スポンサーリンク

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン

次世代ボガーツ、デバースを求めて

 現地2022年1月15日、インターナショナル・サイニング・ピリオドが解禁となりました。この期間は2022年12月15日までオープンとなります。

 その初日、レッドソックスは3名のプロスペクトとサインしました。次世代のザンダー・ボガーツ、ラファエル・デバースとなる逸材です。

インターナショナル・プロスペクト・トップ50

 なお、MLBのプロスペクトをトレースしているMLBパイプラインは、インターナショナル・サイニング・ピリオドで契約するであろうトップ50のプレーヤーをランク付けしています。

TOP PROSPECT RANKINGS INTERNATIONAL (MLB.com)

約半数がSS

 このトップ・プロスペクト・ランキングを見ると、50名中24名がSS。右投げの内野手はほぼSS。キューバなどはSSがもっとも人気のあるポジションと言われますが、SSで磨かれたセンスがあれば、いずれ内外野のどこでも守れるようになるというところでしょう。よって、将来の2B、3Bもこの中にいいるという具合ですね。 

 また次に多いのがOF。17名おります。これは打撃の良い選手で左打者、もしくは左投げの選手がこの時点でOFに就いているというところかと思います。もちろん、OFで右投げ右打ちやスイッチヒッターもいますが、現時点で評価できる左打者や左投げの選手が多いということかと思います。

 ピッチャーが少なくて50人中右腕が二人だけとなっています。捕手は6名。

レッドソックスはMの予算

 レッドソックスがこのインターナショナル・プロスペクトとサインするのに計上している予算は$5M。だいたい毎年これくらいの予算で行っています。

獲得した3名

 レッドソックスが獲得したのは、ショートストップが2名と捕手が1人。名前の日本語表記は今後変更となるかもしれないことは予めご了承ください。読みのご参照に。

 金額はサイニング・ボーナスのことでいわゆる契約金のことです。

  • SS フレイリ・エンカーナシオン(Freili Encarnacion/16才): $1.2M / 右投右打/19位/DOM
  • SS フレイミ・デリオン(Fraymi De Leon/17才): $1.1 M /右投げスイッチ/ 50位/VEN
  • C ヨハンフラン・ガルシア(Johanfran Garcia/17才): $0.65M/ 右投右打/34位/ DOM

 SSの2名はともにドミニカ共和国の出身。ドミニカ共和国はどれだけSSがいるの?!というくらい、SSの宝庫となっていますね。 

 捕手のヨハンフラン・ガルシアのみがベネズエラの出身。

 レッドソックスは現時点で$3.95Mを使いました。

 なお、1位ランクのロデリック・アリアス(Roderick Arias)はヤンキースがサインしました。$4Mディールです。

 レッドソックス、予算配分は例年このような形で数も獲るので、順調な滑り出しというところでしょう。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました