スポンサーリンク

【MLB2022】レッドソックス、ハンセル・ロブレスをDFAに

オールスターまでの試練の2週間

 6月を20勝6敗で快進撃を続けたレッドソックス。

 思えば4月は打てない、リードを守りきれないと厳しい戦いを強いられて9勝13敗と負け越し。しかし、5月半ばに入り、新戦力のトレバー・ストーリーにエンジンがかかったことで、打線に厚みが出て、チームに弾みがついてきました。もともと打って投手を援護するという方式で勝つ編成なだけに、4月のように打線が湿れば、やはり苦戦してしまいます。

 ただ、苦しい時期にちょうど阪神のように先発、ブルペンで適正を見極わめてきたアレックス・コーラの度胸のある采配でかなり形を整えてきましたね。

 そしてレッドソックスは現地2022年7月4日の独立記念日からオールスターまで試練の2週間に突入しました。ご覧のスケジュールです。レイズ、ヤンキースとの14連戦です。

【レッドソックスのスケジュール】

  • 7/4-7/6 vs レイズ (3)
  • 7/7-7/10 vs ヤンキース(4)
  • 7/11-7/14 @レイズ (4)
  • 7/15-7/17 @ ヤンキース(3)
  • 7/18: OFF
  • 7/19: ALL STAR
  • 7/20-7/21: OFF

ロブレスをDFAに

 そんな中、レッドソックスは現地2022年7月5日、リリーバー右腕のハンセル・ロブレスに1つの決断を下しました。DFAです。こちらは5日時点では公式情報とはなっていませんが、決定事項で間違いないようです。

ロブレス、今季ERAは5.84

 ハンセル・ロブレスは今季、レッドソックスとマイナー契約でサイン。メジャーに上がれば、 $2.25Mとなる契約でした。

 開幕では見事にメジャー契約を勝ち取ったロブレスは、4月は9試合に登板してERAは0.93。9.2イニングで自責点はたった1と素晴らしいスタートを切りました。

 ところが5月に入り、状況は一変。7.1イニングで自責点4と苦戦の影が見えてきました。

 そして6月。チームの勢いが増すのと反比例して、ロブレスは安定感のない投球が続き、8試合、6.0イニングで自責点は7。6月のERAは10.50と苦戦が明確になりました。

 7月に入って2試合に登板するも、いずれも失点。リリーバーとして信頼感を欠く投球となっていたのです。

ベイヨーのコールアップ

 そして決定的となったのは、ルーキー、ブライアン・ベイヨー(Brayan Bello※)のメジャー初昇格。結局、ベイヨーにスペースを空ける形でロブレスはDFAとなったのです。

 ※BAY-ohというのが本来の読み方のようです。

 レッドソックスはロブレスをDFAとしなくとも、40manロスターは39名でしたので、1枠は空いておりました。ただ、カッター・クロフォード、ジョシュ・ウィンコウスキ、コナー・シーボルトなどの若手ローテーションも台頭したことで、40manの枠は広い方が柔軟性は広がります。

ブライアン・ベイヨーとは

 ブライアン・ベイヨーはドミニカ共和国出身の23才の右腕。6フィート1インチ、185cmとメジャーの投手としては標準的。ちなみにそのフォームや出身国が同じことから、ペドロ・マルチネスを彷彿とさせるものがあるのですが、ペドロは5フィート11インチで180cmでした。

 2017年にアマチュアFAとしてレッドソックスとサイン。もしも2020年のマイナー・シャットダウン(コロナ禍)がなければ、少なくとも2021年にはデビューしていたでしょう。

 今季はダブルAスタートでトリプルAに昇格。両レベルを併せて15試合、14スタートで10勝4敗、ERA 2.33。85.0IPで奪三振は114 ! SO9は12.1。BB9は3.5。

デビュー戦

 そしてブライアン・ベイヨーは現地2022年7月6日(水)のレイズ戦でメジャー・デビューします!

ロブレスの今後

 ロブレスのサラリーは残りはちょうど半分ですから、$1.125M。DFA後の手続きとしてトレードの可能性をさぐること、そしてウェーバー公示というのがありますが、おそらくここはスルーされるでしょう。

 そして、ウェーバーをクリアーした後(クレームオフ=獲得がない)は、リリースかマイナーへアウトライトということになりますが、2022年1月の時点でMLSが6.119だったロブレスは、10-5ルールに則って、マイナーへのアサインを拒否できます。おそらくそうするでしょう。となれば、もうリリースとなってFAとなります。

 FAとなれば、レッドソックスは残債を払うことにはなるもの、獲得したクラブはメジャー最低年俸(今季は$0.7M)の日割りというサラリーの支払いでよくなるので、おそらくそこで手が上がると思われます。

 2019年に23セーブを上げたエンゼルスに戻るでしょうか!?注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました