スポンサーリンク

【MLB2018】マイナーで9シーズン!パイレーツのニック・キンガムがデビュー戦で快投!

 

 

またいいプロスペクトが出てきました。

 

現地2018年4月29日、パイレーツのニック・キンガム(Nick Kingham #49)が地元でのセントルイス戦でメジャー・デビュー。

 

打者20人、6回2アウトまでパーフェクトという素晴らしいピッチングを見せました。

 

 

この日は7回を投げきり、被安打1、無失点、奪三振9。

 

投球スタイルはどちらかと言うとスライダーピッチャーかと思います。ファストボール系(4シーム、2シーム)とスライダーをバランスよく混ぜている感じ。ベロシティーは、MAXで95マイルほど。チェンジアップ、カーブも投じます。

 

196cmの長身のせいか、非常に威圧感があるように見えますね。

 

ニック・キンガムは2010アマチュア・ドラフト4巡目指名の26才。高卒時での入団でしたので、マイナーで9シーズンを過ごしたことになります(今年の開幕を入れて)。

 

マイナーでの通算記録は、138試合、43勝41敗。

 

マイナー4年目のオフ(2014年11月)には40manロスターに入り、その時期にはトップ・プロスペクト100に入っていたほどだったのですが、さあこれからという時にトミー・ジョン手術を受ける羽目に。

 

2015、16年はマイナーでの登板も6試合、10試合と足踏み状態に。さらに2017年は足首を傷め、出遅れ。

 

かなり厳しい試練を過ごしてきた投手です。

 

そして本日のメジャー・デビュー。今年のチーム内のプロスペクト20の中では14位にランクイン。もうほぼラスト・チャンスという時期での登板でした。

 

苦労が報われてよかったですね。

 

ゲームがパイレーツが5−0で勝利。キンガムにはこれからも活躍してもらわないといけませんね!パイレーツは7連勝です。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

Amazon タイムセール

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました