スポンサーリンク

【MLB2022】ネスター・コルテスが今季初のイマキュレート・イニングを達成するも、オリオールズが終盤に粘り勝ち

2022 イマキュレート・イニング第1号

 現地2022年4月17日、ヤンキース@オリオールズ戦で素晴らしい記録が生まれました。ヤンキースのローテーション左腕のネスター・コルテスが1イニング9球、三者連続三振のイマキュレート・イニングを達成です。

Nestor Cortes Stats | Baseball-Reference.com
2022: 0-0, 0 ERA (1st), 17 SO (1st),Career: 7-5, 4.42 ERA, 200 SO, P, Yankees/Mariners/... 2018-2022, t:L, 1x SO Leader, born in Cuba 1994, Hialeah Kid

 ゲームの流れ上、ノーヒッターの時のような喜びもなく、実にあっさりしておめでとうの祝福も特別ないのがイマキュレート・イニングなので、一応、ここで祝福させていただきたいと思います。おめでとうございます!

 ネスター・コルテスと言えば、このシーンですね。これで思い出す人も多いと思います。

しびれる投球

 現地2022年4月13日にクレイトン・カーショウが7イニングをパーフェクトに抑える投球でマウンドを降りたケースがありました。

 この時の投球は遅いボールをうまく使い、80mph後半のファストボールをいかに速く見せるか?というスタイル。今季のカーショウはこのスタイルで行くと思われ、まさに芸術的な投球でした。ひょっとしたら、夏にはもう少しベロシティーは上がるかもしれません。

 この日のネスター・コルテスも同じで、ファストボールは決して速くなく、4シームのほとんどは90mph前後で、投球の大半は80mph後半のカットボール。そして70mph台のスライダーがエッセンスをまぶすという投球で、遅いボールをむしろ武器にさえしてしまう投球スタイルは味があります。

4イニング目にイマキュレート・イニングを達成

 立ち上がりにややもたついた感のあったネスター・コルテスでしたが、それ以降はオリオールズ打線を翻弄しました。

 4回裏、アンソニー・サンタンダー、ライアン・マッケナそしてロビンソン・チリノスへ続く4番、5番、6番の中軸を相手に、3者連続3球三振のイマキュレート・イニングを達成。

 マッケナの時はこの日最速の91.9mphをマークしましたが、86mphほどのカット・ボールと76mphほどのスライダーも交え、実にうまい投球を見せてくれました。

 半速球は苦労するという見本のような投球でもありました。

5イニングで12奪三振

 この日のコルテスは、特別に素晴らしく、5イニングで88球を投げ、奪った三振がなんと12個!イマキュレート・イニングとなった4回裏だけでなく、2回裏も三者三振に斬って取る投球を披露しました。

 5イニングで被安打3、与四球1。そして3回表の2アウト目から5イニングを投げきるまで8者連続でアウトに取る投球で良いゲームメイクを行いました。

オリオールズが5-0で勝利

 先発がこれだけの素晴らしい投球を披露したので、ヤンキースが流れを持って行ったかと思われましたが、それをとどめたのは、オリオールズ先発のブルース・ジマーマンで、彼もコルテスに負けず、5イニングで被安打4、無失点、奪三振6という投球を披露。流れを渡さなかったのです。

オリオールズは2番手以降はヒットレス投球

 思い起こせば2019シーズン、オリオールズはヤンキースに完膚なきまでに、こてんぱんに打たれました。その惨状は下記のリンクの詳細を記載しております。

 あれから2年を経過し、このゲームにおいてオリオールズは出てくる投手がすべて良い結果を出し、先発のブルース・ジマーマンが与えた被安打4がそのままこのゲームの被安打に。つまり、2番手以降はヒットレス・リレーを見せたのでした。

  • フェリックス・バウティスタ/RHP: 6回表の1イニングをBB1のみ
  • ディロン・テート/ RHP: 7回表の1イニングをパーフェクト
  • ホルヘ・ロベス/ RHP: 8回表、9回表の2イニングをパーフェクト

 このリレーは本当に素晴らしかったです。

8回2アウトからオドアーが決勝打

 ブルペンが作ったこの素晴らしい流れに打線も応えました。

 8回裏、ノーアウト・ランナー1、2塁のチャンスもヤンキースの速球派ブルペンであるジョナサン・ロアイシガに2アウトを奪われ、チャンスを潰したかのように思われました。

 しかし、ここから粘りを見せ、ロビンソン・チリノスが10球をかけて四球をゲット。これが活きましたね。2アウトながら満塁に。

 ここで代打で登場したのが、元レンジャーズで昨年はヤンキースでプレーしたルーグネッド・オドーア。オドーアは真ん中高めのシンカーをCF前に弾き返し、2人を迎え入れて待望の先制点(2-0)。

ヤンキースはロアイシガに代えて、ルーカス・リットキーを投入するも、オリオールズはケルビン・ギターレス、ホルヘ・マテオが連続タイムリー長短打で3点を追加。

 2アウトから5得点を奪うという離れ業を見せ、このリードをロペスが守りきり、5-0で勝利。

 オリオールズはGame1においても延長11回に、チャップマンからサヨナラ四球をもぎ取り、2-1で勝利しており、シリーズ勝ち越しを決めました。

 オリオールズにとって、非常に内容の濃いゲームとなりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

歴代イマキュレート・イニング達成者

#NameNameClubDate
106ネスター・コルテスNester CortesヤンキースApr 17, 2022
105マックス・シャーザー(3)Max Scherzer(3)ドジャースSep 12, 2021
104クリス・セール(3)Chris Sale (3)レッドソックスAug 26, 2021
103チャド・グリーンChad GreenヤンキースJul 4, 2021
102マイケル・キングMichael KingヤンキースJun 4, 2021
101カイル・フィネガンKyle FinneganナショナルズMay 5, 2021
100ザック・プリサックZach PlesacインディアンスSep 18, 2020
99ウィル・ハリスWill HarrisアストロズSep 27, 2019
98クリス・マーチンChris MartinブレーブスSep 11, 2019
97ケビン・ゴーズマン(2)Kevin Gausman (2)レッズAug 18, 2019
96スティーブン・ストラスバーグStephen StrasburgナショナルズJul 3, 2019
95クリス・セール(2)Chris Sale (2)レッドソックスJun 5, 2019
94クリス・セールChris SaleレッドソックスMay 8, 2019
93トーマス・パノーンThomas PannoneブルージェイズApr 14, 2019
92ジョシュ・ヘイダーJosh HaderブルワーズMar 30, 2019
91ザック・ロスカップZac RosscupドジャースAug 19, 2018
90ヘルマン・マルケスGermán MárquezロッキーズAug 8, 2018
89マックス・シャーザー(2)Max Scherzer (2)ナショナルズJun 5, 2018
88ケビン・ゴーズマンKevin GausmanオリオールズApr 23, 2018
87リック・ポーセロRick PorcelloレッドソックスAug 9, 2017
86ホセ・アルバラードJosé AlvaradoレイズAug 4, 2017
85デリン・ベタンセスDellin BetancesヤンキースAug 2, 2017
84カルロス・カラスコCarlos CarrascoインディアンスJul 7, 2017
83ケンリー・ジャンセンKenley JansenドジャースMay 18, 2017
82マックス・シャーザーMax ScherzerナショナルズMay 14, 2017
81クレイグ・キンブレルCraig KimbrelレッドソックスMay 11, 2017
80ドリュー・ストーレンDrew StorenレッズApr 18, 2017
79フアン・二カシオJuan NicasioパイレーツJul 4, 2016
78サンティアゴ・カシーヤSantiago CasillaジャイアンツMay 17, 2015
77マイク・ファイヤーズMike FiersブルワーズMay 7, 2015
76ブランドン・マッカーシーBrandon McCarthyヤンキースSep 17, 2014
75カルロス・コントレラスCarlos ContrerasレッズJul 11, 2014
74レックス・ブラザーズRex BrothersロッキーズJun 14, 2014
73ギャレット・リチャーズGarrett RichardsエンゼルスJun 4, 2014
72ジャスティン・マスターソンJustin MastersonインディアンスJun 2, 2014
71コール・ハメルズCole HamelsフィリーズMay 17, 2014
70ブラッド・ボックスバーガーBrad BoxbergerレイズMay 8, 2014
69スティーブ・デラバーSteve DelabarブルージェイズJul 30, 2013
68イバン・ノバIván NovaヤンキースMay 29, 2013
67ウェイド・マイリーWade MileyDバックスOctober 1, 2012
66クレイ・バックホルツClay BuchholzレッドソックスAug 16, 2012
65フアン・ペレスJuan PérezフィリーズJul 8, 2011
64ジョーダン・ジマーマンJordan ZimmermannナショナルズMay 6, 2011
63ラファエル・ソリアーノRafael SorianoレイズAug 23, 2010
62ロス・オーレンドルフRoss OhlendorfパイレーツSep 5, 2009
61A.J. バーネットA. J. BurnettヤンキースJun 20, 2009
60フェリックス・ヘルナンデスFélix HernándezマリナーズJun 17, 2008
59リッチ・ハーデンRich HardenアスレチックスJun 8, 2008
58バディ・カーライルBuddy CarlyleブレーブスJul 6, 2007
57リック・ヘリングRick HellingブルワーズJun 20, 2006
56ラトロイ・ホーキンスLaTroy HawkinsカブスSep 11, 2004
55ベン・シーツBen SheetsブルワーズJun 13, 2004
54ブランドン・バックBrandon BackeアストロズApr 15, 2004
53ブライアン・ローレンスBrian LawrenceパドレスJun 12, 2002
52ペドロ・マルチネスPedro MartínezレッドソックスMay 18, 2002
51キム・ビョンヒョンByung-Hyun KimDバックスMay 11, 2002
50ジェイソン・イズリングハウゼンJason IsringhausenカージナルスApr 13, 2002
49ランディー・ジョンソン(2)Randy Johnson (2)DバックスAug 23, 2001
48B.J. ライアンB. J. RyanオリオールズSep 5, 1999
47シェーン・レイノルズShane ReynoldsアストロズJul 15, 1999
46ヘスス・サンチェスJesús SánchezマーリンズSep 13, 1998
45ランディ・ジョンソンRandy JohnsonアストロズSep 2, 1998
44オーレル・ハーシュハイザーOrel HershiserジャイアンツJun 16, 1998
43マイク・ムッシーナMike MussinaオリオールズMay 9, 1998
42ジミー・ケイJimmy KeyオリオールズApr 14, 1998
41ダグ・ジョーンズDoug JonesブルワーズSep 23, 1997
40マイク・マグナンテMike MagnanteアストロズAug 22, 1997
39トッド・ウォーレルTodd WorrellドジャースAug 13, 1995
38スタン・ベリンダStan BelindaロイヤルズAug 6, 1994
37メル・ロハスMel RojasエクスポスMay 11, 1994
36トレバー・ウィルソンTrevor WilsonジャイアンツJun 7, 1992
35ピート・ハーニッシュPete HarnischアストロズSep 6, 1991
34デービッド・コーンDavid ConeメッツAug 30, 1991
33アンディ・アシュビーAndy AshbyフィリーズJun 15, 1991
32ジェフ・モンゴメリーJeff MontgomeryロイヤルズApr 29, 1990
31ロブ・ディブルRob DibbleレッズJun 4, 1989
30ジェフ・ロビンソンJeff RobinsonパイレーツSep 7, 1987
29ダニー・ジャクソンDanny JacksonロイヤルズOct 24, 1985
28ロン・ギドリーRon GuidryヤンキースAug 7, 1984
27ジョーイ・マクラフリンJoey McLaughlinブレーブスSep 11, 1979
26リン・マグラサンLynn McGlothenカブスAug 25, 1979
25ペドロ・ボルボンPedro BorbónレッズJun 23, 1979
24ブルース・スーターBruce SutterカブスSep 8, 1977
23ノーラン・ライアン(2)Nolan Ryan (2)エンゼルスJul 9, 1972
22ミルト・パパスMilt PappasカブスSep 24, 1971
21ジョン・ストロマイヤーJohn StrohmayerエクスポスJul 10, 1971
20ビル・ウィルソンBill WilsonフィリーズJul 6, 1971
19ボブ・ギブソンBob GibsonカージナルスMay 12, 1969
18ノーラン・ライアンNolan RyanメッツApr 19, 1968
17アル・ダウニングAl DowningヤンキースAug 11, 1967
16ボブ・ブルースBob Bruceコルト45’sApr 19, 1964
15サンディー・コーファックス(3)Sandy Koufax (3)ドジャースApr 18, 1964
14トニー・クロニンガーTony CloningerブレーブスJun 15, 1963
13サンディー・コーファックス(2)Sandy Koufax (2)ドジャースApr 19, 1963
12サンディー・コーファックスSandy KoufaxドジャースJun 30, 1962
11ジム・バニングJim BunningタイガースAug 2, 1959
10ロビン・ロバーツRobin RobertsフィリーズApr 17, 1956
9ビリー・ホーフトBilly HoeftタイガースSep 7, 1953
8レフティ・グローブ(2)Lefty Grove (2)P・アスレSep 27, 1928
7レフティ・グローブLefty GroveP・アスレAug 23, 1928
6ダジー・ヴァンスDazzy VanceBR・ロビンスSep 14, 1924
5スローピー・サーストンSloppy ThurstonホワイトソックスAug 22, 1923
4ジョー・オシュガーJoe OeschgerBO・ブレーブスSep 8, 1921
3パット・ラガンPat RaganBR・ドジャースOct 5, 1914
2ルーブ・ワッデルRube WaddellP・アスレJul 1, 1902
1ジョン・クラークソンJohn ClarksonBO・ビーンJun 4, 1889

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました