スポンサーリンク

【MLB2022】ブレーブスがロビンソン・カノーを獲得!早速メッツ戦に起用か!?

ロビー・カノー、ブレーブスへ

 現地2022年7月11日、サンディエゴ・ユニオン・トリビューン誌によりますと、パドレスがロビンソン・カノーをブレーブスにトレードに出したとのことです。こちらはまだ公式情報ではありませんが、MLB.com内にも記載されており、決定と考えて良さそうです。

 ブレーブスからパドレスにはキャッシュ・コンシダレーション(金銭)で、選手は動きません。

カノーの今季の動き

 ロビンソン・カノーの今季の動きをまとめてみました。

  • 5/2:メッツがDFAに
  • 5/8: メッツがリリース
  • 5/13:FAとしてパドレスとメジャー契約でサイン
  • 5/15: パドレスでメジャーのゲームに出場。
  • 6/1: パドレスでのメジャー出場の最後
  • 6/3:パドレスがカノーをマイナーへオプション
  • 6/3:カノーはマイナー・オプションを拒否→FAへ
  • 6/11: パドレスとマイナー契約
  • 7/10: ブレーブスへ金銭トレード

 メッツをリリースされた後、5/13にFAとしてパドレスとメジャー契約。しかし、12試合で、33-3、打率.091と結果が出ずに、マイナーへオプションとなります。しかし、10-5ルールで、マイナーへのオプションを拒否できるカノーはそれを行使。そしてFAとなっていました。

 ところが、6/11に再度パドレスと契約。今度はマイナー契約です。そしてブレーブスへトレード・・・という流れです。

チワワズ(SDの3A)で結果

 6/11にパドレスとマイナー契約を結んだカノーはトリプルAのエルパソ・チワワズでゲーム出場。シーズン序盤にあれだけ苦戦していたにもかかわらず、ここに来て結果を出しました。

 21試合で、96−32、打率.333、OBP .375、SLG .479、二塁打が5本、HRが3本です。

 見違えるような数字に。

ブレーブス、左打者が手薄だった

 ブレーブスは、現地2022年6月12日にオジー・アルビーズを骨折で欠くことになりました。アルビーズは2Bですね。そのアルビーズの復帰はベスト・エフォートで8月半ばと目されており、まだまだ時間がかかります。

 アルビーズに代わって2Bを任されているのがオーランド・アルシア。筆者はブルワーズ時代から好きな選手です。アルシアは渋い活躍を見せており、打率.252ながら、やはり守備では貢献しています。ただ、この打率が物語るように、アルビーズの打撃力を補完しているわけではありません。しかも右打者。

 ブレーブスは右打者はすごいのです。オースティン・ライリー、マーセル・オズーナはともに長距離砲。捕手ではありますが、トラビス・ダーノーは中核を打つケースも。スワンソンも右打席。そしてロナルド・アクーニャ・Jr.も右打席です。素晴らしい布陣です。

7月11日からメッツ戦!

 そして現地2022年7月11日からはアトランタでメッツ3連戦が始まります。

 メッツと言えば、強力な右腕を持っています。カルロス・カラスコ、そして怪我から復帰したマックス・シャーザー、クリス・バシット。ジェイコブ・デグロムはこの3ゲームシリーズには間に合いませんでした。

 すでにスターターも決まっており、Game1はシャーザー、Game2は左腕のデービッド・アンダーソン、そしてGame3はクリス・バシット。

 強い右投手を相手に、インパクトのある左打者はやはり置いておきたいところ。ここでブレーブスが目をつけたのが、チワワズで結果を出したロビンソン・カノーでした。

メッツ戦に出場する!? 

 ブレーブスはこの3Gameシリーズにロビンソン・カノーをぶつける可能性が高いです。エディー・リザリオは帰ってきしたし、ルーキーのマイケル・ハリス2世はかなりの活躍を見せているので、マット・オルソンを十分に支えてはおりますが、やはりもう1枚左打者がいてもいいと思います。

 もしカノーを起用することになれば、古巣メッツとの対戦に。

 ブレーブスは勢いもありますので、カノーの起用は案外いい効果を生むかもしれません。

 ここは注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました