スポンサーリンク

【プロスペクトPre-2019】クリス・パダック(SDP)が奪三振1位の快投を継続中!

スプリング・トレーニングも終盤!

現地2019年3月14日、スプリング・トレーニングもいよいよ追い込みの時期にはいってきました。3月28日の開幕まであと2週間。

マイナー・ディールで契約し、招待選手としてメジャーキャンプに参加していた選手も次々にマイナーへの降格、あるいはリリースという通達が渡され始めております。

有名選手のマイナー行き

ティム・ティーボウ(NYM)

NFLの元QB、メッツのティム・ティーボウはトリプルAに。今季はMLBに近かったので残念ですが、まだ上がるチャンスがあるのであの太い腕を見せてもらいたいと思います。

ダスティン・アックリー(SEA)

また、かつてマリナーズのプロスペクトとしてファンを大いに期待させたダスティン・アックリーは今季マリナーズとマイナー契約を結んでいたものの、残念ながらマリナーズをリリースに。FAとなりました。

J.P. クロフォード(SEA)

その他、マリナーズのSSとして期待されたJ.P.クロフォードは調子が上がらず、まだ早い!とばかりにトリプルAに。

マイケル・チャビス(BOS)

レッドソックスのマイケル・チャビスはチーム1の4HRを放っていたにもかかわらず、こちらも打率の低さとポジションの関係からトリプルA行きとなりました。

プロスペクトの中では1月のランキング100の発表時点で1位だったヴラディーミル・ゲレロ・Jr.はハムストリングを傷め、3週間ほどの欠場。

そのような状況の中、ルーキーがメジャーに残って結果を出しています。

クリス・パダックに注目です!

しっかりと結果を出しているのが、パドレスのプロスペクト、クリス・パダックChris Paddack)です。

”Thor”をも上回る奪三振数NO.1

クリス・パダックは今スプリング・トレーニングにおいて、現地2019年3月14日時点で4試合に登板。12.1イニングでERA 2.13、奪三振が20!

この奪三振は、メッツの”Thor”こと、ノア・シンダーガード(Syndergaard, N)の19を上回る数字。

現地2019年3月14日時点での2人の数字はこちら。


C・パダックシンダーガード
Gm44
IP12.214.1
ERA2.131.88
SO20 (1位)19 (2位)

ルーキーがなんとかサバイブしようと必死に頑張っているのがすがすがしいです。

クリス・パダックとは

クリス・パダックは1996年1月8日生まれの23才。

高卒時の2015年にマイアミ・マーリンズから8巡目指名を受け、プロ入り。

翌年の2016年6月30日、パドレスがフェルナンド・ロドニーをマーリンズに送ったトレードで、そのの交換要員としてクリス・パダックがパドレスに移籍。

2016年夏にトミー・ジョン手術

しかし、パドレスに移籍して1ヶ月後の7月31日、UCLに大きなダメージがあることが発覚し、トミー・ジョン手術を受けることになりました。

Report: Paddack needs Tommy John surgery
Three starts after being dealt to San Diego from Miami for Fernando Rodney, No. 8 Padres prospect Chris Paddack will likely have to undergo Tommy John surgery, ...

2017年はフルシーズンをリハビリに費やし、満を持して2018年に復帰。シングルAからダブルAプラスまで経験。17試合、90イニングを投げ、7勝3敗、ERA 2.10、奪三振120を記録。

完全に復活しました。

MLB.comのPre-2019のプロスペクトランキングでは34位、ベースボール・アメリカでは66位、ベースボール・プロスペクタスでは37位に入っています。

ファストボール、チェンジアップ、スライダー、カーブなどを操り、緩急の使い方がうまい投手です。193cmの高い身長からの角度を活かした投球と言えると思います。

このまま残ってもらいたですね!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました