スポンサーリンク

【TJ】リハビリ中のノア・シンダーガード、6週間の投球禁止

アグレッシブなリハビリ中に肘痛

  メッツのハード・スロー・ライティー、ノア・シンダーガード(Noah Syndergaard)クラスAでのゲームで肘痛を訴え、予定より早くマウンドを降りたのがが現地2021年5月25日(火)のこと。

 その後、現地2021年5月27日(木)になり、ようやく状態が判明しました。

6週間の投球禁止

 「これは手術した腱に損傷でも?!」と心配になりましたが、診断の結果、ノア・シンダーガードの肘には肘の機能に支障をきたす損傷などはないことが判明。メッツ関係者だけでなく、全てのMLBファンは胸を撫で下ろしたかもしれません。

 ただし、ドクターからは6週間の投球禁止が課せられた模様です。

 トミー・ジョン手術後に14-18ヶ月のリハビリを経れば元通りになるのではなく、肘の痛みをはじめ、何かしら症状が安定しないことがままあるようです。ましてや今、ノア・シンダーガードはリハビリ期間中なので、症状が不安定な面も出るのでしょう。今回はきっちりと診断をしたようですから、信頼してよい情報かと思います。

 なぜ、そのようなことを書くのかというと、ノア・シンダーガードは2017年のことになりますが、クラブ側が肘のチェックにと用意したMRIのスケジュールを拒否した前科があるからです。過去のことではありますが。この頃は無敵と思っていたフシがあるのですが。

かなりアグレッシブなペース

 ノア・シンダーガードがトミー・ジョン手術を受けたのは2020年3月26日のこと。一般的なトミー・ジョン手術のリハビリとして、術後術後8-10ヶ月でピッチングへの復帰段階に入り、マウンドから投げることができます。

 遠投も行い、ブルペンで20−25球。週に2回、5球ずつ増やしていく。さらに週3度は遠投も行います。

 ただ、ノア・シンダーガードはかなりアグレッシブなペースでリハビリをこなしていたと思います。術後1年が経過していない段階で、ブルペン・セッション。おそらくチームドクターもOKしたので、ペースはそれでも問題なかったかもしれませんが、シンダーガードの場合、かなり強めに放っていたのを覚えています。その意味でかなりアグレッシブなペースだったと。

 ちょっとペースが早すぎない?と思ってはいました。

6週間投球禁止の意味するもの

 ここが重要なポイントですが、メッツは本来なら早ければ7月にはノア・シンダーガードの復帰を計算に入れていました。

 ところが今から6週間ということは、オールスターブレークまでは投球禁止です。そこから、様子を見ながらのリハビリが入り、なおかつ実戦での調整も入ります。

 よって、投球再開から少なく見積もっても1.5ヶ月はかかるはずですから、早くて9月初旬に復帰できるかどうかということになります。

 もっとも、これはかなり悲観的に見たペースなので、肘の状態が良ければ早まる可能性もあります。ただ、一度このようにリハビリが遅れた訳ですあから、次は慎重にならざるを得ませんね。

クリス・セール、セベリーノの回復具合

 2020年にトミー・ジョン手術を受けたそのほかの有名投手として、ヤンキースのルイス・セベリーノとレッドソックスのクリス・セールがおります。 

 セベリーノは2020年2月27日に手術で、6月から実戦投球が見込まれています。

 また、クリス・セールは2020年3月30日に手術し、スローイング・セッションにも入りましたが、、まだバッターと対する実戦までには至っていません。

 おそらく、この2人のペースが普通で、ノア・シンダーガードはやはり早かったと思います。 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました