スポンサーリンク

【MLB2022】レッドソックス、ハンセル・ロブレスをDFAに

オールスターまでの試練の2週間

 6月を20勝6敗で快進撃を続けたレッドソックス。

 思えば4月は打てない、リードを守りきれないと厳しい戦いを強いられて9勝13敗と負け越し。しかし、5月半ばに入り、新戦力のトレバー・ストーリーにエンジンがかかったことで、打線に厚みが出て、チームに弾みがついてきました。もともと打って投手を援護するという方式で勝つ編成なだけに、4月のように打線が湿れば、やはり苦戦してしまいます。

 ただ、苦しい時期にちょうど阪神のように先発、ブルペンで適正を見極わめてきたアレックス・コーラの度胸のある采配でかなり形を整えてきましたね。

 そしてレッドソックスは現地2022年7月4日の独立記念日からオールスターまで試練の2週間に突入しました。ご覧のスケジュールです。レイズ、ヤンキースとの14連戦です。

【レッドソックスのスケジュール】

  • 7/4-7/6 vs レイズ (3)
  • 7/7-7/10 vs ヤンキース(4)
  • 7/11-7/14 @レイズ (4)
  • 7/15-7/17 @ ヤンキース(3)
  • 7/18: OFF
  • 7/19: ALL STAR
  • 7/20-7/21: OFF

ロブレスをDFAに

 そんな中、レッドソックスは現地2022年7月5日、リリーバー右腕のハンセル・ロブレスに1つの決断を下しました。DFAです。こちらは5日時点では公式情報とはなっていませんが、決定事項で間違いないようです。

ロブレス、今季ERAは5.84

 ハンセル・ロブレスは今季、レッドソックスとマイナー契約でサイン。メジャーに上がれば、 $2.25Mとなる契約でした。

 開幕では見事にメジャー契約を勝ち取ったロブレスは、4月は9試合に登板してERAは0.93。9.2イニングで自責点はたった1と素晴らしいスタートを切りました。

 ところが5月に入り、状況は一変。7.1イニングで自責点4と苦戦の影が見えてきました。

 そして6月。チームの勢いが増すのと反比例して、ロブレスは安定感のない投球が続き、8試合、6.0イニングで自責点は7。6月のERAは10.50と苦戦が明確になりました。

 7月に入って2試合に登板するも、いずれも失点。リリーバーとして信頼感を欠く投球となっていたのです。

ベイヨーのコールアップ

 そして決定的となったのは、ルーキー、ブライアン・ベイヨー(Brayan Bello※)のメジャー初昇格。結局、ベイヨーにスペースを空ける形でロブレスはDFAとなったのです。

 ※BAY-ohというのが本来の読み方のようです。

 レッドソックスはロブレスをDFAとしなくとも、40manロスターは39名でしたので、1枠は空いておりました。ただ、カッター・クロフォード、ジョシュ・ウィンコウスキ、コナー・シーボルトなどの若手ローテーションも台頭したことで、40manの枠は広い方が柔軟性は広がります。

ブライアン・ベイヨーとは

 ブライアン・ベイヨーはドミニカ共和国出身の23才の右腕。6フィート1インチ、185cmとメジャーの投手としては標準的。ちなみにそのフォームや出身国が同じことから、ペドロ・マルチネスを彷彿とさせるものがあるのですが、ペドロは5フィート11インチで180cmでした。

 2017年にアマチュアFAとしてレッドソックスとサイン。もしも2020年のマイナー・シャットダウン(コロナ禍)がなければ、少なくとも2021年にはデビューしていたでしょう。

 今季はダブルAスタートでトリプルAに昇格。両レベルを併せて15試合、14スタートで10勝4敗、ERA 2.33。85.0IPで奪三振は114 ! SO9は12.1。BB9は3.5。

デビュー戦

 そしてブライアン・ベイヨーは現地2022年7月6日(水)のレイズ戦でメジャー・デビューします!

ロブレスの今後

 ロブレスのサラリーは残りはちょうど半分ですから、$1.125M。DFA後の手続きとしてトレードの可能性をさぐること、そしてウェーバー公示というのがありますが、おそらくここはスルーされるでしょう。

 そして、ウェーバーをクリアーした後(クレームオフ=獲得がない)は、リリースかマイナーへアウトライトということになりますが、2022年1月の時点でMLSが6.119だったロブレスは、10-5ルールに則って、マイナーへのアサインを拒否できます。おそらくそうするでしょう。となれば、もうリリースとなってFAとなります。

 FAとなれば、レッドソックスは残債を払うことにはなるもの、獲得したクラブはメジャー最低年俸(今季は$0.7M)の日割りというサラリーの支払いでよくなるので、おそらくそこで手が上がると思われます。

 2019年に23セーブを上げたエンゼルスに戻るでしょうか!?注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました