61.2イニングに登板し、11セーブをマーク。ERAは4.38。

 そして2022シーズンは62試合で、57.0イニングを投げ、ERAは3.47、SO9は8.5、BB9は3.6となっています。

 彼もウィンター・リーグで決まりそうな気配があります。

 ブルペンで苦労しているクラブからはかなり狙われていると思われます。果たしてどのクラブとサインするのか、注目です。

追記です:エンゼルスに決定

 ブルペンが弱いクラブは彼が狙い目ということで、実はレッドソックスかエンゼルスに入れば良いなと思っていたのですが、エンゼルスに決まりました。

  • 2 年/$13.5M (2023-24)

 エンゼルスはこれでライアン・テペラとともに強いボールを投げるリリーバー右腕が二人もいることになりました。良いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
タイトルとURLをコピーしました