スポンサーリンク

【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!

A’sの東海岸タフシリーズが終了

 現地2024年4月28日、オークランド・アスレチックスはボルチモア・オリオールズとのGm3を7-6のスコアでものにしました。これにより、アスレチックスは今回の東海岸遠征でのヤンキースとの4連戦、オリオールズとの3連戦の7戦を4勝3敗で勝ち越し。

 このタフなシリーズで実に素晴らしい戦いぶりを見せ、昨年とは大きく違うというところを見せつけました。

CLEとのゲームも入れると負け越し

 なお、アスレチックスの今回の遠征は4月19日からガーディアンズ3連戦から始まっており、そのガーディアンズとの3連戦はスウィープされました。よって遠征全体で言えば4勝6敗で負け越しではあるのですが、その戦いぶりは昨年とは大きく異なっており、選手たちは確実な手応えをもってゲームに臨んでおります。

今回の遠征の勝敗表(2024)

DateOppoW/LScore
4/19@CLEL2-10
4/20@CLEL3-6
4/21@CLEL2-6
4/22@NYYW2-0
4/23@NYYL3-4
4/24@NYYL3-7
4/25@NYYW3-1
4/26@BALW3-2
4/27@BALL0-7
4/28@BALW7-6

ガーディアンズは現地2024年4月28日時点でメジャートップタイの19勝を上げているほど好調なクラブであり、ヤンキースは対戦時はALイーストでトップ。オリオールズはそのヤンキースをぴったりとマークしていて2023シーズンの地区チャンプですから、3クラブとも相当力のある状態でこの成績です。

最終戦のBALとのGm4は中盤を凌ぐ!

MLB Gameday: Athletics 7, Orioles 6 Final Score (04/28/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 現地2024年4月28日のオリオールズとのGm4はなかなかの戦いぶりでした。序盤はアスレチックス先発のポール・ブラックバーンが4イニングで6失点とかなり厳しい立ち上がりとなりつつも、オリオールズ先発のアルバート・スアレスも4イニングで4失点と双方ともにゲームメイクできない中で中盤に突入。

カイル・ミューラーとオースティン・アダムスが好投

 オリオールズが6−4とリードする中、アスレチックスは5回から左腕のカイル・ミューラーが登板。昨年なら出てくる投手がことごとく失点し、流れを相手に渡したままでしたが、今季はこのゲームのようにリリーバーが中盤でゲームを立て直すケースが多く、この日もカイル・ミューラーが、3番から始まる5回裏をヒット1本のみに抑えて無失点。6回表もコルトン・カウザーから始まるターンを無失点に抑えて見事に立て直しました。

 7回裏1アウトからは右腕のオースティン・アダムスが登板し、強力なO’sの上位打線を無失点。この5-6-7回のリリーバーの好投は光りましたね。

 アスレチックスは7回表に2アウトからタイラー・ネヴィンがソロHRを放って5-6と1点差に。

9番Cのカイル・マッキャンが殊勲打

 そして9回表、オリオールズはクローザーにクレイグ・キンブレルを投入し、げ切りを図りますが、先頭のデイルアル・ハーネイズ(Darell Hernaiz)にストレートの四球。そしてつづく9番捕手のカイル・マッキャン(Kyle McCann)にはボール先行となるも、2ストライクと追い込みます。素晴らしかったのがマッキャンです。追い込まれた後、ボールを1球見送りフルカウントとした後、キンブレルの強い4シームに食らいつき、3球連続でファウルで粘ります。9球目、4シームが真ん中高めに来たところをマッキャンは躊躇なくフルスイング。これが打った瞬間それとわかる右中間への2ランHR!アスレチックスが見事に最終回で逆転を果たしたのでした。

メイソン・ミラー温存!

 そしてアスレチックスの勝ち方に関心したのは、1点差リードの9回裏をもはやMLB トップクラスのクローザーであるメイソン・ミラーに任せるのではなく、ルーカス・エルセグ(Lucas Erceg)で凌いだ点にあります。エルセグは9回裏のオリオールズのホルヘ・マテオ、ガナー・ヘンダーソン、そしてアドレー・ラッチマンと続く3人を三振、LFライナー、三振と三者凡退に抑え込み、見事に僅差のリードを守りきったのでした。

 今回の遠征で最終戦でこのような素晴らしいゲーム展開を制したアスレチックスは、現時点では11勝17敗とまだ負け越しが多いですが、昨年とは全く違う素晴らしい戦いぶりを見せております。

チームスタッツ

 現地2024年4月28日終了時点のアスレチックスのチームスタッツは、以下の通り。

【打撃成績】

  • 打率: .203 (MLB 30位)
  • OBP: .275 (MLB 29位)
  • SLG: .348 (MLB 27位) 
  • 三振:284 (MLB 28位)=多い
  • HR: 32 (MLB 7位タイ)

主要なところだけ拾うととにかく打っていないということがわかります。この中でよくオリオールズとのGm3で逆転勝ち出来たなと思うのです。まさか、最後に勝ち越し2ランHRがあるとは誰が思うでしょうか?しかも9番捕手です。

【投手成績】

  • ERA : 4.13 (MLB 18位)
  • BB: 91 (MLB 13位)←激変!

 投手力ですが、メイソン・ミラーという100mphクローザーが頭角を顕したのが大きいですが、BBの数がもう激変しています。期間の範囲の誤差はあるのですが、2023年は4月だけで141個を計上。3月の4個も入れると4月終了時点で145もあったのです。

 今季はまだ4月が終わりが来ておりませんが、10個前後増えたとしても101です。昨年とは全く違います。

 アスレチックス、面白いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました