スポンサーリンク

【決定!MLBドラフト2019】オリオールズが指名した全体1位はポージーやマウアーを彷彿とさせる魅力ある大学生捕手!

現地2019年6月3日、2019年アマチュアドラフトが開催されました。これから6月5日まで3日かけて40巡目まで行われます。

では1日目の結果を見てみたいと思います。

全体1位はアドリー・ラッツィマン

オリオールズが全体1位で指名したのは意外にも捕手でした。筆者はてっきり投手を獲ると思っていたのですが、守りの要を指名しましたね。

この選手がまたいい選手です。

今季のNCAAのシンシナティのゲームでは満塁で敬遠されたという逸話を持つ人物。

なかなか魅力的です。

では1巡目を見て行きます。

Round1

ちなみに指名は圧倒的に大学生が多いのですが、アメリカの大学生の呼び方を下記に記載しておきます。

高校や大学で4年制のところは下記のような呼び方をします。ご存じの方も多いと思いますが、念の為。

アメリカの大学の学年の呼び方

ドラフトではほとんどがJunior(3年生)なのですが、ごく稀にSophomore(2年生)が出てきます。

Freshman/ Sophomore / Junior / Senior   
(1年生/2年生/3年生/4年生)

そしてドラフトの規定として4年制以上の大学生は、3年以上在学している選手、または2年以上在学している21歳以上の選手を指名できることになっており、たまに資格ありSophomore(2年生)が出てきています。これは2年生ではあるけど、年齢が21才以上となっているケースです。

名前の表記について

はじめて日本語表記になる選手が多く、日本語表記の実績のない選手の名前は発音をもとにそれらしいものを記載しています。後日、「ゆれ」を防ぐために表記を変えるかもしれません。ご了承ください。

全体1位から10位まで

(1) オリオールズ:アドリー・ラッツィマンAdley Rutschman)捕手/21才 、オレゴン・ステート(Junior=3年)

スイッチヒッターで、とてもシュアーなバッター。今季の打率は.408。タイプとしてはジャイアンツのバスター・ポージーや元ツインズのジョー・マウアー。

逸話として、先週のNCAAのシンシナティのゲームでは満塁で敬遠されたほど。

もちろん捕手としても見込みつつも他のポジションでの起用もあり得るほどの魅力的な捕手。

(2) ロイヤルズ:ボビー・ウィット・ジュニアBobby Witt Jr.)SS/18才、高校卒 右投げ右打ち

父は1985年全体3位指名の投手、ボビー・ウィット。レンジャーズなどで活躍。通算142勝157敗、ERA 4.83。父子でTOP5以内の指名は初。守備(フィールディング、アーム)、ヒッティングと非常に高い評価の選手。ロイヤルズが選んだ理由はこれから対面する高校生世代の中米のプロスペクトの兄貴分として。

(3) ホワイトソックス:アンドリュー・ボーンAndrew Vaughn)1B/21才 INF/RHP Cal大(Junior=3年)右投げ右打ち

アマチュアのMVPとも言えるゴールデン・スパイク・アウォードの2018年受賞者。昨季の打率.402、今季は.381。カリフォルニア大在学の3年間で50HRを放っています。 CWSは早くもアブレイユのあとの1Bとして考えていそうです。

(4)マーリンズ:J.J ブレデーJ.J. Bleday)OF/21 才 バンダービルト大(Junior=3年) 左投げ左打ち 

将来のRF/LF候補。スイングが速い。今季のVandy Boysを打撃で引っ張った立役者。

(5) タイガース:ライリー・グリーン(Riley Greene)OF/18才 高校卒 左投げ左打ち

2位指名のウィットの次に将来性豊かなバットを誇る外野手。守備はこれから。将来はLFを任されるのではないかと見られています。パワーとアベレージ双方が期待できます。

(6)パドレス:C.J. エイブラムスC.J. Abrams)SS/18才 高校卒 右投げ左打ち

とにかく足が速い。60ヤード(54.86 m)ダッシュは平均7.22秒のところを6.29秒で走ります。 タティス・ジュニアなどにつづき、またしても若くていい素材が入りました。結構、注目しています。

(7)レッズ:ニック・ロードロNick Lodolo)LHP/21才  Texas Christian University (Junior=3年)左投げ左打ち

ハードスロー・レフティー。今ドラフトの左投手ではNO.1の評価。今季はNCAAで103イニングに登板し、131K。契約金543万ドルをもぎ取るのではないか?とも言われています。レッズはそのくらい出しそうです。

(8)レンジャーズ:ジョシュ・ユングJosh Jung)3B/21才 Texas Tech 大 Junior(=3年) 右投げ右打ち

2018年の打率は.392とよかったものの、2019年は.335と飛び抜けた数字ではありませんでした。シュアーな打撃に関する評価は高いものの、パワーと守備がどこまで伸びるか。

(9)ブレーブス:シェア・ランジェリアス(Shea Langeliers)C/21才 Baylor大(Junior=3年) 右投げ右打ち

今ドラフトでは捕手として2番めに評価の高かった選手。動きがとても良い。ブレーブスが2018年にカーター・スチュアートを喪失した穴埋めでの指名です。そういう意味でも注目されますね。

(10)ジャイアンツ:ハンター・ビショップHunter Bishop)OF/21才 アリゾナ・ステート(Junior=3年) 右投げ左打ち

高卒時の2016年にはパドレスから24巡目で指名。マリナーズの外野手ブレーデン・ビショップの弟です。2018年は外野が崩壊状態となったジャイアンツ。期待されています。

全体11位〜

(11)ブルージェイズ:アレック・マノア(Alek Manoah)RHP/21才 West Virginia大(Junior=3年)右投げ右打ち

身長6-foot-6、体重260 pounds。198.12 cm、117.934 kgの超巨漢投手です。大学では最初の2年はリリーバー、今季はローテーションでした。とにかくデカさに注目です。

(12)メッツ:ブレット・バティ(Brett Baty)3B/18才 高校卒 右投げ左打ち 

守備はまだ未完成ながら、打撃は非常に期待できる選手。パワーヒッターではないものの、広角に打てるセンスの良さがある。

(13)ツインズ:キオニ・カバコ(Keoni Cavaco)3B/18才 高校卒 右投げ右打ち 

今季急に注目された選手!かなりの逸材かと。パワーポテンシャルと運動能力の良さは伸びしろたっぷり。SSも守ります。化けるかもしれません。難しい読みのお名前はハワイ由来の名前です。筆者は注目しています。

(14)フィリーズ:ブライソン・ストット(Bryson Stott) SS/21才 University of Las Vegas(Junior=3年) 右投げ左打ち

身長6 foor 3(190.5cm)、体重200 pounds(90kg)の大型SS。ジャイアンツのブランドン・クロフォード並みの大型SS。将来、3B、SSを任せられそうな素材。

(15)エンゼルス:ウィル・ウィルソン(Wil Wilson)SS/20才 North Carolina State (Junior=3年) 右投げ右打ち

USA代表の2B。SSは14位のストットでした。大学時代は31HR。

(16)ダイヤモンドバックス:コービン・キャロル(Corbin Carroll)OF/18才 高校卒 左投げ左打ち

小さい。とにかく小さい。ホセ・アルトゥーベより少し大きいだけの170cm(5フィート10インチ)しかありません。

CFとしてのスピード、運動能力は要開発なものの打撃力は非常に評価が高い。シアトルの高校出身。

筆者としてはこのサイズであってもMLBで通用してもらいたいという意味で応援したいと思います。

(17)ナショナルズ:ジャクソン・ラトリッジ(Jackson Rutledge) RHP/20才  San Jacinto College (Junior =3年)

身長が6-foot-8、2m03cmとかなり大きいです。ファストボールは98mphをヒット。

(18)パイレーツ:クイン・プリスター(Quinn Priester)RHP/18才 高校卒 右投げ右打ち

 ファストボールは94mphを記録。

(19)カージナルス:ザック・トンプソン(Zack Thompson)LHP/21才 ケンタッキー(Junior=3年)左投げ左打ち

ファストボールとカーブのコンビネーションで、90IPで130SOを記録。大学2年で19勝0敗、0.59 ERAを記録。これはかなりの逸材かと。

全体20位〜

(20)マリナーズ:ジョージ・カービー(George Kirby)RHP/18才 高校卒 右投げ

190cmから90マイル中盤のファストボールとチェンジアップを操る。88.1イニングを投げ四球がたったの6つというコントロールの良さも。

(21)ブレーブス:ブレーデン・シューメイク(Braden Shewmake)SS/3B/21才 Texas A&M Univ (Junior=3年) 右投げ左打ち

190cm超えのSSで大学では打率が.300を下回ったことがない!また241ABで三振は27個と少ない。

(22)レイズ:グレッグ・ジョーンズ(Greg Jones)SS/21才 University of North Carolina Wellington (資格ありSophomore=2年) 右投げスイッチヒッター

パワーは不確かながら、守備・肩・足・ヒッティングとかなりの要素を兼ね備えた選手で見せる守備ができそうです。

(23)ロッキーズ: マイケル・トグリア(Michael Toglia)1B/OF/21才  UCLA(Junior =3年)左投げ左打ち

シーズン打率は.319。サプライズ指名との声も!!

(24)インディアンス:ダニエル・エスピーノ(Daniel Espino) RHP/18才 高校卒 右投げ右打ち 

99mphを記録。

(25)ドジャース:コーディー・ホース( Kody Hoese)3B/21才(まもなく22才) Tulane Univ.(Junior=3年) 右投げ右打ち

2018年資格あり2年生のとき、ロイヤルズが指名。しかし、プロ入りせず。今季はさらに打撃を改善。打率.392 、23 HRを記録。

(26)ダイヤモンドバックス:ブレイク・ウォルストン(Blake Walston)LHP/18才 高校卒 左投げ左打ち

ファストボールは90mph。

(27)カブス:ライアン・ジェンセン(Ryan Jensen)RHP/21才 フレゾノ・ステート(Junior=3年) 右投げ右打ち

今季12勝1敗、ERA 2.88。金属バット相手にこの成績はなかなかすごいと思います。

(28)ブルワーズ:イーサン・スモール(Ethan Small)LHP/22才 ミシシッピ・ステート(Junior=3年)左投げ

2017シーズンはトミー・ジョン手術を受けシーズンでの登板はなし。ベロシティーは86から92mphと飛び抜けてはいないものの、ERA 1.88、96イニングで160奪三振と非常に数字がいいです。

(29)アスレチックス:ローガン・デビッドソン(Logan Davidson)SS/21才 Clemson University(Junior=3年)右投げスイッチヒッター

確実性はまだないものの長打と足の速さが魅力。

(30)ヤンキース:アンソニー・ヴォルペ(Anthony Volpe)SS/18才 高校卒  右投げ右打ち

チームメイトで有望な選手がいたものの、その選手はバンダービルトへ。

(31)ドジャース:マイケル・ブッシュ(Michael Busch)1B/21才 North Carolina (Junior=3年) 右投げ左打ち

1Bとなっているものの、フィールディングは2BかSS。センスあり!

(32)アストロズ:コーリー・リー( Korey Lee)C/20才 Cal大 右投げ右打ち

Compensation Picks

(33) ダイヤモンドバックス:ブレナン・マローン(Brennan Malone) RHP, IMG Academy

(34) ダイヤモンドバックス: ドレイ・ジェイムソン(Drey Jameson) RHP, Ball State

Competitive Balance Round A

(35) マーリンズ: Kameron Misner, OF, Missouri
(36) レイズ: JJ Goss, RHP, HS
(37) パイレーツ:Sammy Siani, OF, William Penn Charter School
(38) ヤンキース: T.J. Sikkema, LHP, Missouri
(39) ツインズ:Matt Wallner, OF, Southern Mississippi
(40) レイズ: Seth Johnson, RHP, Campbell
(41) レンジャーズ:Davis Wendzel, 3B, Baylor

Round1とComp Aまでの記載ですが、上記のようになりました。

ここまでレッドソックスがまだ出て来ないんですね。レッドソックスは贅沢税のペナルティが災いし、33位から10位下がって43位(2巡目)がファースト・ピックです。

ちなみにもう2巡目も済んでいまして、キャメロン・キャノン SS 右投げ右打ち 21才、アリゾナ大学です。

それにしてもヤンキースはうまく立ち回ってますね。新人もしっかりと指名できています。

Day2はRound3からの指名です。

MLB Draft Tracker
The official draft tracker of the Major League Baseball draft including ranking, schools, and draft order.

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました