スポンサーリンク

【MLB 2023】ブルージェイズ、ボー・ビシェットと3年の延長契約に合意へ

TOR、攻撃力抜群のSSを囲い込み

 現地2023年2月7日、スプリング・トレーニングまであと1週間ほどに迫ってきました!

 個人的には全地区の移籍まとめが終わっておらず、早くしなければと思いつつも、仕事がなかなか大変で思うように更新出来ておりません。遅れてすみません!

 さて、そんな最中、トロント・ブルージェイズが打撃力急上昇で、長短打いずれもOKのチームの中核、ボー・ビシェット( Bo Bichette )と延長合意に至りました!

調停期間を買取り!

 契約延長期間は3年。金額は詳細が分かり次第、更新します。

7.5Mドル vs 5Mドル

 2019年7月29日に21才でMLBデビューを果たしたボー・ビシェットは、2022シーズンの夏の間にMLS 3.000(3年)を突破。調停資格を取得。このオフは調停のファースト・イヤーとなっていました。

 調停資格を得ると、毎年1月半ばを期限にクラブ側と選手がそのシーズンのサラリーを提出します。2023年の場合は、1月13日がそのデッドラインで、それまでに双方ともに支払われるべきであると考えるサラリーをファイル。 ただ、調停資格の選手の大多数は、この提出期限前に契約に同意します。「調停を避けて」というのがそれです。

 今回のボー・ビシェットの場合、開きが大きく、「調停を避けて」ということにはなりませんでした。

 ビシェットが考えた額は、$7.5M。一方のブルージェイズが考えた額は$5M。$2.5Mもの開きがあったのです。

 ところが、今回はブルージェイズがビシェットの$7.5Mよりも多い額で上書きする形となったため、調停委員会のヒアリングは無くなり、つまりは結果的に「調停を避けて」ディール成立となった模様です。

ゲレロ・Jr.は14.5Mドル 

 なお、チームメイトのヴラディーミル・ゲレロ・Jr.はすでに調停を避けてサイン済みで、2023年1月13日に1年/$14.5M(2023)でサインしています。

 ゲレロ・Jr.との差がかなり開いているように見えますが、ゲレロ・Jr.は今回が調停資格のセカンド・イヤー。2021年オフのファースト・イヤーでは、$7.9M(2022)でサイン。ビシェットが望んでいた額よりは高いものの、似たような金額です。

 もっとも、ゲレロ・Jr.の場合、2021年は大谷選手とMVP争いを演じ、48HR、111 RBI、123 Runを上げましたから、ビシェットとしてもそれより低くなっても納得はできるでしょう。

FAを遅らせることができるか?

 ボー・ビシェットの誕生日は、1998年3月5日。2023年の開幕時には25才になっています。現時点でMLSは3.063ですから、2025シーズン終了後にFA資格を得る予定になっていました。

ビシェット側が4年以上を断ったか? 

 今回の3年の契約延長はいわば、調停期間をフルに買い取ることを意味しますが、文字通りの3年ならFAを遅らせることにならず、果たして効果はどうなのか?とも思います。

 ブルージェイズとすれば、たとえ調停で敗れたとしても、このままFAまで1年ずつ積み上げて行った方が支払額からしてもお得だったはず。買い取るならFAイヤーをまたいで、4年以上にしてコントロール下の期間を延ばさないと意味が薄れてしまうように思います。

 これは部外者の筆者ですら気づくことですから、当然のことながら、フロント・オフィスもわかっていたことでしょう。しかし、それが叶わなかったというのは、ビシェット側が「4年以上」を断ったからではないでしょうか?(憶測です)

 2025年終了後にFA資格を得るビシェットは、2026年は28才のシーズン。この年齢でFAになるのはかなり理想的で、30才手前の肉体で、しかも経験値も豊富。つまりは選手としてのピークを迎えた状態でFAになるのですから、FA市場に出れば、10年/$300M以上のメガディールは必至。

 あくまで筆者の妄想ですが、ビシェット側はそれを考慮に入れているがゆえに、4年以上を断ったのかもしれませんね。

 なお、ブルージェイズはビシェットの延長契約で、今オフの調停資格の選手との交渉は終了しました。

直近2年の打撃がすごい!

 2019年後半にデビューしたビシェットは、メジャー1年目にして46試合に出場し、打率.311、OBP .358、SLG .571、11 HR、21 RBIをマーク。かなり良いスタートを切りました。

 60試合の短縮シーズンとなった2020年は、29試合の出場にとどまり、打率.301、OBP .328、SLG .512、HR 5、RBI 23。

 メジャーでのフルシーズンとなった2021年から、ビシェットの打撃は凄みを増します。

 2021年は159試合に出場し、シーズン191安打を達成。右打者でこの安打数です!打率.298、OBP .343、SLG .484でHRは29本。RBIは102で、おまけに盗塁は25を数えました。OPS+は121。

 2022年も159試合に出場。シーズン189安打をマークし、打率.290、OBP .333、SLG .469、HR 24、RBI 93、盗塁 13でOPS+は127。

【YOUTUBE】Bo Bichette sets Blue Jays record with 48 hits in September!

 激しいSSを任されつつも、この数字です。2023年は$7.5Mのサラリーを希望していましたが、安すぎると感じるくらいの活躍です。

 ちなみに2021年と2022年の安打数はいずれもALでトップ。AL MVP投票では2年連続で上位12位以内に入りました。

ゲレロJr.、マノアとも

 ブルージェイズは、上述のヴラディーミル・ゲレロ・Jr、右腕のアレク・マノアとも延長契約を結ぶ可能性が大。

 未来のブルージェイズにどれだけ残るのか、という視点で見るのも興味深いです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました