スポンサーリンク

【MLB2022】ギャレット・クロシェが、UCLにダメージ!トミー・ジョン手術の可能性大(追記あり)

22才の豪腕クロシェがシーズンエンディングの危機

 現地2022年4月1日、ホワイトソックスのブルペンのキーマン的な役割を期待されている左腕のギャレット・クロシェがトミージョン手術の可能性があることをGMのリック・ハーンが記者に明らかにしました。

Garrett Crochet Stats | Baseball-Reference.com
2021: 3-5, 2.82 ERA, 65 SO,Career: 3-5, 2.54 ERA, 73 SO, P, WhiteSox 2020-2021, t:L, born in MS 1999

 この話はホワイトソックスがドジャースからOFのAJ・ポロックを獲得し、トレードでブルペンのクレイグ・キンブレルを出したことが発表された直後でした。

カクタス・リーグで途中降板 

 ギャレット・クロシェは現地2022年3月31日行われたカクタス・リーグのレッズ戦で、6番手として8回裏に登板。セバスチャン・アルモンテを空振り三振に仕留めたまではよかったのですが、直後、クラブのトレーナーに付き添われ、緊急降板していました。

UCLにダメージ 

 そして、MRIが明らかにしたところによれば、左肘のUCL(Ulnar Collateral Ligament )、 尺骨側副靭帯しゃっこつそくふくじんたいにダメージがあることが明らかになりました。 UCLに関しては下記記事をご参照ください。

 ダメージという表現なので、完全断裂までは行ってないということかと思います(これは筆者の推測)。

セカンド・オピニオンへ

 もし完全断裂なら即トミージョン手術という判断になると思いますが、損傷ということでしょうから、まだトミージョン手術が決定した訳ではありません。セカンド・オピニオンを聞いてからの判断になります。

追記:トミージョン手術へ

 現地2022年4月2日、ギャレット・クロシェはトミージョン手術を受けることを決断しました。

もしトミージョン手術なら

 もし、トミージョン手術が行われたなら、2022シーズンは終了。手術から復帰までリリーバーなら早めの復帰で13ヶ月、しっかりと様子を見るならやはり15ヶ月から18ヶ月くらいはかかるでしょうから、2023年の早い段階まではサイドラインに退くという形になります。

ホワイトソックスのブルペン

 ホワイトソックスのブルペンですが、クローザーはリアム・ヘンドリクス、さらに、今オフはアストロズからFAとなったケンダール・グレイブマンを獲得。ドジャースからFAとなっていたジョー・ケリーも獲得していますが、ケリーは上腕二頭筋を傷めたことで調整が2−3週間遅れているので、シーズン開始直後はブルペンに控えることができません。

 同じ左腕のアーロン・バマーにかかる期待が大きくなりそうです。本来であれば、左のブルペンにバマーとクロシェがいれば、相当手厚いブルペンではあったのですが、ホワイトソックスはクロシェが離脱した後の穴をどうするのか、注目です。

衝撃のデビュー

 ギャレット・クロシェは、デビュー時はかなりの衝撃を与えてくれましたね。

 現地2020年6月10日に行われたドラフトで指名された投手が約2ヶ月後にデビューしたのがそもそも驚きでした。

 さらに、100mphを連発。驚きましたね。詳細は下記の記事をご参照いただければ、幸いです。

 こちらは2020年のデビュー・イヤーの映像です。

2021年のクロシェ

 2021年のクロシェは、54試合、54.1イニングに登板。このイニング数で奪三振は65。3勝5敗でセーブはありません。ERAは2.82。SO9は10.8、BBはやや多くて、BB9は4.5となりました。

 被安打は43で、失点は22、自責点は17。実はH9が7.0とちょこちょこと安打は許しておりました。対戦打者の成績は、打率.213、OBP .308、SLG .289、BAbipは.303。

 なお、ポストシーズンではアストロズとのALDSで3試合に登板。被安打5、BB1を許しただけで、スコアレス投球を見せ、ERAは0.00でした。

 2021年のベロシティーは、4シームのアベレージが96.7mph、スライダーが85.2mph、チェンジアップが91.8mphでした。速いですね!!

 とにかく、クロシェにとって最適な判断が下されることを祈るばかりです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました