スポンサーリンク

【MLB 2020】ブルージェイズ、ホームゲームをNY州バッファローで行なうかも→追記:バッファローに決定→そのオープニング

カナダ当局の厳しい規制

 現地2020年7月12日、トロント・ブルージェイズは自軍傘下のトリプルA、バッファロー・バイソンズと球場使用について合意。2020シーズンにホーム・スタジアムとして使用できるオプションを得ました。

トロントでのRS開催の承認を得られていない

 というのも、ブルージェイズは現地2020年7月12日時点でカナダの保健当局からレギュラーシーズン開催の承認を未だ得られておらず、なおかつ選手達は今、非常に厳しい規制を課せられています。

選手は缶詰状態

 ブルージェイズはサマー・キャンプを本来のホーム・スタジアムであるカナダ・オンタリオ州、トロントのロジャース・センターで実施していますが、選手は隣接しているマリオット・ホテルとスタジアムから出ることが出来ません。

 球場、もしくはホテル外に出たことを見られた場合、75万ドルもの罰金と収監が課せられると通知されているほどの厳しさ!まさに缶詰状態となっています。

 カナダの保健当局は新型コロナウィルスへの規制を緩めていないのです。

沈静化しつつあるが

 オンタリオ州保健大臣の地位にあるクリスティン・エリオット氏の情報によれば、オンタリオ州の新規感染者は現地2020年7月12日時点で116名とツイート。この数字は10日(金)時点と同じ数字で4月初旬以来の低い感染率に収まってはきている模様。

 しかし、現地2020年7月12日時点でメジャー・プロ・スポーツの開催というところにまで至っていないというのが現状。

 このままなら、トロントでのゲームの開催は厳しいという状況なのです。

頼みのフロリダはアウトブレイク 

 カナダ当局からのプロスポーツイベントの許可はずっと出ていなかったので、ブルージェイズはこれまでも他の方法を検討していました。その一つがスプリングトレーニングの開催地のフロリダ州ダニーデンでしたが、6月20日ごろから始まったフロリダでのアウトブレイクにより、この可能性はクローズ。

 悩ましいところで、トリプルA、バイソンズのホーム、バッファローにスポットを当て、とりあえずゲームを開催する土台をようやく構築出来たという状況です。

サーレン・フィールドは立派な施設

 ブルージェイズが2020シーズンのホームフィールドとして使用する可能性のあるサーレン・フィールドは、マイナーのスタジアムとしては規模が大きいです。

 当分は無観客ですが、観客は16,600人を収容可能。

 フィールドは両翼99m、CF123m。

 施設としてはメジャーリーグ・クオリティーと言っていいでしょう。

 1988年オープンで、30年以上経過している施設ですが、約10年ごとにネーミング・ライツでその名を変えてきました。また、その度に施設をマイナー・チェンジをしており、美しさを保っています。

 現在のサーレンとは、お肉料理を提供する食品会社のことで、サーレン・パッキング株式会社(SAHLEN PACKING CO., INC.)のこと。2018年10月にバイソンズと10年のネーミングライツで合意。2019シーズンからこの名前になっています。

2020スケジュール

 60シーズンスケジュールが発表された段階では、オープン戦なしでシーズン突入となっていたブルージェイズでしたが、その後、21日と22日にボストンでレッドソックスとエキシビジョン・ゲームを行なうこととなりました。

 24日からの開幕戦はレイズとトロピカーナ・フィールドで対戦。ホーム・オープナーは29日のナショナルズ戦からという日程になっていました。

 ここでどこのスタジアムを使うかは現地2020年7月12日時点では未定。おそらく、カナダはまだ規制が緩まないことを考えると8月いっぱいはバッファローでのホーム・ゲームということになるかもしれません。

 今しばらく、状況を見守りたいと思います。

追記:NO CANADA

 現地2020年7月18日、カナダのイミグレーション大臣のマルコ・メンデシーノ(Marco Mendicino)氏はカナダ連邦政府はブルージェイズがロジャース・センターをホーム・スタジアムとして使用することを拒絶。

 ブルージェイズは29日からのナショナルズとのホーム・オープナーをトロント以外で行なうことを決定せざるを得なくなりました。そうなった場合、当記事の通り、ニューヨーク州バッファローのトリプルA・バイソンズのホーム、サーレン・フィールドの選択肢しかなくなりました。

 ブルージェイズはまだ公式発表しておりませんが、数日中に発表となる見通しです。

追記1:バッファローに決定

 現地2020年7月24日、PNCなどの有力情報もありましたが、ソーシャル・ディスタンスをキープする手段をなんとか確保できる見込みが立ったことから、ブルージェイズは、2020年のホームスタジアムをバッファローで行なうことが決まりました。

 

ナショナルズとは当初、27日、28日にロード・ゲーム、29日、30日はトロントでホームという設定でしたが、変更後は4試合ともナショナルズ・パークで行い、後半2試合は形だけブルージェイズがHomeとして行なうことになりました。ただ、ベンチなどは動かさず、ユニフォームはHome用に変えて行なうと見られています。

したがってバッファローでは7月31日と8月1日のフィリーズ戦が最初ということになりそうです。バッファローは絶賛準備中です。

引用は当ブログ下記記事より

 追記2:ホーム・オープン

 現地2020年8月11日、ブルージェイズはようやくホームでの開催にこぎつけました。トリプルAのサーレン・フィールドを今回のCOVID-19 仕様にするべく突貫工事を敢行。ご覧の通りの2020MLB仕様のスタジアムにマイナーチェンジしました。

 そしてマーリンズとのホーム・オープナーに5-4で勝利しています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました