スポンサーリンク

【MLBプロスペクト2019】マーリンズのジョーダン・ヤマモト、デビュー戦で初勝利!カージナルス打線を翻弄!

墨入りwww

J・ヤマモト7回スコアレスデビュー

現地2019年6月12日のMLBの結果一覧を見て「おや?」と思われた方も多かったのではないでしょうか。

かくいう筆者も午前中のトイレ休憩で全体のスコアを見た時、「マイアミがカージナルスを完封?!誰??」とすぐにBOX SCOREをチェックしたほどでした。

そうしたら情報の網を張り忘れたマーリンズですごいことが起こってるではないですか!自らの油断に反省した次第です。

その出来事とはジョーダン・ヤマモト(Jordan Yamamoto)のデビュー戦。

ジョーダン・ヤマモトは強豪カージナルス相手のデビュー戦に臨み、堂々のピッチングを披露!

7回スコアレスで、見事にデビュー戦で初勝利を上げました!

マーリンズにとっても今季一番のホットなニュースでしたね。

ダブルAからの昇格

ジョーダン・ヤマモトのコールアップは現地12日。登板日ですね。

それまではマーリンズのダブルA、ジャクソンビル・ジャンボシュリンプ(ちょっと笑える名前ですよね。テーブルに並べたい!)で投げておりました。

ダブルAでは12スタート、65.1イニングを投げ、3勝5敗、ERA 3.58、与四球25、奪三振64。

数字はぱっとしないかもしれませんが、初昇格となる場合、マイナーではいろいろなことを試しているので、際立った数字で上に上がることはあまりありません。コーチなりが選手のポイントを見て上に上げることを判断するケースが多いです。

ヤマモトの場合はスライダーとツーシームのコントロールがポイントだったのではないかと思います(これは推測です)。

7回、被安打3、無失点、5K

ジョーダン・ヤマモトは非常に落ち着いたマウンドさばきを見せ、1回と2回を三者凡退に。

3回には1つ四球を与えましたが、序盤で完全にカージナルスのリズムを崩しましたね。

4回表、2巡目となったところでポール・デヨングに2塁打、ポール・ゴールドシュミットにシングルを打たれ、ノーアウト1・3塁のピンチを迎えましたが、マーセル・オズーナをLFファウルフライに仕留め、三塁ランナーを足止め。

さらにヤディアー・モリーナをダブルプレーに取り、ピンチを脱しました。2巡目で捕まりそうに思えたのですが、うまく乗り切りましたね。

ピンチらしいピンチは4回表のみ。

3巡目に達した6回、7回は疲れも出はじめる頃でしたが、ここはギアが上がりむしろ安心して見ていられる投球で、無失点。

結局、ヤマモトは7回95球、被安打3、無失点、与四球2、奪三振5という素晴らしい内容の投球を見せてくれました。

多彩な球種

ジョーダン・ヤマモトのこの日のMAXは5回の3アウト目をハリソン・ベイダーから三振で奪ったボール。4シームで93.7mph(150.8kmh)でした。

ファストボールは4シームか2シームですが、アベレージで91-92(146kmh-148kmh)というところでした。

とにかく球種が多彩です。

その他にも86-88(138.4-141.6kmh)ほどのカットボール、79−80(127-128.7kmh)ほどのスライダー、80前後のチェンジアップ、最遅69.7(112.2kmh)を記録しアベレージで72(115.87kmh)ほどのカーブもあります。

またファストボールもやや力を抜いた86-87mph(約140km)も投げており、非常にテクニシャンです。

例えば、カブスのカイル・ヘンドリクスは今MLBで活躍する右腕でもっとも遅いボールを投げると言われていますが、ツーシームでMAX89(143.23kmh)、アベレージ88(141.62kmh)ほどです。

速度帯はカイル・ヘンドリクスより速いですが、ヤマモトの4シームはスピンがかなり効いていて伸びています。

また、カイル・ヘンドリクスの場合、いかにもボールが曲がりますよという投げ方ですが、ヤマモトは本格派のフォームですので余計にカージナルス打線も面食らったのかもしれません。

スクイズも成功し打点1

この日マーリンズ打線はカージナルス先発のマイルズ・マイコラスを打ち込み、2回を終えて5−0とリードし、ヤマモトを援護。

2回のギャレット・クーパーのグランドスラムが効きましたね!

追加点がほしかった中盤6回裏、先頭のミゲル・ロハスが2塁打で出塁し、チャンスメイク。ブライアン・ホラデーが三振した後、ヤマモトが打席の時に相手投手がボークを犯し、ロハスは3塁へ。

1アウト3塁となったところで投手が交代。

代わった初っ端、ベンチはスクイズのサイン。

三塁ランナーの動きが見えなかったのですが、実況がピッチャーのモーションで「スタート」と言っているのでセーフティーではなく、普通のスクイズだったと思われます。

これで6点目となり、自らを楽にしました。

8回は28才で今季デビューしたニック・アンダーソン、9回はタイロン・ゲレーロがそれぞれ無失点で締め、マーリンズが9−0でカージナルスを下しました。

リズムがよかったせいか、SSのロハス、2Bのスターリン・カストロの動きがよかったですね。

マーリンズはやることすべてが上手く行ったという展開でしたね。

BOX SCORE

イェリッチとの交換要員

ジョーダン・ヤマモトはハワイ州の高校卒で2014年ドラフトでブルワーズ12巡目でプロ入りした投手。

2018年1月にマーリンズがクリスチャン・イェリッチをブルワーズに放出するというご乱心のようなトレードの交換要員としてマーリンズに移ってきました。

下記の記事はロレンゾ・ケインの話も入っていますが、マーリンズとブルワーズ間で発生したトレードはイェリッチとヤマモト含むプロスペクト達のトレードです。

現地2018年1月25日、ミルウォーキー・ブルワーズがクリスチャン・イエリッチとロレンゾ・ケインを獲得した詳細について
現地2018年11月17日、2018年のアリゾナ・フォール・リーグ(略称: AFL)が閉幕しました。 このAFLは、ト...

これから楽しみですね。ご両親も喜んでいます。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ケン より:

    この試合向こうの中継で見てました。緊張感あるいい試合でした。
    スクイズは高校野球のような完全なスクイズ。
    この打席相手投手がヤマモトに3球投げたところで故障発生降板、
    急遽代わった投手の初球にスクイズ。

    • hirotee より:

      ケン様
      コメントをありがとうございます。
      そうなんですよね。直前に投手が代わっていたんですよね。記事ではそこを省略してすみませんでした。虚をつくという意味でポイントだったかもしれませんね。あとでリライトさせていただきます。
      それにしてもこの日のマーリンズはやることがすべてうまく行きましたね。またよければご訪問ください。コメントありがとうございました。