スポンサーリンク

【NLDS 2022】フィリーズ、ホスキンス&ハーパーがHR!S・ストライダーを攻略し、CSへ王手

2022 NLDS Game3

 現地2022年10月14日、ブレーブス@フィリーズのNLDS Game3が舞台をフィラデルフィアに移して行われました。大観衆が後押しする中、フィリーズは打線が爆発!レギュラー・シーズンで強烈なインパクトを残したルーキーのスペンサー・ストライダーを攻略し、NLCSへ王手をかけました。

3回にホスキンス&ハーパーがHR

 ブレーブスの先発のスペンサー・ストライダーはシーズン終盤に腹斜筋を傷めてIL入り。その回復度合いが心配されましたが、時間をゆっくりと使ってポストシーズンに間に合わせてきました。

 そのスペンサー・ストライダーは初回からHigh-90mphのファストボールを連発。2イニングで3奪三振とシーズンと変わらない立ち上がりを見せました。

 常時High-90mphのベロシティーを出す投手がリズムに乗ると、どのクラブでも途端に打てなくなるものなので、フィリーズ目線から言えばこれは厄介だと思える立ち上げりでもありました。フィリーズ打線はポストシーズンで好調なもおの、レギュラー・シーズンではストライダーにコテンパンにやられたので、この日もその二の舞か?などと心配していましたが、崩れたのは豪腕ルーキーの方でした。

ストライダー、急変!ベロシティー・ダウン!

 スペンサー・ストライダーのレギュラー・シーズン最後の登板は2022年9月18日。いみじくもフィリーズを相手に圧巻の投球を見せ、6イニングで被安打 1、失点 1、BB 3、SO 10をマーク。11勝目を上げました。

 具の音も出ないほどフィリーズを圧倒したストライダーでしたが、この日はブランクが響いたのか、3イニング目にベロシティーが落ちました。

 ストライダーの1、2回のベロシティーは98-100mphが中心でした。ところが、3イニング目からは95-96mphにダウン。ランナーが出てからギアを上げて、なんとかエンジンを蒸そうと試みましたが、それでも97mph近辺がせいいっぱい。

 普通の投手ならこれでも十分に速いのですが、1、2回でとびきり速いボールを見せられていた後だけにフィリーズ打線にとっては楽な状態に。

 3回裏はご覧の流れになりました。

  • ブランドン・マーシュ:四球
  • ジーン・セグラ:三振(1アウト)
  • ブライソン・ストット
    3球目の後に1塁牽制。これが暴投となり、マーシュが一気に3塁へ進塁
    ストットは86.2mphのスライダーをRFへ2ベース。マーシュが還り、フィリーズが1点
  • カイル・シュワーバー:申告敬遠
  • リース・ホスキンス:初球の4シームが93.8mph。ど真ん中に来たのをLFへ3ランHR
    (ATL 0-4 PHI)
  • JT・リアルミュート:スライダーをLFへシングル

    ストライダーはここで降板。ディラン・リーにスイッチ
  • ブライス・ハーパー:初球をHR!(ATL 0-6 PHI)
  • ニック・カステヤーノス:シングル
  • アレク・ボーム:2Bポップフライ(2アウト)
  • ブランドン・マーシュ:SSポップフライ(3アウト)

 スペンサー・ストライダーはマウンドには復帰できたものの、本来の投球のスタミナが復活していなかったということですね。2.1イニングで52球、被安打3、失点5、BB2、SO4、HR1に終わりました。ポストシーズンはホロ苦デビューということに。

【YOUTUBE】MASSIVE HOMERS FROM PHILLIES!! Rhys Hoskins then Bryce Harper GO DEEP in same inning of NLDS Game 3!

アーロン・ノラが6回1失点!

 一方、フィリーズ先発のアーロン・ノラは好調を維持。立ち上がりにランナーを2人背負うも無失点に切り抜け、リズムに乗りました。2回にはマイケル・ハリス2世、マーセル・オズーナ、ボーン・グリッソムを3者連続三振に斬って取り、地元ファンを大いに沸かせます。

ホスキンス、またやってしまう

 場面は進んで6回表、アーロン・ノラは先頭のダンスビー・スワンソンに二塁打を浴び、ピンチを迎えます。ここで強打者マット・オルソンとの対戦になりました、ここは際どいコースばかりを狙い、四球。つづくバッターはオースティン・ライリー。レギュラーシーズン中はライリーがこういった場面でいい仕事をしたのですが、いかんせん、今ポストシーズンは絶不調。ノラは傾向が出ていたのか、一貫して高めを投じ、ライリーを空振り三振に。

 つづく、トラビス・ダーノーはSSゴロ。これでダブルプレーでチェンジかと思った瞬間、1Bのリース・ホスキンスがまさかの落球。しかも、ほぼど真ん中とも言える好送球をミス・キャッチするというメジャーではあまり見ないエラーでした。速く攻撃を終わらせたいという意思が焦りが生み出したのでしょうか?ちょっと残念なプレーでしたね。

 この後、ノラはマイケル・ハリス2世にタイムリーを打たれ1失点。ホスキンスの落球が無ければ無失点だったのにと思ってしまいますね。

 ノラは追加点が危ぶまれる状況になりましたが、マーセル・オズーナをSSゴロに打ち取り、1失点のみで抑えました。

 フィリーズは7回裏にもジェシー・チャベスから得点。ブライス・ハーパーがあわや2本目か!という当たりを左中間に放ちましたが、これは二塁打に。さらに、ニック・カステヤーノスが2点タイムリーを放ち、このイニングでさらに追加点。

 ブルペンもノラ以降は、ホセ・アルバラード、ブラッド・ハンド、コナー・ブログドンが無失点リレーを見せ、9-1の大差で勝利しました。フィリーズはこれでNLCS進出に王手をかけました。

ブレーブス、3人が沈黙

 シーズン中に流れるようにつながったブレーブス打線。しかし今ポストシーズンでは3試合で、オーランド・アルシア、オースティン・ライリー、マイケル・ハリス2世がともに1安打と沈黙。

 シーズン中に大きな得点源となったオースティン・ライリーの不調がゲームを難しくしている印象です。

 ゲーム3は、ブレーブスがチャーリー・モートン、フィリーズがノア・シンダーガードが先発します。

 フィリーズが一気に決めるのでしょうか!?

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました