スポンサーリンク

【MLBスプリング2019】若手のチャンス・シスコ(BAL)がHRトップ!F・タティス、V・ゲレーロらの状況は?

スポンサーリンク

2019若手のスプリングでの成績は?

スプリング・トレーニングのゲームが始まって1週間ほど経過しましたが、現地2019年3月2日時点での2019年のトップ・プロスペクト、あるいはすでにルーキーステータスを超えてはいるものの、活躍している若手の状況を記しておきたいと思います。

パドレスのタティス・Jrはかなりやりそう

後述しますが、パドレスのSS、フェルナンド・タティス・Jrはかなりやりそうです。

ブラディミール・ゲレーロ・Jr.の状態

MLB.comのPre-2019のトッププロスペクトランク100で1位に選ばれたゲレーロ・Jr.。

現地2019年3月2日の時点3試合に出場。9打数2安打で打率.222、HR 0、打点1という状態です。

GMは「彼はまだメジャーリーガーには見えない」

ブルージェイズGMからは、“I just don’t see him as a major league player.”、「まだメジャーリーガーには見えない」との見方も。

異常に早いスイング・スピードなどキラリと光るものは見せてくれてはいるものの、結果がついてきていない状態です。まだ10試合ですからね。しかもまだ19才。

もう少し長く成長を見守った方がよさそうです。スライディングもいまひとつです。

若手のHR数(現地2019年3月2日時点)

ルーキーステータスを超えたはいるものの、まだまだMLBでの経験の浅い選手も含めて、若い野手が結果を出しておりますので、ご紹介したいと思います。

4本:チャンス・シスコ(BAL)C 

ルーキーステータス超え

オリオールズの若手、チャンス・シスコ(Chance Sisco)は今スプリング・トレーニングで現地2019年3月2日時点で両リーグ通じてトップの4本のHRを放っており、かなり好調です。

4試合、8打数5安打、打率.625、OBP.700、SLG 2.125、OPS 2.825!

チャンス・シスコは24才の捕手。右投げ左打ちで、2013年、オリオールズのアマチュアドラフト2巡目指名の選手です。

デビューは22才の時の2017年9月で、2019年はすでにルーキー・ステータスを超えております。

MLB2年間で73試合、打率.197、HR4本、RBI 20本。

Career: 4 HR, .197 BA, 20 RBI, C/PH, Orioles 2017-2018, b:L/t:R, born in CA 1995

オリオールズにとってはマット・ウィータースの時のように期待できる捕手の台頭です。

3本:ルイス・ブリンソン(MIA)

ルーキーステータス超え

マーリンズのルイス・ブリンソン(Lewis Brinson)は24才の外野手。右投げ右打ち。

デビューは2017年6月で、ブリンソンも2018年でルーキーステータスを超えております。

2018年は108試合に出場、打率が.199ながらHRは11本を放っています。スプリング・トレーニングの動画ではありませんが、2018年にとんでもない飛距離のHRを放ったことがある選手です。

トレード歴

2012年アマチュア・ドラフトのレンジャーズの1巡目指名(全体29位)。

2016年8月1日にレンジャーズ-ブルワーズ間で発生したトレードでブルワーズに移籍。ブルワーズがジェレミー・ジェフレスとジョナサン・ルクロイを獲得したトレードです。

2018年1月にマーリンズ-ブルワーズ間で発生したトレードでマーリンズに移籍。ブルワーズがクリスチャン・イェリッチを獲得し、マーリンズがジョーダン・ヤマモトらを獲得しています。

2019: 0 HR, .197 BA, 4 RBI,Career: 13 HR, .190 BA, 49 RBI, CF, Marlins/Brewers 2017-2019, b:R/t:R, born in FL 1994, Brin Diesel

3本:マイケル・チャビス (BOS)1B/3B

2019年:ルーキーステータス

レッドソックスのマイケル・チャビス (Michael Chavis)は23才。

2014年レッドソックス1巡目(全体26位)指名。Pre-2019で79位にランクイン。右投げ右打ちです。

2018年は最高でトリプルAでプレー。マイナー通算5シーズン、ルーキーからトリプルAまででプレーし、65HR。

All Professional Baseball Statistics for Michael Chavis.

2本:フェルナンド・タティス・Jr.(SDP)

2019年ルーキーステータス

噂のタティス・Jr.(Fernando Tatis Jr. )です。Pre-2019のランクは3位。2019年1月2日でまだ20才になったばかりのSS。

マチャードとの三遊間で成長の機会を得るであろう、もう伸びしろしか見えない選手。今スプリング・トレーニングの打率は.357。(現地2019年3月2日時点)

All Professional Baseball Statistics for Fernando Tatis Jr..

ボビー・ダルベック(BOS)もかなりいい

2019年ルーキーステータス

レッドソックスのボビー・ダルベック(Bobby Dalbec)もマイク・トラウトのようなパワーがあってかなりいいです。フォームなどは結構意識しているのかもしれません。

2016年レッドソックス4巡目指名の3B。右投げ右打ちの23才。2018年はマイナーのシングルAアドバンスとダブルAの2つのレベルを合わせて32HR!

現地2019年2月22日に行われた大学チームとのオープン戦で強烈な当たりを放っております。

こちらはアマチュアとのゲームゆえ、グレープフルーツ・リーグのスタッツにはカウントされておりません。

現地2019年3月2日時点のスプリングトレーニングの成績は、7試合、10打数3安打、HR 0、打点 1。

追って投手編も書きたいと思います。

トッププロスペクト2019の10位から1位

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク