スポンサーリンク

【MLB Pre2021】カービー・イェーツのエルボー・イシューが顕在化!ブルージェイズ、新たなクローザー・ロールを探す事態に

カービー・イェーツ、右前腕部屈筋腱のハリ

 FA移籍で今季からブルージェイズで投げることになっていたカービー・イェーツ(Kirby Yates)に深刻なエルボー・イシューが発覚したのが、現地2021年3月23日。

 痛めたのは右前腕部屈筋腱くっきんけんでそのハリが非常に深刻な状態のようです。通常、この部位に痛みがあれば、MRIを撮るとUCL(内側側副靭帯うちがわそくふくじんたい)の損傷が明らかとなり、トミージョン手術へと進む確率が高いです。

 一夜明けた現地24日、結論はまだ出ていませんが、トミージョン手術となれば、カービー・イェーツはレギュラー・シーズンでは、ブルージェイズのユニフォームに袖を通すことなく、シーズン終了ということに。

今スプリングトレーニングのERAは0.00だったが・・・

 カービー・イェーツの今スプリングトレーニングの成績は2試合で2.0イニングを投げ、被安打2、失点0、奪三振2でERAは0.00をマーク。新天地でいい滑り出しだったのですが、どうやらその2戦目の現地2021年3月20日(土)のフィリーズ戦で痛めた模様。

 週明けまで様子見をしていましたが、23日に上記の通りに明るみになりました。後述しますが、それでも2試合しか投げていなかったところに兆候が出ていたとも言えます。

1年契約ゆえ痛すぎる

 カービー・イェーツとブルージェイズは、現地2021年1月19日に1年$5.5M保証でサイン。トミージョン手術となれば、全休ということになりますから、ブルージェイズにとっても頭を抱える事態になります。

 上記、リンク記事にも記載していますが、ブルージェイズは2020年、クローザーのケン・ジャイルズをトミージョン手術で欠いたばかり。新クローザーにカービー・イェーツをというところでしたが、またしてもクローザーをトミージョン手術で失うことになりそうです。

2020年も肘痛を発症

 2019年に41SVでナ・リーグのセーブタイトルを獲得したカービー・イェーツでしたが、2020年にはすでに肘痛を発症しており、60試合のショートシーズンにおいても6試合、4.1イニングにしか登板していませんでした。ちなみに、2020年のERAは12.46。

ブレーブスは交渉のテーブルから降りた

 上記の契約時の記事では、ハッピーなお話しか書いていませんでしたが、実はカービー・イェーツがエルボー・イシューを抱えていたのは、すでに周知の事実でした。

 クローザー候補としてブレーブスも獲得に名乗りを上げていましたが、結局、ブレーブスはイェーツの肘に疑問をもったので交渉のテーブルから降りました。

 もちろんブルージェイズもエルボー・イシューを知った上での契約で、リスクを犯してでも、イェーツ獲得に踏み切ったのですが、このような事態に。

元阪神ドリスもクローザー候補

 この事態に、ブルージェイズは急遽、クローザー・ロールを探すことになりましたが、その候補として、27才の右腕のジョーダン・ロマーノ(Jordan Romano)、デービッド・フェルプス、元阪神のラファエル・ドリス、そしてイェーツと同様、新加入のタイラー・チャットウッドらの名前が上がっています。

TORはスプリンガー、レイも故障 

 ブルージェイズはジョージ・スプリンガーも腹斜筋を傷めて欠いており(Grade 2の症状)、またロビー・レイも打撲という状態。ただ、この2選手はそれほど深刻ではない模様。

 ほかに、パワフルなヤングアームのネイト・ピアソンも鼠径部痛で欠いており、ピアソンの場合は開幕から数週間は欠場が続く見込みで、怪我人が多いです。

イェーツはどう決断するか?  

 カービー・イェーツですが、現地3月25日に34才の誕生日を迎えます。ここでトミージョン手術となると、35才の半ばまで実戦から遠ざかることに。

 もし、トミージョン手術に踏み切ったなら、キャリア終焉も視野に入れることになるため、慎重に考えているようです。

 以上、お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました