スポンサーリンク

【2023NLCS1&2】フィリーズが2連勝!盤石の投手陣と破壊的な火力でDバックスを圧倒!ソロHR記録を更新中

フィリーズがNLCS2連勝

 現地2023年10月16日から始まったDバックスとフィリーズによるNLCSは、フィリーズの投打が噛み合い、Dバックスを圧倒。フィリーズの2連勝となりました。

相変わらずのボリュームの大声援

 フィリーズの快進撃を支えるのはフィールド上の選手たちだけではなく、地元の大声援もそうです。

 16日のGm1では、ザック・ウィーラーがゲーム開始直後にコービン・キャロルから1ストライクを奪った時点でスタンドはピークとも言えるボリュームでウィーラーの投球を後押し。まさにホーム・フィールド・アドバンテージを選手たちに与えているのでした。

ロブロ監督は一歩も引かず

 しかし、この大ボリュームに対し、Dバックスのトレイ・ロブロ監督はなかなかおもしろい反応をしています。Gm1を終えてこの大歓声について記者に聞かれたロブロ監督はこう答えました。

 「予想通りだった。正直に言うと、チェイス・フィールドでのドジャースとの最終戦、5万人の大観衆に揺れたとき、私はファンを誇りに思った。同じ激しさ、同じボリュームだった」と。ロヴロ監督はさらに、「フィリーズのファンは とてもスマートで、とても熱心 」だと評価し、「全体的なサウンドは、前回のドジャース戦のホームで聞いたサウンドにとても似ている 」と。

 ちなみにチェイス・フィールドのキャパシティは最大で49,033人。シチズンズ・バンク・パークのそれは43,500人です。

Gm1結果

 少しも引いていないロブロ監督の態度はGm1のDバックスの面々にも現れていて、Gm1では初回にカイル・シュワーバーのリードオフHR、ブライス・ハーパーのソロHRで2失点を喫し、3回裏にはニック・カステヤーノスのソロHRで3点目、さらにその後も2本のタイムリーを浴びて前半5イニングまでにエースのザック・ギャレンが5失点を許したにもかかわらず、中盤にヘラルド・ペルドモのHRなどで3点を奪い、3-5と2点差まで追い上げました。 

 しかもザック・ギャレンのあとをリレーしたカイル・ネルソン、ミゲル・カストロ、ルイス・フリアスのブルペン時がスコアレス投球。

 ゲーム開始直後はいったいフィリーズがどれくらい点を取るのか?というスタートでしたが、前半の5失点のみで食い留めたところはさすがでした。

MLB Gameday: D-backs 3, Phillies 5 Final Score (10/16/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

Gm2結果

 現地2023年10月17日のGm2も、またしてもスタンドからは大声援が飛んでいましたが、その裏ではGm1で頑張ったDバックスのブルペン陣の勢いがまだ残っており、先発のメリル・ケリーは初回にトレイ・ターナーにソロHRを浴びて先制点は許し、3回裏にはカイル・シュワーバーにソロHRを浴びて柄点を許したものの、5イニングまではたったの2失点と好投しました。

 フィリーズは花火が派手ではあったものの、なかなかリードを拡げられず苦戦しました。

 ただ、Gm2は6回にDバックスの守りの緊張感が切れてしまいました。メリル・ケリーが先頭のカイル・シュワーバーにこの日2本目となるソロHRを浴びて、0-3に。ケリーは四球を1つ出しアウトを2つ取ったところで降板。

 ロブロ監督はこのポストシーズンで大いに機能しているブルペン陣の1人、ジョー・マンティプライをマウンドに送りましたが、フィリーズ打線に捕まり、このイニングは計4失点。

 7回裏には速球派のライン・ネルソンがマウンドに上がりましたが、さらに火に油を注ぐ形となり、7回裏には4失点。自慢だったブルペン陣が初めて綻びを見せたのでした。

 結果、Gm2は10-0とフィリーズが完勝。2連勝となったのでした。

MLB Gameday: D-backs 0, Phillies 10 Final Score (10/17/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

フィリーズ、ソロHR記録を更新中

 さて、派手なHRと大声援のフィリーズですが、1つ意外に思ったのは、派手なわりには得点がそれほど入っていないと思えた点です。Gm2では10-0と対象ではありましたが、もっと点が入ってもおかしくないと思えたのはソロHRが多すぎる点にありました。

 これはフィリーズのポストシーズンのHRログです。

GmOppoPlayerSolo2R3RGS#HR
NLWC1MIANA00000
NLWC2MIAリアルミュート
ストット
1
0
0
0
0
0
0
1
1
1
NLDS1ATLハーパー10001
NLDS2ATLリアルミュート01001
NLDS3ATLカステヤーノス
ハーパー
ターナー
マーシュ
2
1
1
1
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
2
2
1
1
NLDS4ATLカステヤーノス
ターナー
2
1
0
0
0
0
0
0
2
1
NLCS1AZシュワーバー
ハーパー
カステヤーノス
1
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
1
NLCS2AZターナー
シュワーバー
1
2
0
0
0
0
0
0
1
2
Total1611119
PHIのHR内訳(NLCS G2終了時点)

 ここまでポストシーズンで計8試合を戦い、打ったHR数が計19本。このうちソロHRがなんと16本です。その16本のうちノーアウトで放ったHRが13本。いかにアグレッシブな一発が多いかとも言えますね。

 なお、全体として、フィリーズは過去5試合で16HRを放っており、これはポストシーズン史上5試合での最多HR記録です。

 またここまで19本のHRを放ち、対戦相手からは4HRしか打たれておりません。

 なお、フィリーズはNLDS Gm3からNLCS Gm2まで4試合連続で3HR以上を放っており、これは2008年のレイズと並びました。ちなみにその時のレイズの3Bが現Dバックスの3Bのエバン・ロンゴリアです。

【2008 ALCS 】

  • G2: BOS 8 @ 9 TB : ロンゴリア/ BJ・アップトン/ クリフ・フロイド
  • G3: TB 9 @ 1 BOS: BJ・アップトン/ ロンゴリア/ ロッコ・バルデッリ(元MIN監督)
  • G4: TB 13 @ 4 BOS: カルロス・ペーニャ/ロンゴリア/ ウィリー・アイバー
  • G5: TB 7 @ 8 BOS: BJ・アップトン/ カルロス・ペーニャ/ ロンゴリア

 ロンゴリアが当時いかに凄かったかというのがよくわかりますね。

ウィーラー&ノラの好投

 フィリーズはなんと言ってもザック・ウィーラーとアーロン・ノラのトップ2が素晴らしい投球を披露。

NameGIPHRERERASO
ザック・ウィーラー319.011652.3726
アーロン・ノラ318.212220.9619

C・キャロル、T・ファムが音無し

 DバックスはNLWCとNLDSで際立った活躍を見せたコービン・キャロルとトミー・ファムの当たりが止まっています。コービン・キャロルは7-1で盗塁も0。トミー・ファムは8-0。

 当たっているのはケーテル・マルテだけで8-3でBA .375です。

 移動日を挟み、どうなるのかにも注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました