スポンサーリンク

【2023WS】レンジャーズ、光るディフェンスでGm3に勝利!シーガーがまたしても価値あるHRを放つ

レンジャーズが2勝目

 現地2023年10月30日のレンジャーズ@DバックスのワールドシリーズGm3は非常に締まった展開であったと同時にエキサイティングな場面も目白押し。そんな中でも3-1というロースコアで収まったのは両クラブの守備が際立ったからです。特にレンジャーズは再三に亘って失点をセーブ。素晴らしいディフェンス力を見せつけました。

Club123456789RHE
TEX003000000350
AZ000000010160
2023 WS Gm3スコア
MLB Gameday: Rangers 3, D-backs 1 Final Score (10/30/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

TEXのディフェンス

 際立ったレンジャーズのディフェンスですが、まずは初回。この日先発のマックス・シャーザーが1アウトからケーテル・マルテに四球を与え、危ない立ち上がりとなったのですが、この後のガブリエル・モレーノを5-4-3のダブル・プレーに。このダブルプレーも素早い動きのダブルプレーでした。

アドリス・ガルシアが好送球で失点をセーブ

  2回裏、このシリーズ、かなり苦しんでいるクリスチャン・ウォーカーの初打席。地元開催の初打席ということもあり、ファンがスタンディング・オベーションで出迎えます。クリスチャン・ウォーカーはこれに応え、シャーザーから右中間への大きな二塁打を放ち、チャンスメイク。

 この後です。トミー・ファムがRFへラインドライブのシングルを放ち、これでDバックスが先制点を上げた・・・と思われた瞬間、RFのアドリス・ガルシアが割と深い位置で捕球してからホームへドンピシャリの送球。2塁からホーム生還を狙ったクリスチャン・ウォーカーをアウトにします。このプレーは大きかったですね。

ジョシュ・ヤングが見事なフォロー

 2回裏はまだ続きがあります。トミー・ファムが2塁に進塁して2アウト2塁でアレク・トーマスの打席。トーマスはシャーザーを強襲する打球を放ち、これがシャーザーの右肘から滑るように腰にも当たり、ボールは3B前の内野安打ゾーンに。これをジョシュ・ヤングが素早くフォローし、1塁へ送球。非常にアスレチックスなプレーでイニング最後のアウトを奪ったのでした。

 シャーザーは3回裏は三者凡退に抑え、4回裏のマウンドに立ちます。しかし、腰を傷めてしまい無念の途中降板となりました。シャーザーは3イニングで被安打2、BB 2、SO1。

8回のピンチにシーガーが痺れるダブルプレー

 イニングは進んで8回裏。レンジャーズが3点をリードし、アロルディス・チャップマンをマウンドに送るも、チャップマンは代わりばなにエマニュエル・リベラに二塁打、ヘラルド・ペルドモにタイムリーを打たれて1失点。雲行きが怪しくなり、またしてもチャップマン劇場の開幕となりましたが、ノーアウト1塁のピンチでまずはコービン・キャロルを三振にし止めて1アウト。

 ここでケーテル・マルテを打席に迎えます。モーメンタムはDバックスという状況。ケーテル・マルテはCFへ抜けようかという鋭い当たりを放ち、これでDバックスが同点のランナーを出したかに思えたのですが、この当たりをコーリー・シーガーが見事に処理。2Bカバーのセミエンにバックフリップでトスし、ダブルプレーを完成。見事にピンチを切り抜けたのでした。このダブルプレーはかっこよかったですね。

 好プレーはレンジャーズばかりではありません。DバックスのCF、アレク・トーマスもウォール際への大きな打球をリーピング・キャッチでアウトにしています。こちらは下記のコンデンスト・ゲームで。

ジョン・グレイが3.0イニングをスコアレス

 マックス・シャーザーの緊急降板後にレンジャーズのマウンドに立ったのはジョン・グレイ。ジョン・グレイは4回から6回まで3イニングを投げ、被安打1、スコアレス、BB 0、SO 0に抑える好投。ジョン・グレイが中盤を締めたことが僅差の勝利に繋がったとも言えるでしょう。

コーリー・シーガーが価値あるHR

 前後しますが、先制点を上げたのはレンジャーズで、3回表に先頭のナサニエル・ロウの二塁打を放ちチャンスメイク。2アウトまで奪われるも、マーカス・セミエンが左中間にシングルを放ちナサニエル・ロウを迎え入れ、まずは1得点。

 そして2アウト2塁で打席が回ってきたコーリー・シーガーが初球のチェンジアップをRFへ火の出るような当たりの2ランHRを放ち、追加点。この3回表の3得点が結果的にゲームを決めました。

ブランドン・ファートは6回途中3失点

 そしてDバックス先発のブランドン・ファート(Brandon Pfaadt)ですが、捕まったのは上述の3回表のマウンドのみ。結果的に5.1イニングで被安打4、失点3、BB 2、SO 4、HR 1と先発として見事にゲームメイクしました。

M・シャーザー、A・ガルシアが途中離脱

 マックス・シャーザーは腰を傷めて4回裏にゲームから退きました。

 また、主砲のアドリス・ガルシアは8回表の打席で左脇腹を傷めてこちらも途中離脱。シャーザーはこの日の登板が2023年のワールドシリーズでの最後の登板になったかもしれません。まだ状態がどうなるかわかりませんが。

 そしてアドリス・ガルシアも状態次第ですが、腹斜筋であればDay to Dayで出られる怪我ではありませんので、彼も今後の出場が危ぶまれます。

ケーテル・マルテ、PS 19試合連続安打

 Dバックスのケーテル・マルテですが、この日もヒットを放ち、PSデビュー・ゲームからの連続試合安打を19試合に。同時にこの記録は、PSでの連続試合安打のNO.1記録の更新です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました