スポンサーリンク

【MLB2023】ブルージェイズの100マイル右腕、ネイト・ピアソンはリリーバーとして稼働予定

ファイヤーボーラーがリリーフで復活

 ブルージェイズの豪腕、あるいはファイヤー・ボーラーと言えば、やはりネイト・ピアソン(Nate Pearson)ですね。

 豪腕ひしめくメジャーの投手の中でもホワイトソックスのマイケル・コペック同様に投手としての馬力の違いを感じさせる投手です。

 そのネイト・ピアソンが今季からどうやらリリーバーとしての道を歩み始めるようです!これは近隣のALイーストの各クラブとしては非常に厄介なことになります。

平均97.8 mph !

 ネイト・ピアソンの馬力ですが、2021年の4シームの平均ベロシティーは97.8mphを誇ります。前年の2020年のそれは96.3mphでしたから、さらにアップしていました。

 球種はスライダー、カーブ、チェンジアップ。スライダーが87.0mph、カーブが74.4mph、チェンジアップが83.3mph (いずれも2021年)で、ほとんどが4シームとスライダーですが、見ているだけで魅力満載の投手です。

怪我に泣かされた2022年

 このネイト・ピアソンは馬力のある投手にありながちな傾向で、怪我が多い投手でもあります。

まず単核球症を発症

 特に2022シーズンはメジャーでの登板機会はありませんでした。2022年のスプリングトレーニング後半に、ベースボール・アクティビティーとは直接関係のない、単核球症たんかくきゅうしょう(mononucleosis)を患い、60 Day IL入り。これが6月半ば過ぎまで続きました。

 単核球症とは、「伝染性」というのが前につくことが多く、EBウイルス(ヘルペスウイルスの一種で、エプスタイン・バール・ウイルスのこと)などに初感染することが原因で起こる、発熱やリンパ節の腫れなどの症状を起こす急性感染症のこと。喉やリンパ節がかなり痛むようです。通常は子供のうちに感染していることが多く、症状には出ないものの、大人になってからの初感染だとネイト・ピアソンのようにかかなりしんどい思いをするようです。

今度はLAT(広背筋)

 ようやくそれが癒えて6月半ばに実践復帰となり、トリプルAで登板するも、今度は右肩に違和感を覚えて投球を中止。診断の結果、右のLat(広背筋)を傷めたことが判明。広背筋は肩甲骨の下から腰にかけての大きな筋肉で、ここを使っていることは良い投球をしている証拠ではありますが、やはり投手がここを傷めてしまうのはかなり危険な箇所でもあります。これで約1ヶ月の投球禁止となり、スローイング・セッションを始めたのが7月後半のこと。

 実戦復帰は9月に入ってからのクラスAでの登板から始まり、9月5日にはトリプルAのバッファローに上がりました。

 バッファローでの成績は、単核球症が治ってからと広背筋からの復活も含めて、11試合、12.2イニングでERA 3.55。SO9はさすがの12.8 で、BB9は5.0。

ドミニカWLで開眼 

 広背筋痛からも開放されたネイト・ピアソンは2022年の投球不足を補うべく、2022年から2023年の年またぎでドミニカ・ウィンター・リーグに参加。

 ここでネイト・ピアソンは居場所を見つけたというくらいに素晴らしい結果を出しました。

 12試合、全てリリーフで12.0イニングを投げ、被安打が5、失点が1、自責点は0、奪三振16、BB4で、ERA0.00をマーク!SO9は12.0で、課題のコントロールはBB9を3.0に抑えました。  

 また、ドミニカ・ウィンター・リーグではラテン系の選手にも囲まれ、野球が楽しくなったそうです。

精神的にも開放され、この春に大きく飛躍しそう 

 2017年のブルージェイズ1巡目、全体28位でプロ入りしたネイト・ピアソンは、短縮シーズンの2020年にメジャー・デビュー。

 これまでは評価に応えなければというプレッシャーもあったようですがが、それも2021年にロスターの登録期間の関係でルーキー・ステータスを超え、もうプロスペクト扱いではなくなりました。

 先発投手としての日々も終わり、リリーフの面白さに気づいたようです。

 試合が拮抗しているときだけ登板し、拮抗していないときは登板せず。そのプレッシャーと観客の反応を感じるだけでも楽しかったとのこと。

 非常に新鮮な気持ちで挑む2023シーズンは、ネイト・ピアソンが大きく飛躍する年になるかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました