スポンサーリンク

【2021 NLCS_G1】ブレーブス、ライリーのサヨナラヒットで初戦をゲット

NLCSもスタート!

 現地2021年10月16日、ドジャース@ブレーブスのNLCSも始まりました。シーズンの勝利数は105勝のドジャースが上回りますが、地区優勝が優先されますので、ブレーブスがホームフィールド・アドバンテージを持つことになります。

ブルペンゲームのドジャースに勝てるか?

 NLDSでのジャイアンツとの死闘にリソースをつぎ込みまくったドジャースは中1日では誰を先発させるのか、悩みに悩みました。その結果、コーリー・クネイブルがNLDSの最終戦につづき、2試合連続のスタートとなりました。ドジャースはこれでオープナーによるブルペン・リレーでのゲームが決定。

 ブレーブスとすれば、ここは何としてでも勝っておきたいゲームとなりました。

ロスター

 まず、ドジャースのロスターです。RHPのエバン・フィリップスとLHPのジャスティン・ブルールがロスターイン。デービッド・プライスとOFのビリー・マッキニーが抜けました。

 一方のブレーブスは、RHPのクリス・マーティンと、1Bのヨハン・カマーゴがロスターイン。LHPのディラン・リーと、代走のスペシャリスト、テレンス・ゴアが落ちました。テレンス・ゴア、残念でしたね。

スタメン

 ゲーム1のスタメンはご覧の通り。マンシーを怪我で欠くドジャースはプホルズを1Bに。ブレーブスはいつものメンバーというところですね。

#ドジャースブレーブス
1
2
3
4
5
6
7
8
9
RF ベッツ
2B T・ターナー
SS シーガー
3B J・ターナー
C W・スミス
1B プホルズ
LF ポロック
CF テイラー
P クネイブル
LF E・ロザリオ
1B フリーマン
2B アルビーズ
3B ライリー
RF ピダーソン
CF デュバル
C ダーノー
SS スワンソン
P フリード
2021 NLCS G1スターター(現地2021年10月16日)

流れ

 1点を争うシーソーゲームでした。

2021 NLCS G1 LAD @ ATL
  • 1回表
    【LOS ANGELES】

    2アウトからコーリー・シーガーが二塁打を放つも、マックス・フリードに退けられ、無得点。

  • 1回裏
    【ATLANTA】(1-0)

    サイン違いか、エディー・ロザリオを3塁に置いて、コーリー・クネイブルがワイルドピッチ。ブレーブスが1点を先制(1-0)。

  • 2回表
    【LOS ANGELES】(1-1)

    2アウトからA.J.ポロックがダブル。クリス・テイラーがタイムリーを放ち、ドジャースがすかさず同点に(1-1)。

  • 4回表
    【LOS ANGELES】(2-1)

    ウィル・スミスがソロHRを放ち、ドジャースが勝ち越し(2-1)。

  • 4回裏
    【ATLANTA】(2-2)

    ブレーブスも負けじと、失点直後にオースティン・ライリーがLFへソロHRで再び、タイに(2-2)。

  • 5回表
    【LOS ANGELES】

    ピッチャーのトニー・ゴンソリンがシングルで出塁。しかし、ベッツがハードラックなダブルプレー。その後、トレイ・ターナーがシングルを放ち出塁するも、シーガーが三振を奪われ、ちぐはぐな攻撃となり無得点。

  • 7回表
    【LOS ANGELES】

    先頭のテイラーが二塁打で出塁。オースティン・バーンズが犠牲バントで1アウト3塁のチャンス。ベッツがポップフライ、トレイ・ターナーが三振に倒れ、無得点。

  • 9回表
    【LOS ANGELES】

    2アウトからテイラーが四球で出塁。ここで代打にコディー・ベリンジャー。ベリンジャーの当たりは2Bの頭を超えるRF前シングル。1塁ランナーのテイラーが走塁判断を誤り、オーバーランしたところでタッチアウト。チャンスを活かせず。

  • 9回裏
    【ATLANTA】(3-2)

    マウンドにはブレイク・トライネン。

    フリーマンが三振した後、アルビーズがシングルで出塁。アルビーズはライリーの打席で2盗に成功。トライネンのモーションが大きい。

    スコアリング・ポジションとなり、ライリーがLFの左を抜くヒットを放ち、これでアルビーズが生還。ブレーブス3-2のスコアでサヨナラ勝ち。NLCS初戦をものにしました。

ドジャースのリレー

 ブルペン・デーとなったドジャースのリレーは、クネイブルが1イニング、2番手に力のあるビックフォードが3回1アウトまでの1.1イニング。3番手にジャスティン・ブルールで、4回1アウトまでの1イニング。トニー・ゴンソリンが4回2アウト目から5回終了までの1.2イニングを担当。

 6回からはベシア、ケリー、ジャンセンが1イニングずつ。9回にトライネンでした。

ドジャースのチャンスを阻んだフリードの投球

 マックス・フリードは6イニングを投げ抜きました。球数は81球。被安打8ということから、ドジャースがいかにチャンスメイクしてきたかがわかります。特に5回表に無警戒のゴンソリンにシングルを打たれたシーンは失点の危機でもあったのですが、この日何度もいいところを守っていたアルビーズの守備にも助けられました。

 ブレーブスの投手リレーはマツェック、ルーク・ジャクソン、ウィル・スミス。特に7回のマツェックはよく凌いだと思います。

オースティン・ライリーが4-2

 4回に同点HR、そして9回の好機にサヨナラ安打を放ったオースティン・ライリーはこの日は4打数2安打、2打点と活躍。

 この日はフレディー・フリーマンの後を打ったオジー・アルビーズも4-2。影のMVPはアルビーズと言っていいかもしれませんね。

 一方、デュバル以降はノーヒットでしたので、Game2以降の課題となりそうです。

今後

  先発に腐心したドジャースはこの日は半ば負けも覚悟していたゲームだったかもしれません。2戦目以降、シャーザー、ビューラー、ウリアスを用意しているので、そこは負けられないですね。

 ショートレストでも期待に応えることが出来るシャーザーが2戦目にどういう投球を見せるのか。注目ですね。ブレーブスはGame2にイアン・アンダーソンを起用します。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました