【熱心なファンが(T_T)】アスレチックス、勝ちゲームを落とす!痛い3連敗でゲーム差5!

現地2018年9月18日、アスレチックスにとってレギュラーシーズン151試合目のエンゼルス3連戦がコロシアムで始まりました。

前カードのレイズ3連戦を1勝2敗と負け越したアスレチックス。特にGame2、3の敗戦は僅差だったので非常に惜しかったです。なんとかアストロズに離されないようにしたいところですが、この日は思わぬトラブルがあり、勝ちゲームを落としてしまいました。

両軍、オールスター戦法

アスレチックスはローテーションのトレバー・ケイヒルが故障で離脱し、ここに来て先発が苦しい状況に。一方のエンゼルスは7月くらいから先発に事欠く状況で、この日は両軍ともに1人1イニング担当のオールスターの投手起用で乗り切りました!

アスレチックス先発のライアム・ヘンドリックスは今季6度目の先発だったのですが、彼に至っては1イニング7球のパーフェクトで降板です。2番手のダニエル・メンデン(ダリのようなカイゼル髭でお馴染み)は4イニングを投げております。

アスレチックス優位の流れだったが・・・

4回表、エンゼルスはマイク・トラウトのきれいなソロHRで先制。しかしその裏、アスレチックスはヒットと四球で満塁とした後、マーク・カナの2塁打とジョナサン・ルクロイのシングルで4点を上げ、逆転。

非常にいい展開に持っていけたのですが、6回に落とし穴がありました。

小刻みリレーの悪い面が

プロゆえにアマチュアと違って小刻みな継投であっても、ある程度の計算が出来るのですが、そうは言っても対戦相手もプロですし、全員が全員、万全ではありません。小刻みリレーの悪い点が出てしまったのが6回表のアスレチックスのマウンドでした。

ショーン・ケリーが1アウトを取ったもののヒットとフォアボールが続く不穏な内容だったので、ベンチはランナーを溜めたところでライアン・ブッチャーにスイッチ。これは大谷選手対応です。ところがそのブッチャーが大谷選手にシングルを打たれ、満塁のピンチに。

シモンズの打席の時に思わぬトラブルが出ました。

ファン・インターフェアレンス

ピッチャーはルー・トリビーノ。今季65試合に登板している頼れるブルペンの一人。シモンズの打球が1塁後方のブルペンのフェンス際に上がり、なんとか取れそうだったのですが、この時、ファンのおばさんがグラブを差し出すインターフェアが入るトラブルが。

もちろん、RFのピスコッティーは獲れず、アスレチックスはチャレンジしましたが、結局ファウルに。

このプレーは本当に痛かったです。熱心なファンがチームの足を引っ張ってしまいました。せめておばさんもキャッチして欲しかったのですが、スローで見ると落球しており、いろんな意味で残念なシーンでした。おばさんは退場処分に。

ルー・トリビーノがその後抑えれば、おばさんも救われたのですが、シモンズにタイムリー、この日当たっていたカレブ・カワードに満塁HRを打たれてこの回6失点。

8回表にはコーリー・ギアリンがタイラー・ワードと、カワードにタイムリーを許して2失点で4-9のスコアに。この8回の2点は本当に余計でした。

その裏、アスレチックスはマット・オルソンのタイムリーなどで3点を奪い、7-9と2点差まで追い上げますが、一歩届かず、7-9で敗戦。

アスレチックスはこの敗戦で3連敗となり、首位アストロズとゲーム差が5.0に開いてしまいました。ゲーム内容が非常にいいのでなんとか勝ってもらいたいのですが、ペナントはかなり厳しくなってきました。

大谷選手は得点に絡む活躍

この日5番DHの大谷選手は四球→LFフライ→四球→シングルで4打席回って2打数1安打。3打席目の四球と4打席目のシングルは得点に絡むいい活躍をしております。

アスレチックス、正念場です。ここは踏ん張ってもらいたいです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

たまに応援をよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

お手数をおかけします。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク