スポンサーリンク

【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)

101mphのパワー右腕が復活なるか!?

 現地2022年1月13日、カンザスシティ・ロイヤルズがマイナー契約を成立させました。

 契約したのは、元ブレーブスのブルペンで何度もゲームフィニッシュも担った右腕、アローディス・ビスカイーノ(Arodys Vizcaíno)。パワー右腕です。

MLB昇格で条件アップも

 ロイヤルズとアローディス・ビスカイーノの契約はマイナーディールですが、MLBに昇格すればサラリーは$1M、追加で$0.5Mのパフォーマンス・ボーナスが支払われるという内容で合意。

 アローディス・ビスカイーノのFAマーケットでのポジショニングは微妙なところで、ひょっとしたらメジャー・ディールもあり得る投手でしたが、現在はロックアウト中ゆえ、ディール成立を優先させたというようなところかと思います。

アローディス・ビスカイーノとは

 アローディス・ビスカイーノは1990年11月13日生まれで、現時点で31才(もうオーバー30だったとは!)。

 もともとヤンキースで、2007年アマチュアFAとしてヤンキースとサイン。16才の時です。2008-2009とヤンキースのマイナーで過ごしていましたが、2009年12月、ヤンキースがリリーバー右腕のブーン・ローガンとスターター右腕のハビアー・バスケスを獲得したトレードでブレーブスに移籍。このとき、OFのメルキー・カブレラ、右腕のマイク・ダンも一緒にブレーブスへ。

ファストボールを武器に20才でデビュー

 マイナーではスターターとして2010年はクラスAで9勝。とびきりのファストボールが武器でこれが注目されました。

 2011年にはトントン拍子にクラスAアドバンスドからスタートし、ダブルA、トリプルAと昇格。3つのレベルで5勝5敗、ERA3.06、トリプルAではERA 1.29をマーク。このままメジャーに昇格しました。デビューは20才の時です。

 1年目の2011年は8月10日デビューして以来、17試合に登板。1勝1敗、ERA 4.67。さあ、2年目から精度を上げるぞという時にトラブルが発生

2012年にトミージョン手術

 2011年の登板で負荷がかかったのと、あまりにも強いボールを投げすぎたことが原因で2012年にトミージョン手術に。これで2012年は全休。 

2012年にカブスへ

 トミージョン手術のリハビリ中の2012年7月のトレードデッドラインでカブスへ移籍。ブレーブスがリード・ジョンソンを獲得したトレードです。

 カブスは豪腕を慎重に扱い、2013年はマイナーでも投げさせませんでした。よって、丸2年をリハビリに費やしたことに。

 2014年にメジャーに復帰。カブスでは5試合、5.0イニングを投じました。

2014年オフにブレーブスに再加入

 2014年オフにトレードでブレーブスに再加入。このトレードでカブスはブレーブスからトミー・ラ・ステラを獲得したのでした。

 ブレーブスでは2015年から2019年まで5シーズンでリリーバーとして184試合に登板。172イニングを投げ、12勝11敗、ERA 2.77をマーク。計50セーブをマーク。SO9は10.3。

 アベレージで97mphをマークするファストボールは魅力でした。

 ちなみにこの期間の2015年にステロイド陽性で80試合のサスペンションを課されています。まあ、ちょっと焦ってしまったのでしょうね。でも、だめですね。 

 2019年オフにFAに。2020シーズンはどこともサインせず、2020年11月にメッツとサイン。2021年はトリプルAで7イニングを投げましたが、メッツからリリースされていました。

 2019年に96mph以上を記録した4シームのアベレージがどこまで復活するか。この2年は肩肘は休められましたから、このスプリングトレーニングが復帰への鍵となりそうです。

 もう豪腕ではないかもしれませんが、楽しみな投手ではあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました