スポンサーリンク

【NLDS 2022】フィリーズ、一丸で先勝!ハーパーが送りバント!

2022 NLDS Gm1

 現地2022年10月11日、いよいよDS(Division Series)が始まりました。

 カージナルスとのワイルドカード・シリーズを制したフィリーズはトゥルーイスト・パークでブレーブスとの対戦。いよいよ前年のワールドシリーズ・チャンプがポストシーズンに登場してきました。

フリードVSスアレス

 先発はブレーブスがマックス・フリード、フィリーズがレンジャー・スアレスで左腕同士の投げ合いとなりました。

フリード、カーブが少ない

 ブレーブス先発のマックス・フリードは立ち上がり、リードオフのカイル・シュワーバーが初球を叩いて2Bゴロに終わったこともあり、リズムよく2アウトを奪います。

 ところが、そこからJT・リアルミュート、ブライス・ハーパー、ニック・カステヤーノスに3連続シングルを浴び、1失点。さらに、アレク・ボームにも2球で2ストライクと追い込みながら、CF前にタイムリー・シングルを許し、2失点目。

 確かに高めには浮いていましたが、それほど悪いとは思えない中、いきなりの4連続シングルの集中打で2点を失うことになりました。夢でも見ているかのような2失点でした。

 マックス・フリードは3回にも2失点、さらに4回にも四球と二塁打でランナーを溜めたところでジェシー・チャベスにスイッチ。この日は3.1イニングで被安打8、失点6、自責点4、1BB、2SO。

 トラビス・ダーノーは初回はカーブを1球しか要求しませんでした。中盤以降に混ぜる予定だったのか、カット、シンカー系をコンパクトに当てられていたので、もっとタイミングを崩しては?などと思うようなリードでもありました。

フィリーズ、一丸 

 よくワイルドカードで勝ち上がったクラブが勢いそのままに、シーズンで好成績を上げたクラブをころっと負かすということがありますが、フィリーズは勢いもあるものの、非常にチームバッティングが目立ちました。

 これはこれまで見られなかった攻撃で、ロブ・トムソン流の短期決戦用の攻撃かもしれません。

ハーパーがバント!

 驚いたのが、3回の攻撃。先頭のJT・リアルミュートが投手前にボテボテのゴロを放ち、その処理でマックス・フリードが投げたボールは高く浮いてしまい、マット・オルソンの足がベースから離れたことでセーフに。嫌な形で先頭打者を出しました。

 その後です。4番DHのブライス・ハーパーはインローのシンカーに思わず手が出て、空振り。その2球目、なんとバントの構えをするではないですか!

 ハーパーはそのまま犠牲バントを決め、リアルミュートの進塁をアシストしました。

 このバントですが、初球の空振りを見る限り、やはりハーパーに任せた打席であったと思います。それにも関わらず、2球目に犠牲バントを敢行。これはサインではなく、ハーパーの独自のアイデアの可能性が高いです。ただ、ランナーのこともあるので事前に「あるかも」という認識は一致させていたかもわかりません。それにしても驚きました。ハーパーでしかも4番が犠牲バントですから。

 これで点が入らなければ嫌なムードになるところでしたが、直後にニック・カステヤーノスがRFオーバーの2塁打を放ち、1アウト2、3塁とチャンスを拡大。つづくボームがCFへ犠牲フライを放ち、追加点。さらにジーン・セグラもタイムリーシングルを放ちこのイニング2得点目。点につながってよかったですね。

ハンド、ドミンゲス、アルバラードがパーフェクト

 5回を終了して7-3とリードしたフィリーズ。6回から8回までの3イニングをセランソニー・ドミンゲスとホセ・アルバラードの2人で抑えたのが素晴らしかったです。その前のブラッド・ハンドから3連続でパーフェクト・リレーを展開しました。

 最終回、デービッド・ロバートソンがふくらはぎを傷めているため、ワイルドカード・シリーズからザック・エフリンが投げていますが、マット・オルソンに3ランHRを浴び、1点差まで詰め寄られるも、1点差を守り抜き、フィリーズがNLDSの初戦を7-6で取りました。

チームバッティングに徹するフィリーズ

 ワイルドカード・シリーズからそうですが、フィリーズはここぞというときに逆方向へのシングルなど、完全にチームバッティングに徹しています。ハーパーのバントもその象徴でもありますが、まさかこのような戦い方をするとは思いませんでした。

 カイル・シュワーバーはワイルドカード・シリーズからまだヒットが出ていませんが、この日はランナーが2Bにいるケースでしっかりと2Bゴロを放って進塁打とするなど、本当に徹底しています。内容の濃い野球になっていると思います。

 そして走塁が非常に良く、これが得点力にもつながっています。

 フィリーズ、良い戦い方で1勝。Game2はザック・ウィーラーとカイル・ライトの投げ合いです。

 楽しみですね。

 お読みいただき。ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
タイトルとURLをコピーしました