スポンサーリンク

【MLB2024】コーリー・シーガーがスポーツ・ヘルニアの手術を受けるも、シーズンへの影響は最少

2023ワールドシリーズMVPが手術(済)

 現地2024年1月30日のこととなりますが、2023年のワールドシリーズMVPのレンジャーズのコーリー・シーガー(Corey Seager)がスポーツ・ヘルニアの手術を受けたことが明らかになりました。手術と同日の発表です。

PS中に発症

 レンジャーズのクリス・ヤングGMによると、コーリー・シーガーが最初に腰に違和感を感じたのはポストシーズン中のことだったと言います。

 腰に関する怪我は、疲労の蓄積により発症することが多く、シーガーもチームドクターと相談してそのような処置を取ることは合意していたものの、さすがに状況がそれを許さず、今回の手術に繋がったと言っても過言ではありません。

シーガーありきのWS制覇

 レンジャーズの2023年は、コーリー・シーガーありきのシーズンでもありました。しかし、コーリー・シーガーはずっとヘルシーであったかというとそうでもありませんでした。

1度目のIL:左ハム

 シーズン開幕をスムーズに迎えたコーリー・シーガーでしたが、2023年4月12日のロイヤルズ戦で左ハムストリングスを傷めて10 Day ILに。これが思いの他重症で、グレード2の損傷でした。ゆえに、復帰したのは1ヶ月後の5月17日のブレーブス戦。

 復帰後(ハムストリングスの怪我の前の分も含めて)は、7月21日のドジャース戦まで打ちに打ったりで、打率.350、OBP .413、SLG .631で、OPSは1.044。HR 15、RBI 58、二塁打29、RUN 47をマーク。このタイミングでは規定打席に入っていなかったので、ランキングには入っておりませんでした。

 シーガーの活躍とネイサン・イオバルディーの好投もあり、レンジャーズは開幕時から首位を走ります。

2度目のIL:右手親指を捻挫

 ところが、現地7月21日のドジャース戦の8月裏に、2塁打を放った際に2塁ベースで右手親指を捻挫。シーズン2度めのILとなってしまいます。

 シーガーは8月1日に早期復帰を果たしましたがその間、レンジャーズは7試合で2勝5敗。いかにシーガーの存在が大きいかがわかった離脱でもありました。WSを制覇したレンジャーズでしたが、7月は11勝13敗と負け越し。

 その後、レンジャーズのシーズンの流れとしては、トレード・デッドラインでマックス・シャーザーとジョーダン・モンゴメリーを補強したことで、息を吹き返し、8月に入った途端に8連勝をマーク。この間、コーリー・シーガーは5HRを放っています。

 ところが、8月半ばには投手陣に疲れが出て8連敗。同時期にマリナーズはフリオ・ロドリゲスの神がかった活躍もあり8月27日に一気に首位に躍り出ます。また、この頃にはアストロズも自力を発揮。

 レンジャーズはさらに9月に入っても投手陣の苦戦が続き、最初の7試合で1勝6敗、このうち3試合連続で二桁失点という非常に苦しい戦いを強いられ、3位にまで転落。さすがのコーリー・シーガーは9月は少しだけ落ちました。

 シーズンの月別成績です。9月のAVGは.267。落ちたと言っても.267ですから、いかに打ちまくっているかがわかりますね。

MonthGHHRBAOBPSLGOPS
April/March11141.359.469.5391.008
May13164.291.305.582.887
June26395.368.442.6421.083
July16235.365.414.7141.129
August243310.337.407.7041.111
Sept/Oct29318.267.320.535.855
コーリー・シーガーの2023年の月別打撃スタッツ

 そして終盤に持ち直したレンジャーズはアストロズと同率首位でフィニッシュとなりましたが、直接対決の勝敗で地区優勝を譲ることに。

 そしてポストシーズンではご覧の活躍です。

SeriesPAABHHRBAOBPSLGOPS
ALWC10850.625.7001.0001.700
ALDS15621.333.733.8331.567
ALCS333182.258.303.516.819
WS242163.286.375.7621.137
コーリー・シーガーの2023年のPSでの成績(シリーズ別)

 ずっと打線が良かったレンジャーズですが、アドリス・ガルシアなどインパクトのある活躍をする選手が多数出たものの、シーズンを通してずっとチームを支えてきたのはコーリー・シーガーで、彼がゲームから離脱することはレンジャーズにとっては致命的とも言っていいくらいの選手です。

本人は開幕へ意欲

 そんなコーリー・シーガーがスポーツ・ヘルニアの手術を受けたということで、大きなざわめきが起きましたが、クリス・ヤングによると、シーガー本人が開幕日にプレーできるようになることを「希望している」と語り、心配のレベルはそれほど高くないと付け加えています。

 具体的なタイムテーブルは出ていませんが、長期離脱する症状ではないことは確かです。場合によっては開幕もあり得るかもしれませんが、養生からチューンナップの期間を入れるとさすがに開幕は厳しいかもしれません。どうせなら、ちゃんと治して戻ってもらいたいですね。よって、4月のいずれかに復帰くらいの見通しの方が良さそうです。

補強はない見込み

 レンジャーズにはSSが出来るエジキエル・デュランがおり、さらにジョシュ・H・スミスも控えております。特にデュランは、シーガーのバックアッププランとしての経験があり、2023年は122試合に出場して106 OPS+をマーク。十分かと思います。

 コーリー・シーガーは2024年、レンジャーズと10年/$325M契約の3年目を迎えますが、過去2シーズンはASGに出場、2023年はシルバースラッガー賞を受賞。さらにALMVP投票では大谷選手に次いで2位。レンジャーズとしてはこの補強は大成功となっています。

 ちなみにALMVPの投票ではチームメイトのマーカス・セミエンが3位に入っています。セミエンはレンジャーズの精神的なリーダーという位置づけでしょうね。シーガーとセミエンは本当に素晴らしいコンビです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました