【MLB2018】ブルージェイズ、R・グリチャックとC・グランダーソンの活躍でバーランダーを攻略

現地2018年6月25日はおもしろい展開となったゲームが何試合もあったのですが、パーフェクトに近い活躍をした人がいたという点で、アストロズVSブルージェイズ戦を取り上げたいと思います。

アストロズ先発はジャスティン・バーランダー。

前回登板の19日のレイズ戦では1失点ながら勝利投手になれず、悔しい結果となりました。2戦連続での勝利なしは避けたいところです。しかし、16試合に先発して未だにERAは1.06をキープしているという、この凄さ(このゲーム開始前まで)。

ブルージェイズにとって厄介な先発が相手となった訳ですが、初回からバーランダーを攻めました!

1回表、ブルージェイズはヒットと四球でランナーを貯めたところで、ジャスティン・スモークにタイムリーダブルが出て2点を先制!

幸先はよかったのですが、ブルージェイズ先発のJ・A・ハップもアストロズ打線に得点を与え、4回を終えて2−3とリードされてしまいます。

ここからなのですが、この日の主役の二人が活躍します。

まずは、カーティス・グランダーソン。

5回表に同点となるソロHRを放ち、7回表に回ってきた直後の打席でも2打席連続となるソロHR!

ブルージェイズが4−3と逆転します。効果的な2発でした。

もうひとりの主役がランダール・グリチャック。

8回表、追加点となる2ランHRを放ち6−3とリードを広げる活躍を見せます。このHRは大きかったですね。

打率.194と1割台の選手とは思えない打球でした。

グリチャックはたまにこういう効果的な一発を放つんですね。あなどれないです。今季はこれが9号です。もう少し確実性があればいいんですけどね。

そのグリチャックは9回の土壇場で素晴らしいプレーも見せたんです。しかも采配の妙もありました。

ブルージェイズはRFに入っていたグランダーソンがお役御免ということで9回裏の頭から守備を変更。スタメンでCFだったグリチャックをこのタイミングでRFに移動させていたんです。

9回裏のアストロズの攻撃ですが、まず先頭のトニー・ケンプが四球で出塁。次打者のジョシュ・レディックもシングルで続き、ノーアウト1・2塁。ランナーが二人たまり、一発で同点というシチュエーションでバッターはジョージ・スプリンガー。

そのジョージ・スプリンガーが放った当たりは、ライトフェンスを超えそうな飛球に。これで同点!と思った瞬間、ランダール・グリチャックがやってくれました!

ご覧ください。

見事なキャッチでしたね!グラブを構えていたファンも呆然です。

これでピッチャーも蘇りました。残る二人を三振に取り、ブルージェイズが見事、アストロズを6−3で下したゲームでした。

バーランダーは10勝目ならず、3敗目を喫しています。一方、ブルージェイズのJ・A・ハップは3失点でとどめ、10勝目を上げています。

ランダール・グリチャックの活躍が光ったゲームでした。

その他、この日の特筆として、レイズのブレイク・スネルがナショナルズ打線を手球に。7回

1ヒッター、10Kのピッチングを見せています!

ヤンキースのジョナタン・ロアイシガも好投。6回途中8Kです。

Amazon タイムセール

スポンサーリンク