スポンサーリンク

【MLB2017】カブス、2年連続地区優勝!ツインズもWC枠を決める!

カブス

 

カブスがやりました!

 

現地2017年9月27日、中地区ライバルのカージナルス相手に2年連続となる地区優勝を果たしました!

 

カブス先発はジョン・ラッキー。2回に先制点を許したものの、コーナーをつくコントロールと緩急で奥行きも使い、6回まで被安打2、1失点と好投。

 

ナイスピッチングで味方の逆転を呼び込みました。

 

7回にはアディソン・ラッセルの3ランHRが飛び出し、この回一挙に5得点。ゲームを決めました。

 

 

 

【動画】Recap: CHC 5, STL 1

 

カブスは4月を13勝11敗で勝ち越したものの、5月には12勝16敗と負け越し。

 

まだヤギの呪いが払拭出来ていないのか!とファンを心配させましたが、振り返ってみれば、
負け越しは5月だけ。

 

特に7月は16勝8敗と大攻勢を見せ、月末には首位を奪還。その後、ブルワーズやカージナルスの追い込みに苦しみましたが、数字上は7月26日以降、首位をキープしたままでした。

クリス・ブライアントが怪我から還ってきたのが大きかったですね。いまやチームのトップ・プレーヤーです。

 

7月末補強のホセ・キンタナの存在も効きましたね!結果的にやっぱり強かったなというシーズンでした。

 

 

現地2017年9月27日は、ツインズもワイルドカード枠でのポストシーズン出場を決めました。よかったですね!

 

WC(ワイルドカード)ではエース、アービン・サンタナで勝負をかけると思います。今季16勝8敗。

 

実はツインズは先発陣がいいです。アービン・サンタナを筆頭に、カイル・ギブソンが12勝10敗、ホセ・ベリオスが13勝8敗と二桁勝利を上げている投手が3人もいます。そして一桁勝利ながら経験豊富な大ベテラン、バートロ・コロンもいますからね。

 

特に、ホセ・ベリオスはいいですね。見た目も投げ方も昨年ボート事故で亡くなった、マーリンズのホセ・ヘルナンデスにそっくりです。

 

いい投手になりそうです。

 

ツインズ、ア・リーグのポストシーズンの嵐を呼び寄せるかもしれません!!

 

 

ポストシーズン残り枠は、WC2枠目を狙うロッキーズ。こちらも時間です。

 

そして、すでにポストシーズン出場を決めてはいるものの、まだ優勝を決めていないレッドソックスにマジック2が出ました。

コメント

NEW

【MLB2022FA】”二刀流”マイケル・ローレンツェンがエンゼルスと1年でサインしたディールについて
【MLB2022FA】ハビアー・バイエスとタイガースの6年/140Mドルの契約について
【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
タイトルとURLをコピーしました