スポンサーリンク

【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!

ABSとはAutomated Ball/Strike System

 現地2022年1月21日、マイナー・リーグでの新しい試みが発表されました。2022年、マイナー・リーグのトリプルAレベルで、ロボアンパイアが導入されることになりました。

 このロボアンパイアは、2022年になってABSという呼び方をされるようになりました。ABSとはAutomated Ball/Strike System(オートメイティッド・ボール/ストライク システム)の略です。

アトランティック・リーグで検証済み  

 このロボ・アンパイアことABSは、2019年初めにアトランティックリーグで導入されました。MLBとアトランティック・リーグは2019シーズン前に提携。ABS(ロボアンパイア)を皮切りに様々な試行を実施しました。将来のルール変更に見越しての実験ですね。

2019年のアトランティック・リーグは通信速度のチェックがメイン

 実地では通常通り、アンパイアはホームプレートの後ろに立っていて、システムがボール・ストライクを判定し、バックヤードにいるスタッフと通信してアンパイアが無線で結果を受け、コールするというものでした。

 ロボアンパイアの実地テストは、精度としてはよくありませんでした。詳細は下記に書かせていただいていますが、とにかく高低がいわゆるアホで、チェックスイングがだめという評価でしたね。

 初めての試みゆえに、データ取得が主な目的ではありましたが、とんでもない高いボール球をストライク判定された選手のやってられない感は見逃すことはできませんね。

 ただ、導入側の評価としては上々だったという正反対の評価に。では何を見ていたのかというと、どうやらシステムの十分な一貫性、信頼性、応答性をもって動作できることが確認されたというのです。言ってみれば、アンパイアへの通信がうまく行ったという評価でしょう。

 信頼性というのも精度の意味ではなくて、システムが稼働したどうか、システムが止まって試合の進行に影響を与えることはなかったという評価かと。筆者もIT関連に携わっているので、切り分けて良いところはうまく行ったと評価するところはよくわかるのですが、まだ試合に参加出来るレベルではないとは思うんです子どね。

ABS(ロボアンパイア)実施の意味

 アンパイアの仕事はなかなか大変です。アンパイアの立場からすると、うまく出来た判定は全く評価されず、たった1度のミスであらゆる角度から叩かれるという辛いものです。

 特に打者のストライク・ゾーン判定は試合中、相当な頻度でクレームを受けます。もっとも、シーズン終盤に大谷選手がとんでもないボール球をストライク判定されたことを筆頭に、おかしいと思うことも正直ありますね。ただ、人間の判定ですから、あって当然とも言えると思うのです。

 そこを考えると、審判という職が消えるリスクがあるものの、精神衛生的に厳しい職業ではあると思いますから、ABSが導入されるのは歓迎される面もあります。

 特に昨今のMLBの中継は、かなりのリアルタイムでフレームのどこに投げられたか表示されます。それと比較される審判はかなり厳しい仕事ではあると思うのです。

TV中継、サイトのグラフィック

 TVやドットコムのゲーム中継中のストライク/ボール判定がどこまで精度が高いのかは筆者は正直不明です。フェンウェイのように真後ろからカメラが撮っている球場もありますし、甲子園の阪神戦のようにややレフトから撮影しているケースもありますから。視聴者にはその精度の信頼性は正直わからないところでもあります。

 放送のストライク/ボール判定の仕組みは今後のABSにも活かされるかもしれません。というのも審判のコールよりも早くフレームの通過位置を表示することが多いからです。

 ABSは、ピッチド・アークというボールがピッチャーからキャッチャーに届く軌道が、ストライクゾーンに入るかどうかをトラックマンのレーダーによって見ているというのが仕様の大枠です。ボールの中心がストライクゾーンに交差するかどうかをチェックしているのですが、フレームの上下は身長によって変わりますから、一人ひとりでフレームを設定していたのでしょう。

 そしてピッチド・アークの精度が何より重要ですね。高低で大きなミスをした2019年からどう改良するのかが見ものです。

 ちなみに、2020年はマイナー・リーグがキャンセルとなったため実施されず。2021年はクラスAのサウスイーストリーグで実施されました。

2022年実施のクラブ

 さて、トリプルAでABSが導入されるのは以下のクラブです。

  • アルバカーキ・アイソトープス(Albuquerque Isotopes/ ロッキーズ)
  • シャーロッテ・ナイツ(Charlotte Knights/ホワイトソックス)
  • エルパソ・チワワズ(El Paso Chihuahuas/ パドレス)
  • ラスベガス・アビエイターズ(Las Vegas Aviators/ アスレチックス)
  • オクラホマシティ・ドジャース(Oklahoma City Dodgers/ドジャース)
  • レノ・エイセズ(Reno Aces/D-backs)
  • ラウンドロック・エクスプレス(Round Rock Express/レンジャーズ)
  • サクラメント・リバー・キャッツ(Sacramento River Cats/ジャイアンツ)
  • ソルトレイク・ビーズ(Salt Lake Bees/エンゼルス)
  • シュガーランド・スペース・カウボーイズ(Sugar Land Space Cowboys /アストロズ)
  • タコマ・レイニアーズ(Tacoma Rainiers /マリナーズ)

 設備の導入の都合もあるのでしょう。西地区ばかりですね。

 トリプルAで調整している選手の調子が狂わないことを祈るばかりです。

 なお、アトランティック・リーグは2022年はロボアンパイアを使いません。さて、どうなるでしょうか??

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました