スポンサーリンク

【MLB2023】”2人のミラー”、A’sのメイソン・ミラーとSEAのブライス・ミラーが快投を演じる!

トップ・ピッチング・プロスペクトが競演

 驚かされましたね。

 現地2023年5月2日、マリナーズ@アスレチックス戦が素晴らしいゲームとなりました。

 アスレチックス先発は当ブログでも取り上げたことのあるメイソン・ミラー(Mason Miller)で、マリナーズの先発は、この日がデビュー戦となったブライス・ミラー(Bryce Miller)。ともに1998年生まれで24才同士のトップ・プロスペクトの2人がとんでもないピッチングを見せてくれました。

A’sのメイソン・ミラーは7回ノーヒッター 

 まず取り上げたいのがアスレチックス先発のメイソン・ミラー。この日でメジャー3戦目の登板となりましたが、過去2戦の経験を活かした学びの投球がありましたね。

あえて100mphを封印

 過去2戦は、序盤に100mph超えを連発させたメイソン・ミラーでしたが、この日はそれとも全く様相の違った投球を見せました。

 4シームのベロシティーを96-98mph程度に抑えて100mphをあえて封印。フル・パワーで臨まずに、コントールを重視して、とにかくゲームメイクするのだというのがよくわかる投球を披露。

 スライダー、カットボールでコースを丁寧につき、甘いコースの高めに投じるときは力を入れた4シームを投げるという組み立てでした。しかも4シームはやはり威力がありますから、それを活かしつつ変化球を際立たせるということもやっておりました。

 コースを狙い過ぎたというのもあり、四球を4つ出してしまいましたが、マリナーズ打線を7回までノーヒットに抑える最高の投球を見せました。

 球数も少なく7回を投げ終えて81球。非常にクオリティーの高い投球となりましたね。

 彼の場合は100mphはいつでも投げられるでしょうから、この投球をして行くと今後も期待しかありませんね。この日のMAXは98.9mphに抑えました。

【YOUTUBE】Mason Miller joins MLB Network after throwing 7 no-hit innings

ブライス・ミラーは6回1失点で10K

 マリナーズ先発のブライス・ミラーも良かったですね。テイクバックを大きめに取り、肘をたたみ過ぎないような大きめの腕のスイングはとても美しいフォームだと思いました。

 そのブライス・ミラーもアスレチックス打線を翻弄。なんと5回終了までパーフェクト投球。

トニー・ケンプが6回に初ヒット

 初ヒットは6回1アウトからのトニー・ケンプのCF前シングル。これでノーヒットも無くなりましたが、素晴らしい投球でした。

 ブライス・ミラーはトニー・ケンプにヒットを許した後、ワイルド・ピッチもあり、1アウト2塁のピンチを迎えます。ここでニック・アレンをRFフライに抑えて2アウト。あとアウト1つだったのですが、エステウリ・ルイーズに投じた4球目のカット・ボールが真ん中低めの甘いコースに入り、これをルイーズにLF線に打ち返され、1点を許してしまいます。

 ブライス・ミラーは6回を投げ終えて降板。81球で被安打2,失点1、BB 0、SO 10という素晴らしい成績でした。

4シームのスピンレートがMLB先発でNO.1

 ブライス・ミラーの4シームのアベレージは93-95mphというところ。MAXで97mphを何回か出しましたが、とりわけ速い訳でもありません。しかし、この日の投球の詳細が出まして、4シームのスピンレートは2,576rpm。

 これは先発投手の中ではジェイコブ・デグロムを超えるMLB NO.1のスピンレートとなっています。道理でアスレチックスの打者が降り遅れていた訳ですね。

 ちなみにリリーバーも含めた現地2023年5月3日時点のMLB投手の4シーム・スピンレートのNO.1は、ジャイアンツのカミーロ・ドバルの2748rpmで、とんでもない数字となっています。これは打席に立つとどんな音がするのでしょうね。一度体験してみたいものです。

 ブライス・ミラーは2021年のマリナーズの4巡目指名でプロ入り。テキサスA&M大学の出身です。

ラブレディーで同点、ファミリアで逆転される

 6回裏に1点を先制したアスレチックスでしたが、8回表に2番手で登板したリチャード・ラブレディーがAJ・ポロックにソロHRを許して1-1の同点に。さらに、2アウト3塁となって登板したジェウリス・ファミリアが四球を出して2アウト1,3塁とした後、ジャレット・ケルニックにタイムリー2塁打を打たれて、マリナーズに逆転されてしまいます。

 ゲームはこのまま2-1のスコアでマリナーズが逃げ切りました。

MLB Gameday: Mariners 2, Athletics 1 Final Score (05/02/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

藤浪が僅差の9回を無失点  

 スコア1-2と1点差のビハインドで9回表のアスレチックスのマウンドに立ったのは藤浪晋太郎投手。リリーバーとして3度目の登板で、今回はビハインドながら1点差での登板。

 このシチュエーションで藤浪投手は、打者3人で抑え、2三振と完璧に封じました。藤浪投手は次も似たようなケースでしかも勝っているケースで試されると思います。本人は先発をしたいのかもしれませんが、まずはこのまま良い結果を積み重ねて欲しいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

Amazon タイムセール
人気の商品が日替わりで登場。毎日お得

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました