スポンサーリンク

【NLDS 2022】パドレスが内容の濃い試合を制し、1勝1敗のタイに!ダルビッシュ投手とスアレスが流れをつくる

2022 NLDS Game2

 現地2022年10月13日、パドレス@ドジャースのNLDS Game2が行われました。

 前日のGame1の前半では、パドレス先発のマイク・クレビンジャーがドジャース打線に掴まり、4本のタイムリー長短打で3回を終えて5−0とドジャースがリード。ワイルドカード・シリーズではメッツをねじ伏せたパドレスでしたが、メッツはシーズン後半からチーム状態が下降気味で、このシリーズではパドレスの良さばかりが目立ちました。

 ところが、今回のNLDSではそれとは違います。ドジャースに大きな不調の要素は見当たらず、まさに実力が問われるシリーズでもあります。

実力が問われるシリーズ

 そんな中、Game1での序盤での5失点は実力の差が出たか!?とまたしてもドジャースの前に簡単に崩れ落ちるのかと思いましたが、そうではなかったです!

 パドレスは5回表に好投を許していたフリオ・ウリアスから3得点。ヒットで出たランナーを進塁打で返すというしぶとい攻撃を披露しました。6回表にもランナーを2人出し、同点のチャンスを作るも最後はウィル・マイヤーズがいい当たりのダブルプレーに斬って取られ流れをつかめませんでしたが、内容は非常によく、それ以降はドジャースに気持ちよくプレーさせませんでした。特にブルペンが良く、2番手以降はスコアレス・リレーです。最終的に3-5のスコアで敗れはしましたが、非常に期待の持てるGame1となったのでした(Game1スコア)。

ダルビッシュ投手 vs カーショウ

 Game2の先発はパドレスがダルビッシュ投手。オースティン・ノラとのバッテリーです。一方のドジャースはクレイトン・カーショウが先発。

 そう言えば、ノラは兄弟でNLDSに進出ですね!

ダルビッシュ投手、粘りの投球を披露 

 ダルビッシュ投手はこの日はボールが走っていませんでした。ファストボールは93-94mphというところで、非常に苦心していたマウンドだったと思います。

 相手は溢れ出る攻撃力を誇るドジャース。しかもすでに1敗を喫していて負けられない!など、様々な圧の中で投げ続け、なんとか技術で凌いで3失点でゲームメイクというところ。ダルビッシュ投手は6回にもマウンドに上がりましたが、先頭から2人続けてシングルを打たれたところで降板。記録的には5回ということに。球数は99球。かなりメンタルを使った投球だったのではないかと思います。

 被安打7、失点3、BB2。

 被安打7のうち、HRが3本。初回にフレディー・フリーマンにCFへ運ばれたソロHR、2回にマックス・マンシーにカーブをRFスタンドに持って行かれたソロHR、そして3回にトレイ・ターナーにハンキング・スライダーをLFへ持って行かれたソロHRの3本。

 3本はいずれも真ん中近くのボールで失投ではありましたが、他の投手なら大崩れとなるところで、よく3失点で凌いだと思います。この粘投があったので、後半の味方の攻撃を呼び寄せたと言っていいでしょう。奪三振7で打線を分断しています。

カーショウも3失点

 一方のクレイトン・カーショウも士気の高いパドレス打線に苦戦。3回までは毎回ランナーを背負う投球で、5回を投げて、被安打が6、失点が3、BBは0、SOは6、HRが1という内容。ダルビッシュ投手と似ています。

 ともに打線の士気が高い中、両先発が3失点で抑え、ゲームを壊さなかったという前半でした。

パドレス、ブルペンで勝利!

 このゲームはダルビッシュ投手とカーショウが4回と5回の2イニングを無失点に抑え、ゲームを落ち着かせました。

グラテロルが勝ち越し点を許す

 6回表、ドジャースのマウンドにはブラスター・グラテロルが上がりました。グラテロルは先頭のブランドン・ドゥルーリーのシングルに加え、トレイ・ターナーのエラーなどもあり、ピンチを招くとジュリクソン・プロファーにRF前にタイムリーを打たれ1失点(SD 4-3 LAD)。これは悔しい失点だったでしょう。

 ただ、その後は自らの好プレーでホームインを阻止するなど、なんとか最少失点で食い止めるベスト・エフォートを見せたと思います。

ロベルト・スアレスも粘り

 パドレスのブルペンの方ですが、6回表にダルビッシュ投手が、先頭のウィル・スミスと次打者のマックス・マンシーに連続安打を浴びたところで降板。2番手に上がったのがロベルト・スアレスでした。

 メジャー初登板で炎上したロベルト・スアレスですが、その後は徐々にメジャーへのチューンナップに成功。7月は右膝の故障で一度ILに入りましたが、8月序盤に復帰。結局、シーズントータルで、45試合、47.2イニングでERAは2,27まで上げてきました。

 そのロベルト・スアレスが6回のピンチをダブルプレーで切り抜け、無失点。

 また、7回裏にはベリンジャーとムーキーに連続長短打を浴び、さらに2アウトからフレディー・フリーマンを申告敬遠で歩かせ、満塁のピンチを迎えましたが、ウィル・スミスをCFライナーに抑えて無失点に切り抜けました。

 ここがゲームの最大の分かれ目になりましたね。

クロネンワースが追加点となるHR

 その直後の8回表、パドレスはブレイク・トライネンから、ジェイク・クロネンワースがRFへHRを放ち、リードを2点差に。これは完全にロベルト・スアレスが凌いで作った流れです。

 スアレスの後はニック・マルチネスがリレーし、無失点。最後は8回2アウトからジョシュ・ヘイダーが1.1イニングを抑えて、勝利。5-3で前日のスコアと逆になりました。

パドレス、ブルペンが好調!

 パドレスは2番手以降は無失点リレーです。これは2戦連続ですから、今後の戦いにも期待が持てます。後は先発投手の出来ですね。

 Game3は1日空いて、現地14日にトニー・ゴンソリンとブレイク・スネルの投げあいです。ブレイク・スネルはワイルドカード・シリーズではよくありませんでしたので、ここは踏ん張りどころですね。DSは3戦先勝なので、Game3で勝った方がNLCSへ王手となります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました