スポンサーリンク

【ALDS 2022】アストロズ、3-7からの大逆転!ヨルダン・アルバレスがサヨナラ3ランHR

2022 ALDS Game1

 現地2022年10月11日、ALDSが始まりました。

 レギュラー・シーズンでア・リーグ最高勝率をマークしたアストロズはワイルドカード枠1位と2位の勝者との対戦。ワイルドカード・シリーズでは2位のマリナーズが1位のブルージェイズをスイープして勝ち上がりました。

L・ギルバート VS J・バーランダー

 満を持してポストシーズン初戦を迎えるアストロズはエースのジャスティン・バーランダーが先発。一一方のマリナーズはポストシーズン初先発となるローガン・ギルバートが先発です。

バーランダーが6失点

 このゲームは波乱の幕開けとなりました。アストロズ先発のジャスティン・バーランダーが序盤から大苦戦。

 1回表、先頭のフリオ・ロドリゲスに四球を与えた後、タイ・フランスにシングルを打たれ、ノーアウト、ランナー1、3塁のピンチ。エウへニオ・スアレスはスライダーで三振を奪うも、つづくカル・ラリーにはRF前シングルを許し、まず1点。打たれた2安打はいずれもど真ん中に近いところでした。

 バーランダーは2回も復調の兆しを見せず、甘いボールが続きました。先頭のアダム・フレイジャー、つづくジャレッド・ケルニックに連続ヒット。1アウト後、2巡目となったフリオ・ロドリゲスとの対戦ではCFへタイムリー・ダブルを許してこの回2失点。さらに、タイ・フランスにもタイムリーを許して3失点目。

 エウへニオ・スアレスをダブルプレーに取り、なんとかこのイニングは3失点で食い止めましたが、1、2回で計4失点。

 3回は打者3人で抑え、立ち上がりの兆候を見せました。 

 ところが、4回表は2アウトまで奪うも、その後がいけませんでした。まずJP・クロフォードに一発を浴び、1失点。3巡目のフリオ・ロドリゲスにはトリプルを、タイ・フランスにはダブルを打たれ、さらに1失点。その後は2打席連続で抑えていたエウへニオ・スアレスにLFへシングルを打たれるも、これはヨルダン・アルバレスの好返球に助けられ追加の3失点目は防ぎました。

 バーランダーは4回で降板。81球を投げ、被安打10、失点6、BB1、奪三振3、HR1という成績でした。

 なお、バーランダーはこの日の登板でポストシーズン通算32試合目(このうち先発が31試合)。イニング数は191.2イニングを数え、奪三振は208となりました。もう1シーズン分ですね。

ローガン・ギルバートはまずまずの内容

 一方のマリナーズ先発のローガン・ギルバートは5.1イニングを投げ、被安打5、失点3、自責点3、BB2、SO5、HR1という成績でした。

 失点は3回裏に、先頭打者のチャズ・マコーミックをCF前シングルで出したのをきっかけにした、ヨルダン・アルバレスのタイムリー・ダブルによる2失点。さらに4回裏に、ユリ・グリエルに打たれたソロHRによる1失点の計3点です。

アストロズ、3-7からの大逆転

 マリナーズは7回表にこの日の最初の2打席で内容が悪かったエウへニオ・スアレスが、クリスチャン・ハビエルからソロHRを放ち、7-3とリードを拡げました。

 アストロズは7回裏に代打で出場したクリスチャン・バスケスがシングルを放ち、チャンスを作るも、無得点。4点差で残り2イニングとなっていました。

アンドレ・ムニョスから8回に2得点

 8回裏、マリナーズのマウンドにはアンドレ・ムニョスが上がりました。締めにかかりに来ましたね。

 しかし、アストロズは粘りを見せます。1アウトからシングルで出塁したヨルダン・アルバレスを1塁に置いて、アレックス・ブレグマンがハンガー・スライダーとなった4球目を見逃さず、左中間に2ランHRを放ち、5-7と2点差にまで追い上げます。この一発は大きかったですね。さすがに勝負強いブレグマンです。

 9回裏、マリナーズのマウンドはポール・シーワルド。ベテラン・クローザーはまずクリスチャン・バスケスをSSゴロに抑えて1アウト。

 ところが、代打で登場したデービッド・ヘンスリーには死球を出し、ちょっと嫌な空気を醸し出します。ここで嫌なバッターのホセ・アルトゥーベを迎えましたが、さすがのベテラン右腕はアルトゥーベを三振に仕留め、2アウト。一番いい打者が倒れてこれで終わりかと思いました。

 あとアウト1つとなったところで、ジェレミー・ペーニャが打席に。ペーニャは2球で2ストライクを奪われ、万事休すかと思いましたが、4球目のアウトローの厳しいコースのスライダーをCFに弾き返し、望みをつなぎます。

ロビー・レイが登場! 

 左打者のヨルダン・アルバレスを迎えたというところで、右サイドワインダーのシーワルドでは嫌な予感がしたのでしょう。スコット・サービス監督はここでなんとロビー・レイを投入。

 ポストシーズンならではのスーパー・リレーです。マリナーズとしては打てる手は打ったというところです。しかも、高級感さえ漂う贅沢なリレー。

ヨルダン・アルバレスがサヨナラ3HR

 しかし、この日のヨルダン・アルバレスには左のサイヤング賞投手でも通用しませんでした。

 勝負は早かったです。初球のシンカーをファウルにしたアルバレス。マリナーズ・バッテリーはつづく2球目もシンカーを選択。しかし、このシンカーが真ん中低めの甘いところに来てしまいました。

 ヨルダン・アルバレスは待ってましたとばかりに豪快にスイング。これがRFスタンド深くにささる3ランHRに。

 スコアが8-7となり、ヨルダン・アルバレスのサヨナラHRでアストロズが土壇場で大逆転したというゲームでした。

ヨルダン・アルバレス、5-3、5RBI

 これで先発のバーランダーの6失点もきれいにキャンセルしました。アストロズ、強いです!!ワイルドカード・シリーズでいい勝ち方をしたマリナーズを一蹴しました。

 この日、ヨルダン・アルバレスは5打数3安打、5打点という素晴らしい活躍を見せました。

 さすがにシーズンMVP候補ですね。

【YOUTUBE】Comeback complete! After trailing 7-3 in the 8th, the Astros stun the Mariners with two late homers!

 注目のGame2は1日空いて、現地13日となります。先発はマリナーズがルイス・カスティーヨ、アストロズがフランバー・バルデスです。ここですね。ア・リーグの今季のポストシーズンの最高の顔合わせということになりそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました