スポンサーリンク

【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!

まさにパワーVSパワー

 現地2024年6月5日、ドジャース@パイレーツの3ゲームシリーズのGame2が行われ、パイレーツ先発のポール・スキーンズと大谷翔平選手との圧巻のパワーVSパワーの力勝負が見られました。

 100 mphを超える豪速球のルーキーとMVP2度の強烈なスラッガーとの力勝負は見応えがあり、しかもポール・スキーンズも自身の力を試すように力勝負を挑んできたことに清々しさを覚えました。

 それにしてもメジャーの力勝負に日本人が入っていて、しかもトップクラスのパワーとして認識されていることに改めて驚かされる次第です。

1巡目:ムーキー&翔平を連続三振

 ポール・スキーンズの立ち上がりですが、圧巻でしたね。先頭打者のムーキー・ベッツには初球に101mphの4シーム。その後、100mph超えの4シームを2球続け、1-2カウントから最後は85mphのスライダーで空振り三振。さすがのムーキーもこの落差に反応するのが精一杯となった模様です。曲がりの小ささを指摘されていたポール・スキーンズのスライダーですが、ムーキーに投じたものはもはやスウィーパーとして記録されても良いくらいに曲がり幅の大きいスライダーでした。

 そして大谷選手との1巡目。これがいい対決でしたね。初球はインコースへの101.3mphの4シーム。2球目はインハイの枠ギリギリへの100.1mphの4シーム。そして3球目は真ん中やや外めのやはり100mphを超える100.8mphの4シームで空振り三振。ここまで堂々と大谷選手へ力勝負を挑んでくるこの心意気に拍手という感じの投球。

2巡目:大谷選手が15号HRをCFへ

 2回裏、ドジャースは先発のジェームス・パクストンがパイレーツ打線に釣瓶打ちにあい、6点を奪われると、その後も代わったヨハン・ラミレスとウィル・スミスのバッテリー間のエラーで7点目を奪われます。

 直後のドジャースの攻撃。ルーキー対決でアンディー・パヘスが98.8mpの4シームをCFへゴロで運んで出塁。その後、クリス・テイラーが倒れて1アウトとなり、2巡目に入ったムーキーは対応するも3Bゴロに倒れて2アウト。そして大谷選手が打席に。

 さすがに2打席目はチェンジアップを投じてきたポール・スキーンズ。ゾーンには4シーム、変化球はゾーン外へという投球。3-2のフルカウントとなった後の6球目、決めに行った100.1mphの4シームが真ん中高めに来たところを大谷選手が仕留めました。これがCFへの大きなHRとなり、今度は大谷選手が力勝負でポール・スキーンズに勝ちました。

 これは見ごたえがありましたね。1打席目の三振をHRで返すというまさに無言のコミュニケーション。いい勝負でした。

(YOUTUBE) EVERY PITCH, EVERY AT-BAT! Paul Skenes. Shohei Ohtani.

 ポール・スキーンズは5イニングまで投じ、5回表に大谷選手との3度目の勝負が巡ってきて、黄丹選手が98.1mphの4シームをRFへシングルヒット。二人の対決は3−2ということになりました。

チャップマン、103mph

 ドジャースは5回以降、小刻みに1点ずと奪うも、さすがにゲームメイクに失敗した序盤の7失点を取り戻すことが出来ず、6-10のスコアでパイレーツに敗れました。

MLB Gameday: Dodgers 6, Pirates 10 Final Score (06/05/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 このゲームで7回表にアロルディス・チャップマンが登板。パイレーツは新旧豪腕リレーを披露しました。そのチャップマンはムーキーへは4シームが97mphだったにも関わらず、大谷選手に対してギアアップ。100.4mphのシンカー、92,1mphのスプリット、102.2mphのシンカー、そして103mphのシンカーで空振り三振を奪いました。しかもすべてインコースへの厳しいコース。どんだけ!という投球でしたね。最後の103mphは手元で曲がっていて、唸っていましたね!あれは大谷選手でも打てない。

ただし、その後、フリーマン、スミスに連打され1失点です。

ドジャース、連敗 

 前日のGm1でパイレーツ先発のジャレッド・ジョーンズに抑えられ、0-1で敗れたドジャース。タイラー・グラスノーに勝ちをつけることが出来ませんでした。

 放送でも99mph超えに弱いというデータを出されたドジャース打線ですが、そんな球速でないと抑えられないのか?ということの方がすごいです。

 Gm3のパイレーツ先発はベイリー・ファルター。2022年はフィリーズで投げていた左腕ですね。ここはなんとか勝って、次のブロンクスでのゲームに弾みをつけたいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました