スポンサーリンク

【2021 ALDS_G1】レイズ、マクラナハンとアロウザリナの活躍でレッドソックスから1勝(追記あり)

まずはレイズが先勝

 現地2021年10月7日、ALDSのもう一つのカード、レッドソックス@レイズ戦がトロピカーナ・フィールドで始まりました。

 ワイルドカードでヤンキースを下したレッドソックス、勢いをもってレイズ戦に臨みましたが、この日はレイズの良いところが目立ったゲームとなりました。

ALDS ロスター

 まずレッドソックスのロスターですが、澤村投手がまたしても外れました。そして8月以降の17試合でERAが9.26と悪化したマット・バーンズも外れました。足首を傷めているJ.D.マルチネスはロスターイン。

BOS:マット・バーンズがロスターIN

 一旦は、ALDSのロスターを外れたマット・バーンズですが、Game1でギャレット・リチャーズが故障したため、代わりに入ることになりました。

一方のレイズは、貢献度NO.1のライアン・ヤーブローがロスターから外れています。また、ムードメーカーでもあるブレット・フィリップスも外れました。

E・ロッド vs S・マクラナハン

 先発はレッドソックスがエドゥアルド・ロドリゲス。レイズがシェーン・マクラナハン。シェーン・マクラナハンは今季、レッドソックス相手に3試合に登板。1勝1敗でERAは2.81。16イニングで18奪三振と結構得意としています。

 レッドソックス打線がマクラナハンをどう攻略するかというところだったのですが、むしろレイズ打線 vs E・ロッドの図式の方が上回ってしまいました。

レイズ、好循環

 このゲームはとにかく、レイズの良いところが目立ったというゲームでした。一方のレッドソックスは要所で打球が真正面に飛んだりと、ハードラックが重なり、苦戦してしまったという展開。

ALDS G1 BOS @ TB
  • 1回表
    【BOSTON】

    2番カイル・シュワーバーがシングルで出塁するも、アウト3つはいずれも三振。シェーン・マクラナハンが立ちはだかりそうな予感のする初回でした

  • 1回裏
    【TAMPA BAY】

    E・ロッドが先頭のランディー・アロウザリナに四球。生命線のアウトコースへのコントロールが定まらず、落ち着かない立ち上がり。

    ワンダー・フランコのダブルでCFのキケがファンブルする間にアロウザリナがホームイン(1-0)。

    2アウト後、ヤンディー・ディアスの当たりは3B前の内野安打となり、3塁に進塁していたアロウザリナがホームイン(2-0)。

  • 2回表
    【BOSTON】

    ハンター・レンフローがシングル、アレックス・ベルドゥーゴが2Bのフィルダース・チョイスで出塁。チャンスだったものの、ボビー・ダルベックの当たりは、SSフランコの正面の当たりとなり、ダブルプレー。このイニングで得点ならず

  • 2回裏
    【TAMPA BAY】

    E・ロッドが2アウトを奪ったところで降板。ギャレット・リチャーズに交代。打者1人を打ち取り、レイズは無得点。

  • 3回裏
    【TAMPA BAY】

    レッドソックスはこのイニングからニック・ピベッタを投入。2アウトからネルソン・クルーズにキャット・ウォークに当たる大きなHRを打たれ、レイズは追加点(3-0)。

  • 4回表
    【BOSTON】

    デバースとベルドゥーゴがシングルを放ち、2アウトながら1、2塁のチャンスを迎えるも、捉えたダルベックの当たりは3Bライナー。またしても得点ならず。

  • 5回裏
    【TAMPA BAY】

    先頭のランディー・アロウザリナがLFへソロHR(4-0)

  • 7回裏
    【TAMPA BAY】

    2アウトから四球で出塁したランディー・アロウザリナが、ワンダー・フランコの二塁打で3塁へ進塁。ピッチャーは左腕のジョシュ・テイラー。ブランドン・ラウのときに、アロウザリナがホームスチール(5-0)

  • 8回表
    【BOSTON】

    3本のシングルで満塁。バッターはラファエル・デバース。しかし、デバースは三振。つづくレンフローも凡退で得点ならず。

    レイズはファイヤライゼンが8回、9回を抑え、5-0 のスコアで勝利

 シェーン・マクラナハンに苦戦したレッドソックス打線ですが、活発ではありました。ただ、ハードラックも続き、Game1を落としてしまいました。

Game Score

アロウザリナのホームスチール

 ランディー・アロウザリナの7回のホームスチールは痛かったところです。2アウトからの失点。

 このホームスチールはかなり条件が揃っていました。まず、レッドソックスがシフトで3塁ベースを空けていたこと。2アウトでバッター勝負で、シフトを敷いていたというのが大きかったです。

 そして投手が左。打者も左。全ての条件が揃ったホームスチールでその機会をしっかりとものにしたレイズが素晴らしかったと思います。

 Game1を落としたレッドソックスですが、悪いところが全部出たというくらいに割り切ってもらいたいなと思います。

デバース、右腕がおかしい

 このゲームでラファエル・デバースが三振して痛みを我慢していたケースがありました。ゲーム後、アレックス・コーラ監督はデバースの怪我を否定したものの、状況は明らかにデバースが100%ではないことを物語っていました。

 Game2も100mph超えのシェーン・バズが登板。デバースの出来もレッドソックスの鍵を握ります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました