スポンサーリンク

【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!

OAK 11 @ 9 ATL

 現地2024年6月1日のアスレチックス@ブレーブスは凄まじいゲームでしたね。両軍合わせて29安打、20得点を上げる乱打戦。アスレチックスが序盤で試合を決めたかと思ったのですが、ブレーブスが5回裏に6得点を上げ、5点差を跳ね返して逆転。この流れでブレーブスか?と思われたのですが、アスレチックスも意地を見せ、この日当たっていたミゲル・アンドゥハーとブレント・ルッカーの強打で逆転。

 最後はアダム・デュバルの大飛球がフェアであれば・・・という惜しい当たりが出ましたが、あと1歩及ばず、アスレチックスが打撃戦を制しました。

クリス・セールが乱調

 このゲームの歯車が狂ったのはブレーブス先発のクリス・セールの乱調。ここまで8勝を上げ、キャリア初のサイ・ヤング賞も現実化しつつあったクリス・セールですが、この日は初回にダズ・キャメロンにタイムリー・ダブルを打たれるなどまず2失点。

 直後の1回裏にはブレーブスもアスレチックス先発のアーロン・ブルックスからマーセル・オズーナが2ランHRを放って2-2の同点に追いついたものの、クリス・セールは2回表もピリッとせず、売出し中のザック・ゲロフに二塁打を打たれたのを皮切りに、9番マックス・シューマン(Max Schuemann)のタイムリーさらにはミゲル・アンドゥハーに3ランHRを打たれ、4失点。アスレチックスは序盤からかなり優位な展開でゲームを進めて行きました。

 クリス・セールは4回まで投げきるも、被安打9、失点8、自責点8、BB 1、S0 4,HR 2と今季ワーストの登板となりました。

躍動したA’sのマックス・シューマン

 この日、アスレチックス打線を引っ張ったのは、間違いなく中軸の2人で、一人は5打数4安打4RBIのミゲル・アンドゥハー。もう一人はやはり4 RBIを叩き出したブレント・ルッカー。彼らが得点の大半をマークしたのは事実なのですが、その彼らのRBIに大きく貢献したのが9番SSで入ったマックス・シューマン(Max Schuemann)でした。

 マックス・シューマンはこの日、まず守備で見せました。2回裏にトラビス・ダーノーの強烈なSSゴロをスライディングで止めて、1塁へストロング・スロー。このプレーは良かったですね。

 さらに2回表の勝ち越しタイムリーを含め、4打数4安打、1 RBI、3 Runと大いに躍動しました。

まもなく27才になるルーキー

 マックス・シューマンは1997年6月11日生まれの26才。まもなく27才になります。ドラフトは2018年のアスレチックスの20巡目指名。ミズーリ州のイースタン・ミシガン大の出身で、プロ入り時は21才。2019年はクラスAでフルシーズンを過ごし、AVG .256をマーク。これからという時にコロナ・パンデミックとなり、2020年はマイナーのゲームがキャンセルになったことからこれでデビューが遅れたと言ってもいいかもしれません。

 2021年には最終的にはトリプルAにまで昇格。順調ではありました。しかし、それ以降の2022年と2023年はAAとAAAの往復が続き、なかなかメジャーへ上がる機会がありませんでした。2022年はAAが中心で79試合で、AVG.290をマーク。2023年はAAAが中心で、103試合で、.277/.402/.429といい数字は残してきました。

 2024年はAAAで開幕を迎え、4月7日にブレント・ルッカーが肋軟骨損傷の怪我でILに入ったことから、メジャーへ昇格。4月12日にデビューを果たしました!

 デビュー後の1ヶ月は打撃で大いに苦戦。4月は24-3でAVGは.125。ただ慣れるのも早く、5月に入り、81-22で.272/.344/.395、HR 2と結果が出始め、ようやくAAAでの打撃の成果が出始めたところです。守備は大胆で動きが派手なので映えて見える面もありつつ、ここまでスローイング・エラーを含めてSSとして5つのエラーを記録しております。マイナーとは打球速度も違うでしょうから、こちらも現在、慣れている最中と言ったところでしょう。いい動きをするSSだと思います。

ブレーブスが一旦は逆転

 5回を終えてアスレチックスが8-3と大きくリードしてしていたのですが、先発のアーロン・ブルックスが立ち上がりから結構ふらついおり、5回裏についに捕まりました。1アウト後、オーランド・アルシアとマイケル・ハリス2世に連打を許し、つづくオースティン・ライリーは3Bゴロに打ち取ったものの、これを3Bのエイブラハム・トロが1塁へスローイング・エラー。これで一気に3人が還り、ブレーブスが5-8と追い上げ。これはピッチャーには気の毒でしたね。

 さらにマーセル・オズーナにタイムリーを打たれた後、マット・オルソンには2ランHRを打たれ、ついに8-8の同点に。ここでブルックスは降板。ブレーブスは代わったT. J.マクファーランドも攻め、ついに9-8と逆転に成功します。

アダム・デュバル、同点HRならず!

 ブレーブスに同点に追いつかれた後、アスレチックスは6回表にブレント・ルッカーの2点タイムリーダブルで10-9と逆転。さらに、8回表にはミゲル・アンドゥハーのタイムリーで11-9と2点差に。それらのタイムリーにはいずれもマックス・シューマンのヒットによる出塁が絡んでいました。

 盛り上がったのが最終回のブレーブスの攻撃。この日はダニー・ヒメネスが最終回のマウンドに。そのヒメネスは先頭のマット・オルソンに2塁打を打たれ、ピンチに立たされます。しかし、この後、オジー・アルビーズとトラビス・ダーノーからアウトを奪い、2アウト2塁でアダム・デュバルが打席に。

 デュバルは2球で追い込まれますが、粘ります。1ボール2ストライク後の5球目。デュバルは甘い甘いスライダーを逃さず、強烈な打球を放ちます。これはもう行ったか?という強い当たりだったのですが、これがタイミングがやや早かったようでポールにたどり着く直前で左に曲がりファウルに。これがもし入っていれば同点2ランHRとなるところでした。

 惜しい当たりとなったデュバルですが、次のカーブを見逃して三振に。アスレチックスが壮絶な打撃戦をものにしたのでした。

MLB Gameday: Athletics 11, Braves 9 Final Score (06/01/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 最後まで気の抜けない、白熱したゲームでした。アスレチックスは中盤に投げるブルペンに弱さがあり、24勝36敗と負け越しが多いですが、昨年とは全く違う野球をしています。1年間を犠牲にして若手に大きな経験を積ませた成果が出ております。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました