スポンサーリンク

【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に

2022 WS Game4 ( HOU 5-0 PHI) NO HITTER

 全くのノーチャンスでした。

 現地2022年11月2日のアストロズ @ フィリーズのワールドシリーズGame4は、フィリーズ打線がアストロズ先発のクリスチャン・ハビエルの強いボールの前に全くの沈黙。

 あれよ、あれよという間にゲームは進み、アストロズのブルペン陣にも力でねじ伏せられ、コンバインド・ノーヒット・ノーランという形で終わりました。 

 前日のGame3ではランス・マッカラーズ・Jr.が5HRを浴びて、0-7でシャットアウトに抑えられたアストロズがきつーいリベンジをお返ししたというゲームでした。

Game Score

クリスチャン・ハビエル、強いボールでねじ伏せる!

 アストロズ先発のクリスチャン・ハビエルは、2回裏の先頭打者となったブライス・ハーパーに四球を出したものの、その後はまるでピンチらしいピンチを感じさせず、終わってみれば3回裏にブラドン・マーシュにも四球を与えただけの6イニングでノーヒット・ノーランの投球。

 球速は93-94mphというところで数字的には右投手でよく見られる球速だったものの、どうも打者にはそれ以上に感じさせるものがあったようです。79-82mphほどのスライダーもアクセントしてよく効いていたというのもありましたが、フィリーズの打者はことごとくボールの上を振っていたような印象。

 ハーパーでさえ、High-90mphのボールの投手と対しているようなスイングでまるでノーチャンスといった具合でした。

 なお、下記はクリスチャン・ハビエルの2020年のシャットダウン中の写真。ここからMLBデビューを果たし、ポストシーズンでもブルペンで活躍しました。この頃はえげつないボールでしたね。

C・バスケスも貢献

 なお、この日の捕手はクリスチャン・バスケスで、初回に受け損ないがあってミットを閉じているものの、ボールを後ろにそらすというシーンがあり、大丈夫か!と思いましたが、どうやらミットの紐がかなり伸びていたようです。メンテナンスしておけよ!と元レッドソックスの捕手には厳しく見てしまいましたが、バスケスはゲーム終了までマスクをかぶり、この日のコンバインド・ノーヒット・ノーランに貢献。1ついい勲章が加わりました。おめでとう!

ブルペンもプレスリーのBB1のみ

 クリスチャン・ハビエルの後は7回裏からはブライアン・アブレイユが登板。ブライアン・アブレイユはクリスチャン・ハビエル以上のベロシティーをマークし続け、3者連続三振。

 8回裏はラファエル・モンテロが登板し、こちらも1イニングを奪三振1で切り抜け、ノーノーを継続。

 9回裏はライアン・プレスリーがカイル・シュワーバーに四球を出したものの、ホスキンス、リアルミュートと打ち取り、ゲームセット。見事、コンバインド・ノーヒット・ノーランを達成しました。

【YOUTUBE】HOUSTON COMPLETES A COMBINED NO-HITTER IN THE WORLD SERIES!!! (Only the 2nd no-hitter in WS HISTORY)

ワールドシリーズ史上2度めのNO-NO

 アストロズの今回のノーヒット・ノーランはワールドシリーズ史上2度めの快挙です。それまでの達成者は1956年のワールドシリーズ Game5でヤンキースのドン・ラーセン(Don Larsen)が達成したパーフェクト・ゲーム。ミッキー・マントルの素晴らしいランニング・キャッチがあったゲームです。

【YOUTUBE】1956 WS Gm5: Mantle’s catch keeps perfect game alive

 そしてコンバインドでのノーヒッターは史上初となります。

 また、ワールドシリーズだけでなく、ポストシーズンでということになると、2010年のNLDS Game1でフィリーズのロイ・ハラデーが達成したノーヒット・ノーランも含まれます。

【YOUTUBE】NLDS Game 1: Halladay’s historic no-hitter in the NLDS against the Reds

ノラ、堪えきれず

 フィリーズ先発のアーロン・ノラは4回までボールを散らし、無失点で切り抜けてきましたが、5イニング目に入り、先頭のチャズ・マコーミックからジェレミー・ペーニャまで3連続シングルを浴び、ノーアウト満塁となったところで降板。

 この後を継いだホセ・アルバラードがヨルダン・アルバレスに押し出しとなる死球を与えて先制点を奪われた後、注意すべきRBIマシーン、アレックス・ブレグマンに2者生還のタイムリー・ダブルを打たれ、追加点。さらに、この日、バットが振れていたカイル・タッカーに犠牲フライ、そしてユリ・グリエルにタイムリーシングルを打たれ、計5失点を計上しました。

 アストロズはここぞという時にいい点のとり方をしました。

 フィリーズは仕切り直しになります。地元での最後のGameで王手をかけられるか!というところです。ジャスティン・バーランダーとノア・シンダーガードの先発です。

 バーランダーがワールドシリーズ初勝利なるか?という点とブレーブスとのNLDS Game4で好投したノア・シンダーガードがまたも良い投球を見せるか?という点が注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました