スポンサーリンク

【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ

マイク・トラウトの復帰時期は未定

 現地2024年4月30日、エンゼルスがしばらくの間、マイク・トラウトを失うことが判明しました。エンゼルスGMのペリー・ミネイジアンによれば、トラウトは左膝の半月板を断裂したということでした。詳しい症状はわかりませんが、半月板の症状でよく聞くのは「半月板損傷」です。おそらく膝蓋骨(しがいこつ:要は膝のお皿)を取り巻く靭帯の一部を断裂したものと思われます。

 トラウトには手術が必要で、これによりエンゼルスは長期でマイク・トラウトを失うことが決定。

今季中復帰の望みあり

 上述のように傷めた正確な場所も明らかにされていませんが、早ければ最良のシナリオとして4~6週間での復帰ということもあり得ると言います。ただ、これも手術によって損傷度合いも明らかになることですから、場合によって別の場所も傷めているかもしれません。膝のお皿の内側なら手術しないとわからないことも。よって、エンゼルスは現時点では復帰へのタイムテーブルを公表しておらず、今季中の復帰に期待しているとしています。

29日のゲームにはフル出場

 エンゼルスは、4月22日から地元での9連戦の最中で、29日からはフィリーズを迎えての3連戦がスタート。マイク・トラウトはそのフィリーズとのGm1にもフル出場。ゲーム中に悶絶して退場した訳ではありません。

 翌30日に膝の手術が発表されたトラウトですが、自身もインタビューで応えており、どうやら3イニング目に何やら違和感を感じたようです。ただ、深刻な問題ではないだろうとプレーを続行。ところが試合後、そして今朝(30日)になって痛さを感じたので検査を受けたところ、半月板を傷めていることが発覚。手術をすることに相成ったということでした。

フィリーズとのGm1

 なお、フィリーズとの対戦は、ハーパーとトラウトとの直接対決ということでかなり注目されたシリーズ。そのフィリーズと対戦する前のエンゼルスは、ホーム9連戦のうち最初の6戦を1勝5敗、オリオールズとの3連戦の2戦目で勝ったのみで、ツインズにはスウィープされていました。ただ、オリオールズ3連戦とツインズとのGm1の4戦はいずれも2点差以内のゲームで悪くない戦いぶりでもありました。ちなみにツインズとのGm2、3は大敗。

 そんな中、フィリーズとのGm1では、初回にグリフィン・カニングが3点を奪われ、「またか!」という立ち上がりでしたが、その後カニングは立ち直し、エンゼルスは後半に大逆転してGm1をものにしたのでした。フィリーズのミスが決勝点でもありましたが・・・。トラウトは接戦だったこともあり、最後まで出たのでしょう。

MLB Gameday: Phillies 5, Angels 6 Final Score (04/29/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

今季好調のマイク・トラウト

 2024シーズン、エンゼルスは大谷選手が抜け、再びマイク・トラウトにその役割の多くが巡ってきました。オフシーズンには移籍の噂もありましたが、高額なサラリーを引き継ぐクラブは現実的になく、当然のように残留。今季はリーダーとして非常にアグレッシブなプレーをフィールド上で表現していました。

 現地2024年4月29日時点でのマイク・トラウトの成績はご覧の通り。

GABRH2B3BHRRBISBAVOBPSLGOPSOPS+
2910917241210146.220.325.541.867142

 HR 10はMLBでトップタイ、ランキングには出ていませんが、盗塁6だけでなくベースランニングでもチームに貢献。記録として残らないところもそのプレースタイルでチームを牽引していました。

トラウトの出場試合数

 マイク・トラウトはここ数年怪我が多く、フル出場に近かったのは2016年まで。2017年以降はご覧の通りです。

シーズンG
2017114
2018140
2019134
202053 ※
202136
2022119
202382
202429
トラウトの2017年以降の出場試合数 ※60試合シーズン

 なかなか思うように出場出来ていません。

レンドンはハムストリングス痛

 そしてトラウト同様にエンゼルスを引っ張っていかなければならないアンソニー・レンドンは開幕5戦でヒットレスと開幕時はかなり苦戦しましたが、ようやく4月5日を過ぎてからは復調。AVも.267まで上げてきたところで4月21日に左ハムストリングスを傷めて離脱。復帰見込みは6月1日となりました。 

 ここに来てかなり厳しい状態になったエンゼルスですが、こういう時には力を発揮する選手が出てくるのもMLBですから、プロスペクト達が頑張ってもらいたいですね。

 トラウトが予想以上に早く復帰出来れば良いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました