スポンサーリンク

【MLB噂2019年5月】M・バンガーナーのノー・トレードリスト8チームとキンブレル、カイケルの噂

2019年トレードデッドラインに向けて

今季からポストシーズン出場資格も7月末のトレードデッドラインに集約したものに変わりますが、現地2019年5月12日、それに向けて大物の噂が出てきました。

マディソン・バンガーナーは確実に動きそう

昨シーズンオフにFAマーケットに名を連ねながらも、ジャイアンツに残留となったマディソン・バンガーナーMadison Bumgarner)ですが、この夏はどうやら確実に動くと見られています。

ジャイアンツは現地2019年5月12日の時点で16勝23敗、ナ・リーグ西地区最下位。ここからポストシーズンに進出する確率は残念ながらほとんど0に近いほどの確率と言わざるを得ないでしょう。

さらに、左の先発に窮する首位争いをするチームもあることから、サプライ&ディマンドの関係からもバンガーナーはこの夏動くと見ていいと思います。

バンガーナーのノー・トレードリスト8チーム

マディソン・バンガーナーはノートレード条項として8チームの名前を上げました。

以下のチームへのトレードはバンガーナーの合意なしにはすすめることができなくなりました。

その8チームは、ヤンキース、レッドソックス、アストロズ、カブス、フィリーズ、カージナルス、ブルワーズ、ブレーブス

どのチームもポストシーズン進出有力なチームですね。かなり戦略的に選んでいると思います。

そうなると、バンガーナーの移籍先としては、ア・リーグでは東地区だとレイズ。中地区ならツインズ。西地区ならマリナーズ、エンゼルス、アスレチックス。

ナ・リーグだと東地区ならメッツナショナルズ。中地区は上位3チームは該当なし。西地区ならドジャース、ダイヤモンドバックスあたりになりそうです。

なお、バンガーナーの大嫌いなヤジエル・プイーグのいるレッズも候補として入っています。

追記 2019年5月15日

あらためてこのノートレードリストの情報を集めてみました。8チームを上げたからと言ってジャイアンツがそれらのチームと交渉しない訳ではないし、バンガーナーも絶対に入団を避けるという意味でもないらしいです。

これはケン・ローゼンタールさんがそのように指摘しています。

ということは、これは推測でしかないのですが、むしろ8チームに狙いをつけた上での交渉術かもしれません。簡単には行かないよというポーズを見せることで金額、条件の向上を狙ったものかもしれません。

あまり勝手な推測を飛ばす訳にも行かないのですが、ここ2年のFAマーケットを見ると、30才を超えた投手は過酷としか言いようがありません。

条件を厳しく設定することでトレードデッドラインでよい条件を引き出す狙いがあるかもしれませんね。

カイケルの噂

ダラス・カイケル(Dallas Keuchel )は左のスターターとしてヤンキースあたりは本当は喉から手が出るほど欲しいところです。

しかし、カイケルはFAですので、彼を獲得するとなるとドラフトの指名権を献上することとなるので、これから6月頭に開催されるアマチュア・ドラフトに影響が出ます。

よって、どのチームも二の足を踏んでいるところです。

クレイグ・キンブレルの噂

ここに来てクレイグ・キンブル(Craig Kimbrel)に熱心と言われているのが、レイズ。

タイラー・グラスノーの前半戦の離脱も影響し、投手のやりくりの点でもキンブレルは欲しいところです。

レイズにはホセ・アルバラードというしっかりしたクローザーがいますが、後ろは何枚いてもいいというのが今のレイズのスタイルです。

ただ、キンブレルの場合もFAですので、ドラフト指名権の関係から、なかなか決断できません。レイズがキンブレルを獲得するとなると指名39番目を手放すことになります。

ローコストで40人枠を構成しているレイズとしては、新人枠は手放しなくないのも事実ですし、実際、キンブレルへの支払いは経営としてもよろしくないことから、どうやって落とし所をつけるか苦心している模様。

新人か、目の前のポストシーズンの覇権か、GMとしては決断の難しいところですが、目の前の勝利を優先するのが7月のトレードデッドラインですので、彼ら3名は動きが出そうですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    はじめまして。
    いつも楽しみにしています。
    ところでバムガーナーのノートレードリストについて質問なんですが、なぜプレーオフ濃厚で優勝の可能性がある8チームへトレードされたくないのでしょうか?

    • hirotee より:

      こちらこそ、いつも読んでいただきありがとうございます。ご質問を契機に再度調べ直したところ、やはり好条件を引き出すための手段ではないか?と思えてきました。
      記事にも追記しました。その抜粋です。推測が入っているため、確実な情報ではありませんが、分析するとこういうことかな?とも思います。

      8チームを上げたからと言ってジャイアンツがそれらのチームと交渉しない訳ではないし、バンガーナーも絶対に入団を避けるという意味でもないらしいです。
      これはケン・ローゼンタールさんがそのように指摘しています。
      ということは、これは推測でしかないのですが、むしろ8チームに狙いをつけた上での交渉術かもしれません。簡単には行かないよというポーズを見せることで金額、条件の向上を狙ったものかもしれません。

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました