スポンサーリンク

【2023WS4】レンジャーズ、アドリス・ガルシアとマックス・シャーザーが離脱するも、底力を発揮して3勝目!

3回を終えて10-0 !

 レンジャーズの攻撃が凄まじかったですね!

 レンジャーズの2勝1敗で迎えた現地2023年10月31日のワールドシリーズGame4は、レンジャーズの緊急事態から始まりました。

A・ガルシア、M・シャーザーが離脱

 これはもう予想通りでしたが、Game3で腰を傷めたマックス・シャーザー、そして左腹斜筋を傷めたアドリス・ガルシアがワールドシリーズのロスターから外れました。

スターティング・ランイナップ

 そんなレンジャーズのスターティング・ランナップですが、ご覧の通り。この日の成績も記載しています。4番RFのアドリス・ガルシアが抜けたので、ミッチ・ガーバーを3番に上げ、4番にはルーキーのエバン・カーター、そして上位へのつながりを意識してあえて下位に置いていたジョシュ・ヤングを数字通りにクリーンナップに上がりました。そしてRFにはトラビス・ジャンコウスキー。

 一方、Dバックスは3Bのエバン・ロンゴリアとエマニュエル・リベラがスイッチしたのみ。打順に変更はありませんでした。

#TEXAZ
12B:セミエン/ 5-2/.2112B: マルテ/ 5-2/ .338
2SS :シーガー/ 5-2/ .306RF: キャロル/ 5-1/ .274
3DH: ガーバー/4-0/ .224C:モレーノ/ 4-2/ .250
4LF:カーター/ 4-0/.3091B: ウォーカー/ 5-3/ .211
53B: ヤング/5-3/ .311DH: ファム/ 3-1/ .293
61B: ロウ/ 4-1/ .206LF: グリエル・Jr./ 3-2/ .274
7C: ハイム/ 4-1/ .210CF: トーマス/ 4-0/.220
8CF: タベラス/ 3-0/ .1893B: リベラ/ 3-0/ .235
9RF: ジャンコウスキー/4-2/.500SS: ペルドモ/ 3-1/ .298
Pモンゴメリー/ 5.0 IP/ 1 Rマンティプライ/ 1.1 IP/ 1 R

TEX:壮絶な打撃

 この日のスコアですが、なかなか見られない光景となりました。

Club123456789RHE
TEX05500001011110
AZ000100042741
2023 ワールドシリーズGame4スコア(現地2023年10月31日)
MLB Gameday: Rangers 11, D-backs 7 Final Score (10/31/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

大量得点も、1点目はワイルド・ピッチから

【YOUTUBE】The Texas Rangers put TEN RUNS on the board in two innings in Game 4 of the World Series!

 2回表と3回表に2度のビッグイニングを作ったレンジャーズですが、最初の1点はバッテリー・エラーによる得点。ここから2イニングで10得点という野球の怖さを感じる序盤となりました。

2回表

 実は1回裏、Dバックスが圧し気味だったのですが、レンジャーズがジョナ・ハイムの肩などでピンチを脱出。そして2回表はご覧の流れに。これを見てもおわかりのように先頭打者が長打で出塁したとは言え、2アウトからの得点です。そして2イニングとも締めはシーガーとセミエンというレンジャーズが誇るスター・デュオがHR。

  • ジョシュ・ヤング:右中間へダブル
  • ナサニエル・ロウ:三振
  • AZはジョー・マンティプライからミゲル・カストロへスイッチ
  • ジョナ・ハイム:2Bゴロで2アウト。ヤングは3塁へ進塁
  • レオディー・タベラスの打席でミゲル・カストロがワイルド・ピッチ。ヤングが生還(TEX 1, AZ 0)。タベラスはBB
  • トラビス・ジャンコウスキー:シングル
  • マーカス・セミエン:LF線にトリプル。タベラスとジャンコウスキーが生還(TEX 3, AZ 0)
  • AZはカイル・ネルソンにスイッチ
  • コーリー・シーガー:CFへ2ランHR(TEX 5, AZ 0)

3回表

  • エバン・カーター:1Bゴロ
  • ジョシュ・ヤング:LFへシングル
  • ナサニエル・ロウ:CFへシングル
  • AZはカイル・ネルソンからルイス・フリアスへスイッチ
  • ジョナ・ハイム:1、2塁間へのゴロをC・ウォーカーがファンブル。1アウト満塁に。
  • レオディー・タベラス:三振で2アウト満塁に
  • トラビス・ジャンコウスキー:RFへタイムリー・ダブル。ヤングとロウが生還。(TEX 7, AZ 0)
  • マーカス・セミエン:左中間に3ランHR(TEX 10, AZ 0)

Dバックスも7点を奪う

 序盤に10-0となったこのゲームですが、Dバックスも最終的に7点を奪いました。

 8回裏の得点ですが、このイニングから登板となったレンジャーズのブロック・バークから1アウト後に、コービン・キャロル、ガブリエル・モレーノ、クリスチャン・ウォーカーが3連続シングルで大きなチャンスを作ります。レンジャーズはたまらずクリス・ストラットンを投入。Dバックスは満塁でとみー・ファムが犠牲フライを放ち、まず1点。そしてつづくルルデス・グリエル・Jr.がLFへ3ランHRを放ち、計4得点を上げ、4回裏の1得点と合わせ5-11としました。

 9回裏はウィル・スミスから代打のジョーダン・ローラーが四球で出塁。ヘラルド・ペルドモはRFへシングルを放ち、1アウト1、3塁とチャンスメイク。ここでマルテ、キャロルという一番良いターンに回ってきたのですが、ウィル・スミスが力を発揮し、2連続三振。

 しかし、代わったホセ・レクラクからガブリエル・モレーノがタイムリーを放ち2点を奪いました。

ヒーニーがゲームメイク

 両クラブともにブルペン・ゲームにすると思われたのですが、レンジャーズはアンドリュー・ヒーニーが5回まで投げました。アンドリュー・ヒーニーは毎回ランナーを背負う投入となりましたが、5.0イニングを被安打4、失点1、BB 2、SO 3となんとかまとめました。投手陣もシャーザーが離脱して緊急事態だったので、やはりアンドリュー・ヒーニー、マーティン・ペレスの2人が頑張ってもらわないといけませんね。

 Dバックスは当初通りブルペン・ゲームにしましたが、ミゲル・カストロの乱調は計算外だったでしょう。その後のカイル・ネルソン、ルイス・フリアスの計3人で2回1アウトから3回3アウトまで計1.2イニングを投げましたが、ここだけで9失点です。その後は4回から、ライン・ネルソンが5.1イニングで1失点と好投したため、結果論となりますが継投がハマりませんでしたね。

K・マルテ、PS20試合連続安打

 さて、ポストシーズン記録を更新中のケーテル・マルテですが、この日も2安打を放ち、これでポストシーズンで20試合連続安打と記録を更新中です。

 これでレンジャーズが3勝とし、初のWS制覇に王手です。

 Game5は、ネイサン・イオバルディとザック・ギャレンです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました