スポンサーリンク

【TJ】リハビリ中のノア・シンダーガード、6週間の投球禁止

アグレッシブなリハビリ中に肘痛

  メッツのハード・スロー・ライティー、ノア・シンダーガード(Noah Syndergaard)クラスAでのゲームで肘痛を訴え、予定より早くマウンドを降りたのがが現地2021年5月25日(火)のこと。

 その後、現地2021年5月27日(木)になり、ようやく状態が判明しました。

6週間の投球禁止

 「これは手術した腱に損傷でも?!」と心配になりましたが、診断の結果、ノア・シンダーガードの肘には肘の機能に支障をきたす損傷などはないことが判明。メッツ関係者だけでなく、全てのMLBファンは胸を撫で下ろしたかもしれません。

 ただし、ドクターからは6週間の投球禁止が課せられた模様です。

 トミー・ジョン手術後に14-18ヶ月のリハビリを経れば元通りになるのではなく、肘の痛みをはじめ、何かしら症状が安定しないことがままあるようです。ましてや今、ノア・シンダーガードはリハビリ期間中なので、症状が不安定な面も出るのでしょう。今回はきっちりと診断をしたようですから、信頼してよい情報かと思います。

 なぜ、そのようなことを書くのかというと、ノア・シンダーガードは2017年のことになりますが、クラブ側が肘のチェックにと用意したMRIのスケジュールを拒否した前科があるからです。過去のことではありますが。この頃は無敵と思っていたフシがあるのですが。

かなりアグレッシブなペース

 ノア・シンダーガードがトミー・ジョン手術を受けたのは2020年3月26日のこと。一般的なトミー・ジョン手術のリハビリとして、術後術後8-10ヶ月でピッチングへの復帰段階に入り、マウンドから投げることができます。

 遠投も行い、ブルペンで20−25球。週に2回、5球ずつ増やしていく。さらに週3度は遠投も行います。

 ただ、ノア・シンダーガードはかなりアグレッシブなペースでリハビリをこなしていたと思います。術後1年が経過していない段階で、ブルペン・セッション。おそらくチームドクターもOKしたので、ペースはそれでも問題なかったかもしれませんが、シンダーガードの場合、かなり強めに放っていたのを覚えています。その意味でかなりアグレッシブなペースだったと。

 ちょっとペースが早すぎない?と思ってはいました。

6週間投球禁止の意味するもの

 ここが重要なポイントですが、メッツは本来なら早ければ7月にはノア・シンダーガードの復帰を計算に入れていました。

 ところが今から6週間ということは、オールスターブレークまでは投球禁止です。そこから、様子を見ながらのリハビリが入り、なおかつ実戦での調整も入ります。

 よって、投球再開から少なく見積もっても1.5ヶ月はかかるはずですから、早くて9月初旬に復帰できるかどうかということになります。

 もっとも、これはかなり悲観的に見たペースなので、肘の状態が良ければ早まる可能性もあります。ただ、一度このようにリハビリが遅れた訳ですあから、次は慎重にならざるを得ませんね。

クリス・セール、セベリーノの回復具合

 2020年にトミー・ジョン手術を受けたそのほかの有名投手として、ヤンキースのルイス・セベリーノとレッドソックスのクリス・セールがおります。 

 セベリーノは2020年2月27日に手術で、6月から実戦投球が見込まれています。

 また、クリス・セールは2020年3月30日に手術し、スローイング・セッションにも入りましたが、、まだバッターと対する実戦までには至っていません。

 おそらく、この2人のペースが普通で、ノア・シンダーガードはやはり早かったと思います。 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました