スポンサーリンク

【プロスペクト2019】今度はアストロズにモンスター級のルーキー!22才、ヨルダン・アルバレスがデビュー2戦で2HR!

またすごいのが出てきました!

本日はプロスペクトの話題です。

本日取り上げるのはアストロズ内No3プロスペクトのヨルダン・アルバレス(Yordan Alvarez )、22才。

現地2019年6月9日のオリオールズ戦でデビューを果たしました。

デビュー2戦で2HR

そのオリオールズとのデビュー戦。ヨルダン・アルバレスは2打席目でメジャー初ヒットが初HRとなる一発を左中間スタンドに叩き込み、周囲を驚かせました。

そして、ブルワーズとのインターリーグとなった現地2019年6月11日のデビュー2戦目、5番DHでスタメンのヨルダン・アルバレスは2打席目にチェンジアップで体勢を崩されながらもライトへ弾丸ライナーとなるHRを放ち、デビュー2戦で2HRという離れ業をやってのけました。

デビュー2戦で8打席に立ち、6打数2安打、4RBI、2HR。打率.333、BB 2。

ヨルダン・アルバレスとは

新たなモンスター級の選手、ヨルダン・アルバレスは、1997年6月27日生まれの22才。2019年6月の誕生日で23才になります。

右投げ左打ち、ポジションはDH、1B、OF。

キューバ出身です。デビューしたばかりなので今季はまだルーキーステータス。

もともとはドジャースと契約

ヨルダン・アルバレスは2016年6月15日にアマチュア・フリーエージェントとしてドジャースと契約。契約当時は18才。

しかし、契約直後の2016年8月、ドジャースがポストシーズン用の補強で右腕のジョシュ・フィールズ(Josh Fields)を獲得したトレードでアストロズに移籍しました。

マイナーで23HR

すごいのがマイナーでの成績。2019年のトリプルAのラウンドロック・エクスプレスで開幕を迎えたのですが、デビュー前までの56試合でなんと23HRも放っていたんですね。

トリプルAでは213打数73安打、打率.343、OBP. 443、SLG.742、OPS 1.184。2塁打が16本、三塁打は0、本塁打が23本、打点が71、四球が38。

マイナーではなった23HRのうち19本のダイジェスト動画です。

Yordan Álvarez Stats | Baseball-Reference.com
2021: 33 HR, .277 BA, 104 RBI (8th),Career: 61 HR, .290 BA, 186 RBI, DH/LF, 2019 AL RoY, Astros 2019-2021, b:L/t:R, born in Cuba 1997

なお、2018年(21才)はダブルAとトリプルAの2つのステージを経験。双方合わせて20HRを放っています。

センスのかたまりですね。

とりあえずDHでの起用

キューバ・リーグ時代に守っていたのはLFと1B。しかしメインは1B。

マイナーでは1Bをメインに外野のコーナー(LF・RF)も経験。

キューバ出身なので守備が苦手ということはないのですが、花形のSSを守ることはなかったことから、それなりの守備ということかと思います。

現在のアストロズの1Bはタイラー・ホワイトもしくはユリ・グリエルが守っており、外野はマイケル・ブラントリー(LF)、ジェイク・メリスニク(CF)、ジョシュ・レディック(RF)、さらに怪我が癒えれば本来のCFであるジョージ・スプリンガーも戻ってきます。またトニー・ケンプもおります。

外野は満杯状態ゆえに、当分はDHでの起用になりそうです。

このモンスター級の選手がレッドソックスのマイケル・チャビスらとともにROY(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)を狙います。

アストロズのプロスペクト

アストロズのプロスペクトと言えば、右腕のフォレスト・ウィットリーの名前が上がりますが、フォレスト・ウィットリーは右肩を故障し、現在リハビリ中。

スローイングプログラムに入っているようなのでまた別記事にてアップします。

ちなみに2位はカイル・タッカーです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    勢い止まりませんね
    5号は逆方向の2階席へ

    その後ピート・アロンゾは引っ張りで3階席へ
    元祖モンスターパワーのスタントンにもはやく帰ってきてほしいです

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございます。
      いい若いのが出てきておりますが、スタントンももうすぐ見られますね!ヤンキースはすごい打線になりそうです!

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました