スポンサーリンク

【MLB INJURY】エンゼルス期待の右腕、クリス・ロドリゲスが2022シーズンの大半を離脱する見込み

【エンゼルス】痛すぎるプロスペクト右腕の怪我

 現地2021年11月8日のこととなりますが、エンゼルスの期待の右腕、クリス・ロドリゲスが2022シーズンの大半を欠場することが明らかになりました。

 これはエンゼルスのGM、ペリー・ミネイジアンが記者に明かした情報。

右肩関節包の修復手術

 クリス・ロドリゲスが傷めているのは、右肩関節包。カプセルと呼ばれる箇所で右腕と右肩がはまる箇所。ここにクッション材のような役割をしているのが関節包なのですが、そこを傷めた模様。いわゆる野球肩です。

右肩後背筋痛から 

 クリス・ロドリゲスはせっかくのメジャー・デビューを果たすも、約4ヶ月ほどでILに入りました。2021年8月に右肩広背筋痛に悩まされていたのですが、傷めた箇所が右肩関節包であることがようやくはっきりし、つい最近その修復手術を受けたとのことです。

 これによりクリス・ロドリゲスは2022シーズンの大半をリハビリも含めた右肩の治療にあてることになりました。

期待の右腕は怪我が多い

 ちょうど約1年前、エンゼルスはルール5ドラフトに向けたマイナー・リーガーのロスター調整でクリス・ロドリゲスをプロテクトしました。そうしなければ、ルール5ドラフトにかけねばならず、他クラブへ流出してしまう恐れがあったからです。

 2020シーズンはマイナーリーグがキャンセルとなったため、クリス・ロドリゲスは公式戦で投げていませんでしたが、それまでも2018年から2019年にかけて3度しかマウンドに立っていませんでした。この時はバック・イシュー(腰痛)でした。

2021シーズン 

 ようやくデビューとなった2021シーズンは開幕からロスター入り。4月2日デビューを飾り、その後は調子よくリリーフとして最低でも中2日を空けて登板していましたが、5月に一度離脱。

 約1ヶ月後に再度メジャーのマウンドに上がるも上記の通り、8月に右の広背筋痛を患い、IL入りに。

 よって、2021シーズンは15試合、2スタートで29.2イニングに登板。2勝1敗、ERA 3.64。奪三振は29。

 96mph近くを計測するパワーシンカーはバッターにとって非常にやっかいで、エンゼルスの将来を担う投手として大いに期待されてきました。

 この右肩が治ってからが勝負ですが、故障がちな面をなんとか変えることが出来ないだろうか?とも思います。逸材だけになんとか花開いてもらいたいですね。

 2022年は大谷選手とともに、ローテーションの一角に入るかと思われていたのですが、ちょっと残念です。まずはしっかりと肩のケアをしてもらいたいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました