スポンサーリンク

【2021ALCS_G2】J.D.とデバースがグランドスラム!レッドソックスが大量リードを守りきり、勝利。

ALCSは1勝1敗でFENWAYへ

 現地2021年10月16日、レッドソックス@アストロズのALCS Game2は、レッドソックスが序盤にJ.D.マルチネス、ラファエル・デバースの2本のグランドスラムで大量リード。中盤にはキケ・ヘルナンデスにも一発も飛び出し、追加点。投げてはネイサン・イオバルディ、ギャレット・ウィットロックが好投し、粘るアストロズを振り切って9-5で勝利しました。

スタメン

 メンバーはご覧の通り。アストロズは先発のルイス・ガルシア以外は前日と同じ。レッドソックスは、シュワーバーをリードオフに据える超攻撃型布陣。デバースは4番から3番に、ベルドゥーゴが5番に。投手がイオバルディということで、捕手は相性の良いプラウェッキが先発マスク。

#レッドソックスアストロズ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
P
1B シュワーバー
CF K・ヘルナンデス
3B デバース
SS ボガーツ
LF ベルドゥーゴ
DH J.D. マルチネス
RF レンフロー
C プラウェッキ
2B アローヨ
【P】N・イオバルディ
2B アルトゥーベ
DH ブラントリー
3B ブレグマン
LF J・アルバレス
SS コレア
RF タッカー
1B グリエル
CF マコーミック
C マルドナード
【P】L・ガルシア
ALCS Game2 スタート(現地2021年10月16日)

流れ

 序盤からレッドソックスが猛攻。

2021 ALCS G2 BOS@HOU
  • 1回表
    【BOSTON】(4-0)

    JD・マルチネスがグランドスラム

    • (シュワーバーがダブル、キケがCFライナー、デバースが四球、ボガーツが三振、ベルドゥーゴが四球)

    一方、1回裏、イオバルディは無失点。

  • 2回表
    【BOSTON】(8-0)

    デバースがグランドスラム

    • 先頭のプラウェッキに四球を出したところで、ルイス・ガルシアが降板。ジェイク・オドリッジがマウンドへ
    • アローヨがシングル、シュワーバーが三振の後、キケもシングルで1アウト満塁。ここでデバースが3球目のインコースのカットボールをRFスタンドへ豪快に放り込み、グランドスラム。
  • 4回表
    【BOSTON】(9-0)

    1アウトからキケがLFへきれいなソロHR。

  • 4回裏
    【HOUSTON】(3-9)
    • 2アウトから、アルバレスが四球
    • コレアがRF前シングル
    • カイル・タッカーがLFフェンスに当たる大きな二塁打でアルバレスが還り、1点(1-9)。
    • グリエルがRF前シングルを放ち、コレアとタッカーがホームイン(3-9)。
  • 6回裏
    【HOUSTON】
    • 1アウトからアルバレスがRF前へシングル。ここでイオバルディが交代。オッタビーノへスイッチ。
    • オッタビーノはタッカーにシングルを打たれるも無失点。

  • 7回裏
    【HOUSTON】

    このイニングからギャレット・ウィットロックがマウンドに。捕手はバスケスに交代。

  • 8回裏
    【HOUSTON】

    ギャレット・ウィットロックの前に、ブレグマン、アルバレス、コレアが凡退。

  • 9回表
    【BOSTON】
    • 先頭のボガーツが二塁打で出塁。ベルドゥーゴの進塁打でボガーツは3塁へ。
    • J.D.マルチネスの3Bゴロでブレグマンがボガーツへタッチした後、1塁へ送球で1アウト。VTRチャレンジにより、ボガーツは3Bに戻りきれずタッチアウトが判明し、3アウトでチャンスを活かせず。
  • 9回裏
    【HOUSTON】
    • マウンドにはダーウィンゾン・ヘルナンデス。
    • 1アウトからグリエルがLFスタンドへソロHR(4-9)。
    • 2アウト後、ジェイソン・カストロがCFへ豪快な一発(5-9)。ダーウィンゾンはここで降板。
    • ピッチャーはライアン・ブレイジャーにスイッチ。
    • ブレイジャーはアルトゥーベをCFライナーに打ち取り、ゲームセット。
    • レッドソックスが9-5で勝利しました。

ポストシーズン史上初

 初回のJ.D.マルチネスと2回のラファエル・デバースによる2本のグランドスラムですが、1試合2本のグランドスラムはポストシーズン史上初。

 さらに、最初の2イニングで2本のグランドスラムが出たのはレギュラー・シーズンを含めるとたったの5回しか事例がありません。

イオバルディとウィットロックの好投

 そしてなんと言ってもこの日先発のネイサン・イオバルディが期待通りの投球を披露。4回2アウトから突如バタバタとしましたが、それでも失点3に抑える好投。

 イオバルディは5.1イニング、81球で被安打5、失点3、与四球1、奪三振3をマーク。イオバルディはポストシーズン通算のERAが2.37。2021年のポストシーズンだけで言うと、3.45です。

 そして中盤に流れが変わりそうになったのを抑えたのがギャレット・ウィットロック。今ポストシーズンではもはやクローザー・ロールかと思われましたが、コーラ監督は一番いいブルペンの投手を起用し、流れをキープしました。

 このゲーム、ウィットロックは2イニングで与四球1のみの、素晴らしい投球を見せました。

まだ落ち着かない終盤

 この日、レッドソックスは9回裏にダーウィンゾン・ヘルナンデスを起用。ダーウィンゾンは、この日のALCS Game2がキャリア上、ポストシーズン初登板となったのですが、2アウトまで奪うも2HRを浴びるホロ苦デビュー。澤村投手同様に、初陣を飾れませんでしたが、この経験は活かしてもらいたいと思いますね。

今日のキケ

【ALDS_G2】【ALDS_G3】【ALDS_G 4】【ALCS G1】【ALCS G2】
1. ダブル
2. SSゴロ
3. HR
4. ダブル
5. GR・ダブル
6. シングル
1. シングル
2. シングル
3. HR
4. 3Bライナー
5. 空振り三振
6. SSゴロ
1. RFライナー
2. LFフライ
3. 2Bゴロ
4. シングル
5. サヨナラ犠飛
1.LF前シングル
2. HR
3. ダブル
4.三振
5. HR
1. CFライナー
2.LFへシングル
3. HR
4. 三振
5.死球
(現地2021年10月16日時点)

 この日のキケ・ヘルナンデスは4-2、1HR、1RBI、2Runs。

 今ポストシーズンの成績は、32-16、打率.500、OBP .514、SLG 1.094、OPS 1.608。まったく、OPSの数字ようなSLGです。

アストロズ、先発が崩れる

 アストロズはルイス・ガルシアでは厳しい戦いを強いられるのは予想していたと思いますが、想定以上に厳しい結果に。1イニングで被安打5、失点5、与四球3、被本塁打1。

 シリーズは1勝1敗のタイに。このカードは1日空いて、現地18日から舞台をフェンウェイパークに変えて行われます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました