スポンサーリンク

【ALDS 2022】アストロズがアルバレスの2ランで逆転勝利!ジェレミー・ペーニャがまたしても殊勲のつなぎ

2022 ALDS Game2

 アストロズ、強いですね!

 現地2022年10月13日、この日はALDSが2試合予定されていましたが、もう1つのガーディアンズ@ヤンキース戦はニューヨークが嵐であったため、順延されました。よって、この日はマリナーズ@アストロズのカードのみ行われました。

L・カスティーヨ vs F・バルデス

 先発はマリナーズがルイス・カスティーヨ。エースの風格漂う雰囲気のある右腕ですね。アストロズはフランバー・バルデス。シーズン17勝6敗、ERA 2.82で、勝利ランキング2位、ERA ランキング6位と素晴らしい成績を納めた左腕。しびれるような顔合わせとなりました。

 やはり先発がいいとゲームが締まりますね。初回はともに3人ずつで斬って取り、無得点。

カイル・タッカーが先制HR

 先制点はアストロズでした。2回裏、1アウトからカイル・タッカーがやや甘めに入った真ん中低めのスライダーを見逃さず、RFへ大きなHRを放ち、1-0。失投と言えば失投でしたが、これは打ったカイル・タッカーが素晴らしかったです。

マリナーズが一度は逆転

 4回裏、マリナーズが反撃。1アウトからエウへニオ・スアレスが四球で出塁。つづく、ミッチ・ハニガーがLFへ二塁打を放ち、1アウトでランナーは2、3塁。

 カルロス・サンタナは2ストライクとなってカーブに手を出し、これがPゴロに。この処理をフランバー・バルデスがホームへ悪送球し、その間にスアレスが還り、マリナーズが1-1の同点に。サンタナが1、2塁間に挟まれ、ランダウンプレーとなりましたが、3塁に到達したハニガーがホームをうかがえず。ここはホームを狙っても面白かったと思います。

 ただ、つづくディラン・ムーアがRF前にシングルを放ち、2-1と逆転に成功しましたので、結果的にハニガーが躊躇してよかったことになりましたね。

 次のチャンスもマリナーズでした。6回表、2アウトからミッチ・ハニガーが四球を選んで出塁。つづくカルロス・サンタナが初球のシンカーを叩き、2塁打。さらに、ディラン・ムーアも四球で歩き、2アウトながら満塁のチャンスを迎えます。

 フランバー・バルデスはここで降板となりました。5.2イニングで92球。スコア以上にかなり神経をすり減らした投球になったと思われます。被安打4、失点2、BB2、SO6です。得意のカーブとチェンジアップをうまく使いながら、良い投球を見せたと思います。

 アストロズのマウンドにはヘクター・ネリス。バッターは勝負強いカル・ラリー。非常におもしろい対戦となりましたが、ヘクター・ネリスはここぞとばかり、スプリッターを連発。それしか投げず、SSゴロに抑えてこのピンチを切り抜けました。笑うしかない球種選択でしたね。

ジェレミー・ペーニャ、またしてもアルバレスにつなぐ

 ピンチの後にチャンスありで、6回裏、マリナーズのマウンドは引き続き、ルイス・カスティーヨ。

 2アウトからジェレミー・ペーニャがCF前にしぶとく落として出塁。完全に差し込まれていたのですが、力でCF前に落としました。これはCFのフランシスコ・ロドリゲスにまかせておけばスライディングで取ったかもしれません。2Bのアダム・フレイジャーが深い追いしてしまいました。ルイス・カスティーヨは怒っていましたね。

 注目したいのがジェレミー・ペーニャのつなぎ。Game1の9回裏も、ホセ・アルトゥーベが倒れ、絶望的な2アウトとなった後、ジェレミー・ペーニャがCF前に弾き返し、ヨルダン・アルバレスにつなぎ、サヨナラ3ランが飛び出したのでした。

 ペーニャのつなぎなくしてアルバレスの大仕事は達成できません。

ヨルダン・アルバレスが逆転2ラン

 そしてヨルダン・アルバレスが打席に。アルバレスに対してマリナーズ・バッテリーは被害の少ないアウトコースでの勝負を選択しました。1球目は遠く外れてボール。2球目、球種はシンカーでこれが枠から外れてはいたのですが、初球よりやや内に入りました。

 これをアルバレスがLFに持って行き、なんとスタンドイン。

 ヨルダン・アルバレスが逆転2ランHRを放ち、アストロズが一気に形成を逆転させます。スコアは3-2とアストロズがリード。

 ルイス・カスティーヨは失投ではありません。2球ともアウトコースは間違いではなかったと思います。インコースの方が怖いですから。ただ、スライダーならありかと思いましたが、これは後付けの考えです。よって捕手のカル・ラリーの選択は良かったと思います。打った方がすごい。

 ルイス・カスティーヨはこのイニングで降板。7回、104球、被安打が5、失点3、BB0、SO7、HR2。

 マリナーズは7回にも四球2つでチャンスをもらうも、ヨルダン・アルバレスの好守備に得点を阻まれるなど、この日はアストロズが1枚上手というチーム力を見せました。

 アストロズは8回裏に2アウトから、またしてもジェレミー・ペーニャが出塁。四球でアルバレスにつなぎました。しかし、マリナーズ・ベンチは申告敬遠を選択。このチャンスにアレックス・ブレグマンがRF前にクリーン・ヒットをつなぎ、追加点。

 最後はライアン・プレスリーが登板し、無失点に抑え、4-2でアストロズが勝利。ALCSへ王手をかけました。

 なお、この日はホセ・アルトゥーベも好守備を見せ、アストロズの強さがより浮き彫りになった日でもありました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました